エッチ体験告白ブログ

寝取られや人妻・熟女などの告白を毎日更新しています。
エッチ体験告白ブログ TOP  >  彼氏・彼女 >  彼女に浮気されて、逆に強くなった絆(2)

彼女に浮気されて、逆に強くなった絆(2)

幸子は相変わらず、ねっちこく俺を愛撫して体中に舌を這わした上で
最後は激しい挿入を望んだ。
そのたびにおれは前彼たちに比べた自分のちんこの大きさにあせりまくってた。
そんな気持ちが、幸子とささいな喧嘩に発展した。
2,3日電話もせず、もちろん会うことも無くすごした。

ただ4日目ぐらいには幸子から電話で「ごめんね・・・和樹・・」

と謝ってきて、また同じ日々。そして喧嘩。

また連絡もとらない日々、そして謝罪・・

そんなことが3、4回あっただろうか。

そのあってない日になにをしてたか、あんなに何でも俺に言ってくれてた幸子が

(幸子は前彼たちに嫉妬する俺のために、毎日なにがあったかを次にあったときに話してくれてた)

まったく話してくれなかったが、俺もそんなこと聞けばまた喧嘩になるし

まあ・・信じたかったしで聞かなかった。

ある日幸子の部屋でセックスの後またーりしてたら幸子にメールがあった。
幸子はそれを読んでいつもはしない行動をとった。携帯の電源を切ったんだ。
されもさりげなく。おれは・・・嫌な予感がした・・そして聞いた。

「今のメール誰?」

「うん?友達だよ」

「友達ってA子、B子?」

「うーん、和樹の知らない子だよ」

「ふーん・・そっかあ・・」

「なあ・・昨日とか一昨日とかなにしてたの?」

「別に・・・ぼっとしてたよ、家で」

おれはかまをかけた。

「昨日さ、真夜中に電話したんだよ。そしたら留守電になってたよ」

もちろん嘘だ。

「えっ・・?電話ならなかったよ・・」

「何時ごろ?もう眠ってたんだよ。」

いつもは何時にかけてもおきて電話を取る幸子が??

おれはものすごーーーーく嫌な予感がした。

俺は覚悟を決めてこういった。

「なあ、今の携帯のメール見せて」

今まではもちろんそんなこと言った事も無い。

「ええっ・・・嫌だよ・・」

「どうして?べつにいいじゃない」

「だめぇ・・・そんなことよりも、幸子またぺろぺろしたくなってきちゃった」

そういいながら俺のパンツに手をかけようとする・・

ものすごくおかしい・・そんな態度あきらかにおかしかった。

俺はあることを思いつき、その場は幸子の誘いに乗った振りをして

そのままセックスに突入したが挿入した後はさっきのことが気になって

萎えてしまった。セックスが終わったあと、俺は風呂を沸かそうといい

風呂を沸かした。「一緒に入る?」といった幸子の声に俺は

「いや・・今日は頭洗うからいいよ。幸子先に入って。このTV見たいからさ」

というと疑うもでもなく、

幸子は「おさきぃ~」といいふざけて綺麗な体の腰をくねらせて風呂に行った

幸子は風呂が長い。最低でも15分は出てこない。

おれは、もちろん幸子の携帯を手にとってメールをチェックした。

幸子からの送信メールには、友達へのメールと俺へのメールしかなかった。

受信メールを見た。あった・・さっきのメールだ。

次のような内容だった。

タイトル Re:無事ついたよ

送信者  (教授)

俺はやっぱり・・と言う気持ちと「Re:無事・・」を見て

幸子から送ったメールへの返信・・そう幸子が教授に送ったメールへの返信だった。

送信記録は無い・・ということは幸子はメールを送った後消したのがわかった。

内容をよんで俺は怒りに震えた。

「よかった。送っていこうかと思ったけど、朝は車は帰って混むから。ほとんど寝てない

から電車で寝ちゃったらどうしようか心配してたんだ。幸子は何でも一人で悩みすぎだよ

また私でよければいつでも付き合うよ。」

・・・まあ・・そんな内容だった。

俺は完全に切れた・・でも・・携帯を見たといったら大喧嘩になる・・

俺への不信と怒りで逆切れされて・・場合によってはそれで別れることに・・

俺は嫌だった。それより、本人に言わせよう・・そう考え、その日は終わった。

その日以来俺は、嫉妬心の無いふりをして教授と幸子の関係がまだ続いているのか

あれが一度きりだったのか・・それを確認するためにずっと芝居をした。

もともと幸子から教授と別れた理由も聞いていた。

不倫に疲れたということ。もともと好きになったのは自分だったし

彼は、去るもの追わずで、連絡をしなくなってからは彼氏という立場でなく

ただの友人のように付き合ってること。

(もっとも同じ大学の職員と学生ということ自体に問題があるが・・)

自分は今はまったく好きじゃないし、彼も若い女が好きなだけで自分より

また新しく彼女いるみたいだと言うこと。

「今でも結構連絡あるんでしょ?」

「いい友達だよなあ・・」

「もう正直言ってふっきれたよ。幸子が教授を好きじゃないなら安心だしな」

「元彼だからこそ、かえって安心だよ。がつがつして無いだろうし、お前も好きにならないし」

「今は幸子は俺の女だし、こんなに仕込んでくれてお礼言わなきゃなあ」

などとまったく気にしてないし、教授だったら会ってもいいぞ・・って感じで話してた。

幸子も「うーん・・時々メールや電話あるけど今の彼女の話やそんなたわいも無い話するだけ~」

その間も、会ってるときに幸子の携帯にメールや電話が来ることがあった。

そして時々はその後電源をさりげなく切っていたのを俺は見逃さなかった。 
 
 それから2ヶ月くらい俺は悶々としながら過ごしてた。
そして夏休みを利用して旅行に行った。

俺たちは(というか実際には幸子だけが)めちゃくちゃ飲んだ。
そして酔った勢いでおれは幸子に教授との関係をすこしづつ聞いていった。

最初こそ「なんにもないよ~」「電話もほとんどない」「彼は若い子にしか興味ない」
(・・ていうか幸子も若いんだけど。。。)
といっていた幸子だったが、
「彼は私に和樹がいるのを知って面白いから会いたがる」
「彼は浮気者だし、信用できない」
などと・・言い始めた。

おれはこういった。
「なあ、幸子。俺はな浮気されてもなんとも思わないんだけどさ、
嘘つかれるのはすごく嫌なんだ。この前何度か連絡つかなかった日・・
教授と会ってたんだろ? 本当のこと言ってくれれば、俺は全部許す」

「え~・・・あってないよ。ほんとだって・・」
とごまかす幸子。

だけどその目線をそらす仕草におれは確信を持った。 
 
 おれは何度もしつこく言った。

「いいんだよ。会ってようが、セックスしてようが。今本当にお前が好きなのが俺なら。」

「だから本当のこと言ってくれ。今ならもう笑って済ませられる・・

こんなに俺と幸子は仲いいんだから。そのかわり今度やったら怒るぞ」

そういった俺に幸子は

「・・・本当に怒らない?・・・実はね・・この前会ったんだ・・」

・・・きた・・・やっぱりか・・怒りと嫉妬で爆発しそうになりながら

おれは穏やかに話を聞いた。

ここからは幸子は一気に話はしてくれませんでした。

ずっとごまかしてました。

「会っただけだよ」と。

「なんか和樹のこと・・幸子をいかせられないって悩んでたじゃない?

それでギクシャクしてて、幸子もなんか辛くなって誰でも良いから

話だけ聞いて欲しかった。そしたらちょうど教授が『飲まないか』って」

「で?ホテルに泊まったの?」

「うううん・・朝まで部屋でお話してただけ。なんか悲しくなって泣いちゃって

そしたら教授がずっと慰めてくれて・・・」

・・もちろんそんなはずありません・・私はそれから鬼のように粘り強く

何日もかけて、旅行が終わってからも聞き出しました。

幸子の話は日を追うごとにどんどん矛盾して来ました。
「2時間くらい眠くなって朝方眠った」といったり
「ベッドでは寝てない」といったり
「彼がソファーで寝て私がベッドで寝た」といったり
「服も脱いでない」といったと思ったら
「シャワーは朝に浴びろって言われて浴びた」とか

「彼は『幸子には彼氏がいるから』って言って手も握らなかった」といったり

「ずっとよしよしってなでてくれてただけ」といったり

ようは矛盾しまくりはじめ、挙句には

「いっぱい泣いちゃってたし、よってたから覚えてない」

といいだしました。

俺は一か八かの賭けに出ました。

「幸子・・・お前嘘ついてるだろ。わかった・・もう別れよう。

おれは浮気は許すっていったのに、お前は嘘ついてる。もう信じられない別れよう」

・・・これは俺にとってはすごく怖い賭けでした。もし幸子がすんなり

別れを受け止めてしまったら、俺は・・・正直どうしたかわかりません。

でも、賭けは成功しました。幸子はわんわん泣き出しごめんなさいを繰り返しました。

「だって・・本当のこと言ったら絶対に和樹はゆるさないもん・・」

「本当にそんなつもりは無かったんだよ・・ただ悲しくてどうしようもないとき

教授がそこにいただけなの・・和樹がいてくれればよかった」

俺は言いました「幸子よく言ったな。本当のこと話してくれてありがとう」

「正直言うと嫉妬で狂いそうだよ。でも全部本当のこと言ってくれたら

それで納得できる。嫉妬はなくならないけど・・Hの時のネタにするよ」

そういって笑い、幸子を慰め全部聞き出しました。

教授とは最初からホテルの部屋で会ったそうです。もちろん昔いつも

使ってたホテルに。

最初は本当に教授もそんな気持ちは無かったと思うと幸子は言いました。

でも・・そんなわけあるわけねえだろ!・・って俺は思いました。

・・だれがそれならホテルなんか取るわけあるんだよ!・・です。

とにかくいっぱい話してほっとした後お風呂に入り出てきたら

教授はベッドにパンツ一丁で座ってたそうです。

幸子は俺を思い出して「いけない」と思いながらも、優しく教授に抱きしめられ

ちょうど酔いも回ってきてボーっとなってしまったそうです。

「足の指・・なめたよ・・だってもうどうとでもなれっておもってたから・・ごめんなさい・・」

「彼は自分からは触るだけで、絶対にしてこないから・・幸子がいっぱいご奉仕した」

「和樹のとちがって咥えずらかったよ・・先っぽだけね・・・」

「教授は『幸子・・うまくなったなあ』って言ってた・・和樹で鍛えたからかな・・」

「お口でいきそうだって言うから、幸子が上になって・・いれたの・・だって・・

ほしかったんだもん・・なんかむちゃくちゃにして欲しかった」

「すごく大きくてあまりよくなかった。痛かったの・・・和樹のがやっぱりいいなあって思った」

俺はどうしても聞きたかったことを聞きました。

「それで幸子は何回いったんだ?・・・」

いかなかった・・痛いだけだった・・という幸子に俺は

「いいかげんにしろ!嘘つかないでくれ」と涙を流して聞きました

(演技半分と正直鬱の悲しみ半分です)

幸子はその迫力にあまり覚えてないとごまかしながら

「一回ずつ・・・かな、夜と朝起きて・・」

「どんな感じだったか言ってくれ」

「・・・・足をM字に幸子の手で開かされて、教授はゆっくりと奥までいれてきたの・・」

「恥ずかしいし、すごくおくに当たるから・・だんだんボーっとしてきて『いくーーー』って叫んでた」

「朝はね、もうそんな気持ちじゃなかったの・・酔ってないし・・それに早く帰りたかった。

でも・・・男の人って朝起きたらすごく固くなるじゃない・・・で・・『前みたいにしてくれ』って

言われて・・昨日あんなにして、いまさら嫌って言えなくて・・・お口でご奉仕して

今度は後ろからもされた・・ やっぱりおくに当たって痛かったけど彼がイクから一緒に・・ね・・」

俺はすごく鬱になったが、今の言葉で嫌なことを思い出した・・

「やっぱり中だしなの?」

「・・・ごめんなさい・・だって彼は中だし以外はセックスじゃないって・・・

ごめんなさい・・・許して・・もう絶対しないから・・ごめん・・・」

俺はもう狂いそうでした。この可愛い俺の幸子が、そんな俺より一回りも上のおじんに

中だしされて・・・いかされて・・・ご奉仕までして・・・

俺はまだいかしたこと無いのに・・・幸子はどんな声を出していったんだろうとか

中田氏された後、いつもみたいにおまんこをぎゅっと締めたのかなとか・・

足の指をなめるときも「おししいっ」って言ったのかな・・とか

もうそんなことばかり考えてました。

結局2ヶ月の間に2回会って同じようにセックスをしたことを幸子は白状しました。

結局賭けに勝った俺は、幸子に「なんでも和樹の望むようにするから許して」

と言わせ、それからしばらくは幸子をセックスの時は奴隷のように扱いました。

幸子も俺への裏切りを償おうと必死でした。

それまで処女で嫌がってたアナルも無事にもらいました。

公園にスカートの下に何もはかせずに行き、ベンチで俺のひざに座るようにして

屋外のセックスもしました。幸子は「和樹が許してくれるなら」って何でもしてくれました。

・・・でも大きな問題は何も変わっていませんでした・・・・

そうです。幸子はどんなに興奮してもなにをしてもイクことだけはありませんでした。

俺は、あれ以来は気にしてませんでした。なにせアナルもらったし、屋外セックスもしました。

おし○こののみあいっこまでしました。・・・でも思い出した。

どんなにいろんなプレイをしても、幸子を男として支配できてないことを。

それから数ヶ月はそのまますぎました。俺はあの事件の前に戻ってました。

「幸子をいかせないかぎり・・あいつをまた寝取られる・・」

そういう強迫観念でいっぱいでした。

ここらあたりがちょうど一年前です。

・・・このころの幸子は俺の言うことを聞いてくれてたなあ・・そう思います。

このころは教授としたときや、もう一人の社長としたときの話をネタに

二人ともすごく興奮してセックスをしていました。

幸子も調子に乗って「教授のほうがいいよ~~」とか

「和樹がもっとついてくれないなら誰かに抱かれちゃうよ~~~」とか

完全におれの寝取られな性質をネタにしてました。

もっと読みたい方はこちらからどうぞ
[ 2017/06/09 ] 彼氏・彼女 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
18才未満閲覧禁止
管理人のRタンゴです。
このサイトはエッチな体験告白集です。騙しリンクはありませんので安心してお楽しみください。
人気ページランキング
ブログパーツ
スマホ・携帯
QR
検索フォーム
フリーエリア
現在の閲覧者数:
相互リンク募集中です

名前:
メール:
件名:
本文:


相互リンク募集しております。
小説・告白系のサイト様ご連絡ください。 できたばかりのサイト様も歓迎いたします。
怪しいバナーのあるサイト様はご遠慮ください。