エッチ体験告白ブログ

寝取られや人妻・熟女などの告白を毎日更新しています。
エッチ体験告白ブログ TOP  >  人妻・熟女 >  2児の母親になってた学生時代の先輩にモーションかけられ中出しSEX

2児の母親になってた学生時代の先輩にモーションかけられ中出しSEX

今年8月のことです。高校時代の部活の先輩から「久しぶりにみんな集まるからお前も来ねえ?」と電話があり、世話になった先輩なので断るわけにもいかず、あまり気乗りしないまま行ったら、まあいるわいるわ約30人。
ウチの部は男女半々くらいの比率でしたが、その中に高校時代憧れていた一コ上の幸恵先輩の姿がありました。それで一気にテンション上がりまくりです。


幸恵先輩は当時、学校一の美人と評判の人でしたが卒業して十年余り、その変わらない美しさに昔と同じように見とれてしまいました。
んで、何気に幸恵先輩の隣の席へ。

近くで見ると本当に綺麗なまま。
今では翔学生、幼稚園児の二人のママとのこと。
とてもそんな風には見えません。
酒も入り私のテンションはさらにアップ。

幸恵先輩も酔ったみたいでしたが、思わぬ一言が。
「私、高校時代に山本君のことが気になってたんだ・・・。」
「ええ!?」
「でも山本君、ほとんど女の子と話さない硬派だったから、私から話ずらかったんだよ。」そんな風に見ててくれてたのかと思うとがっくり・・・。

すると幸恵先輩が小声で、「ねえ、この後二人で飲まない?」と誘ってきたので、「もちろんっす!!」こっそり抜け出して、二人でショットバーへ。

飲み始めて小一時間くらいたったころでしょうか、幸恵先輩が「今日、ダンナには遅くなるって言ってるから。」と、意味深な発言。
これは誘っているのか?と思い、「じゃあもっと静かなトコに行きましょう。」とバーを出て街へ。

その間、幸恵先輩から手をつないできたので、まるで恋人同士のようにイチャイチャ。
足は当然、ラブホ街へ・・・。
もう心臓バクバク。
部屋に入るとすぐに抱きしめてキス。
酒臭かったけど、なんせ憧れてた人なので股間はすぐに反応。
「ふふ、もう硬くなってるね。おっきい。」
そりゃそうですよ。

幸恵先輩の服を脱がす。
夢にまで見た幸恵先輩の裸が目の前に。
子供二人生んだとは思えない体のライン。
自分の彼女には悪いけど次元が違う美しさ。
ディープキスをしながらCカップの胸をモミモミ。
幸恵先輩は私の怒張をモミモミ。

「すごく太い!」私、そんなに大きくないのですが、直径は5.5cmありますので。
「ねえ、山本君の見ていい?」先輩が脱がしてくれる。
「はあ、ダンナのより全然太い。」ため息混じりに言ってくれて、怒張はさらに天を向きます。

ゆっくりしごきつつ、フェラ。
丁寧な舌使いがたまらなく気持ちいい。
しばらくしてもらっているとイキそうになったので、今度は幸恵先輩をクンニ。
そこはもうびしょ濡れ。
すぐにでも受け入れてくれそうなくらい。
グッと我慢してペロペロ。

「アッ、アッ、アッ。」と感じているうちに軽くイッた。
「ねえ、我慢できないからもう入れて~。」
待ってました!!私がコンちゃんを装着しようとすると、
「私、コンドーム嫌いなの。痛くなるから。」
「イヤ、さすがにそれはマズイっすよ。」
「いいの。私、ピル飲んでるし。」
「じゃあ、ひょっとして中で出してもいいんですか?」
「うん、ダンナとする時はいつも中出し。だから今日は山本君のいっぱいちょうだい。」心の中では有頂天!!こんなこと信じられない!!

「早く来て~」幸恵先輩にせかされて正常位でズブリ。
ムチャクチャ気持ちいい!!
「はああ~。おっきい~!!太い~!!きもちいい~!!」
ゆっくりピストンを開始。
でも私のジュニアが太いため、アソコはキツキツ。
ムチャクチャ締まる。

入れて1分もたたないウチに幸恵先輩の声が大きくなりガクガクしだす。
イッてくれたみたい。
じゃあ今度は私が。
徐々にスピードを上げる。
奥でコリコリした子宮口に当たって気持ちいい。
その間も幸恵先輩はあえぎ通し。
私も15分くらいでそろそろ限界。

幸恵先輩が目をトロンとさせ、「山本君のいっぱい出していいからね。」と言う。
我慢できなくなり遠慮なく幸恵先輩の中へ今までの思いを放出!!!ビュービュー放出しているのが自分でもわかるくらい大量に発射。

しばらく動かずにいると先輩が、
「すごい勢いで出たね。気持ちよかった~。私、3回位イッたかも。」と言っくれた。
先輩にキスしてゆっくり離れると、幸恵先輩がお掃除フェラ。
またムクムクして怒張へと変化。

「すごいねー。さっき出したばっかりなのに。」
「ねえ、これからも時々会ってくれない?だって山本君とするのすごく気持ちいいから。」マズイなーと思いつつ、また我慢できなくなり今度は騎乗位で中出し。
2回目もビュービュー出ます。

日付も変わってきたのでチェックアウト。
タクシーを拾おうと歩いている途中、幸恵先輩が
「ピルやめちゃおうかなー。」
「は!?」
「ダンナともう一人子供作ろうかって言ってたトコなの。ダンナには安全日に中出しさせるから、山本君が危険日にして。血液型も私と一緒だったよね。」
「いいんですか?」
「山本君似の男の子が欲しいな。」

先月も会って(もちろん危険日に)3回中出し。
多分、幸恵先輩は本気です。
幸恵先輩に自分の子を孕んでもらうのは嬉しいのですが、女性は怖いなー。
長文、駄文失礼しました。
[ 2018/08/12 ] 人妻・熟女 | TB(-) | CM(-)
18才未満閲覧禁止
管理人のRタンゴです。
このサイトはエッチな体験告白集です。騙しリンクはありませんので安心してお楽しみください。
人気記事
ブログパーツ
スマホ・携帯
QR
フリーエリア
現在の閲覧者数: