エッチ体験告白ブログ

寝取られや人妻・熟女などの告白を毎日更新しています。
エッチ体験告白ブログ TOP  >  アブノーマル >  母親ですが、娘と一緒に隣の大学生にまたがってしまいました

母親ですが、娘と一緒に隣の大学生にまたがってしまいました

私達の家庭は母子家庭で私は36歳、娘(沙織)16歳です。
隣の大学生・吉野君は、気立ての優しい真面目な大学生で娘の家庭教師をしてくれていたので気を許していました。
いつもの家庭教師の日に吉野君が来たのですが、娘が部活で遅くなり私が一人だった時、安心していたから家に招いて吉野君と話をしていたら吉野君にいきなりスプレーを掛けられました。


私は驚いて「ちょっと、何するの」と怒った口調で言うと「深雪さんの怒った顔も素敵ですね」と言われ私が「ふざけないで」と言って吉野君を叩こうとした手を持たれ、抱き締められました。

私は必死に抵抗しましたが力では敵わずそのまま吉野君にキスをされ舌を絡められ、必死の力で吉野君を突飛ばしたら、吉野君が「別にいいけど、我慢できるの?」と言って笑っていました。

私は「いい気にならないで帰りなさい」と言って吉野君を追い出そうと立ち上がると私はその場に座り込み体に力が入らなくなり、
その様子を見ていた吉野君が「深雪さん、したくない?しようよ」と私の耳元で囁き私は頷いてしまうと「ダメだよ、はっきり言いなよ」と言われると私は吉野君のズボンのファスナーを下ろして吉野君のペニスをくわえていました。

私の体は心と裏腹に吉野君のペニスをフェラし、吉野君は口内発射すると私は吉野君を押し倒し膣にペニスを挿入する体勢になりかけると、
吉野君が私を突飛ばし「深雪、俺の言葉を復唱しろ。そうすれば、俺のチンコ好きにさせてやるよ」と言って「深雪は吉野君様の奴隷です」と言われ、
私は迷うことなく「深雪は吉野君様の奴隷です」
と言うと「裸になって跨げ」と命令され、私はその通りにして吉野君のペニスを膣に挿入しました。

私は激しく腰を上下して逝ってしまうと、その時に娘が帰ってきて私の姿をみて「お母さんと先生、何をしているの」と驚いているとね
吉野君は「沙織ちゃんのお母さんに押し倒されてこんなことになったんだ」と答え、
娘が私に「母さん、何を考えているの。先生から離れてよ」と言って私を引き離しました。

私は娘に引き離された後、娘に「沙織も女でしょう」と言って娘の後ろから娘の体をまさぐりショーツを無理矢理に剥ぎ取ると娘の膣に指を入れ、
「沙織、あなたもしなさい」と言って娘を吉野君に股がらせ娘の膣に吉野君のペニスを挿入しました。

娘は「母さん、ヤメテ。イャー」と言いましたが私は無理矢理娘の体を押し付け吉野君のペニスに股がらせると娘の体を上下させて逝かせてしまいました。
娘は失神してしまいました。

私は娘の体を引き離し、再び吉野君のペニスに股がると吉野君が「深雪、淫乱なんだ。沙織ちゃんを×××するなんて母親失格だな」
と言っているのを無視して「アァ、アァーン、アァーン、イィー」と吉野君のペニスを堪能し続けていると、
吉野君が「深雪、沙織ちゃんのセーラー服を着て股がってよ」といると言い出し、
私は娘のセーラー服を持ち出し、着替えて吉野君のペニスに股がって腰を振り逝きました。

しばらくして娘が気が付くと吉野君が娘に「深雪は吉野君様の奴隷です」と言った言葉を録音していたらしく聞かせると、
娘は「先生、年増がいいの?私じゃダメ?」と真剣な顔で言うと吉野君は「若い方が良いよ」と言いい、娘は「沙織は吉野君様の奴隷です」
と言って私の目の前で吉野君のペニスに股がりました。

「アァン、先生イィー」と言って私に「母さん、満足したでしょ。今度は私の番だから邪魔しないでよ」と言われ、私は娘の後ろから胸を激しく揉み上げていました。

娘が「イックゥー」と言って逝ってしまうと吉野君は「親子で俺の奴隷か。悪くないな。今度はもっと楽しむか」と言って私達を置いて出ていきました
[ 2019/03/26 ] アブノーマル | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
18才未満閲覧禁止
管理人のRタンゴです。
このサイトはエッチな体験告白集です。騙しリンクはありませんので安心してお楽しみください。
人気記事
ブログパーツ
スマホ・携帯
QR
フリーエリア
現在の閲覧者数: