エッチ体験告白ブログ

寝取られや人妻・熟女などの告白を毎日更新しています。
エッチ体験告白ブログ TOP  >  母親・義母 >  AVに出演した母

AVに出演した母

僕は19歳。父は45歳 長期単身赴任中。母は39歳 専業主婦
まあ ごくありふれた家族だったと思います。あの時までは……
僕は熟女好きで 良く熟女物の動画やDVDを 見ていましたが
母をそう言う対象には見ることは ありませんでした。だって 母は母ですし(笑)
家では 化粧っ気も無いし、顔だって普通。スタイルは 悪くは無いけど 良くもない(笑)



胸は大きくは無いし
お尻はまぁデカイかな(笑)
ウエストもくびれって何?って感じ
まぁ太ってる訳では無いですけど
本当に平均的な主婦そのもの(笑)

その日
僕は新たに熟女物の無修正DVDを
手に入れました
さっそく自室で再生
このシリーズのお決まりの音楽とタイトルが流れ出しました

次に熟女さんの名前と年齢
これもお決まり
「加代(仮) 39歳」
この時 あ~母と同じ歳かぁ
名前だって 全く 違うから

さて 本編が始まります
街中で待ち合わせ場所に 遠くから近付いてくる女性
カメラも寄り 顔が写し出されました
ここで僕は固まりました
化粧はしてるけど
そこに写っているのは
間違いなく僕の母
頭の中は『???』でいっぱいに
夫婦仲だって毎日一回は電話で
話してるぐらいだから
悪くないはずだし……
そんな事を考えている間も
本編は進んでいます

カメラを向けインタビューされながら道を歩く母
「あ~夫は単身赴任中なんですよぉ~仲は良好ですよ毎日電話で話してます」とか
「息子も居ます もう手がかからなくなっていますけどね」
とか
笑顔で答えながら歩いて居ました
しばらく歩きながらのインタビューが続き
シーンが変わり見覚えのある公園の風景
ベンチに座ってる母に
カメラ側からの質問
『旦那さんとは仲が良いのに
単身赴任じゃ欲求不満にもなりますよね?』

母は
「ええ だから今回はこうして
ちょっとだけ解消しようかな?って」
笑顔で答えてます
カメラさん『浮気は始めてですか?』
母「ええ始めてです この歳で恥ずかしいですけど 夫以外 知りません」
照れ笑いしながら 赤裸々な告白
僕はもう画面に釘付け
どうして母が?
カメラさん『じゃあ今日は色々変わった事をしましょう よろしくお願いします』
母「はい よろしくお願いしますね」
また 笑顔

『じゃあ まずは おパンツ見せてもらって良いですか?』
「えーここでですかぁ?」
回りをキョロキョロして ゆっくりスカートを捲りあげる母
意外にも可愛い目でセクシーなパンツ
洗濯物を見ることは普通に有るけど あんなの見たこと無い
『可愛いおパンツですね ブラともお揃いですか?』
「はい そうですよ」
そう答える母
ジェスチャーでの指示なのか
少し戸惑ってから
シャツの前を開き 見せる母

カメラ側からの 手が伸び
ブラごと オッパイを触る
身を捩って恥ずかしがる母
カメラ側からの手が
ブラをずり上げるようにして
オッパイを露に
もう母の乳首はピンと立っていた
大きく無いからか垂れてないオッパイ

『綺麗なオッパイと乳首ですね』カメラさんは そう言いながら
乳首を摘まみ 指で転がしている
「あん」少しだけ 体をビクつかせる母
パンツとオッパイを晒したままで ベンチに座ってる
僕の知らない母
カメラさんの手は パンツの上から マンコの辺りを揉むように撫でる
今まで 一緒に暮らしてきて
聞いたことのない
母の切ない吐息や あえぎが
スピーカーから流れる

この時 母が買い物から帰ってきていて
夕飯の仕度をしていたのを
僕は気付いてなかった

カメラさん『おや?奥さん かなり 湿ってますねぇ』
母のパンツが大写しに
一部濡れて 色が変わってるパンツ
カメラさんの指が股の所の布を横にずらす
そこには濡れ光る母のマンコ
陰毛は生やしっぱなしだったんだろうか
マンコの両脇にも びっしり生えていた
母のマンコに指が入れられる
陰毛に隠れるクリも弄られる
また 聞いたことのない母の喘ぎ

それがちょっと 続いた後
カメラさん『はい じゃあ パンツを脱いで下さい』
軽く逝ったのか
ちょっと 放心気味の母は
言われるまま
その場でパンツを脱ぎ
差し出されてるカメラさんの手に乗せる
カメラはパンツの裏側の濡れ光る染みの部分を写し出した
『じゃあ このまま 少し歩きましょう』
その指示に 公園を歩き出す母
少し 落ち着かない感じで
時々 指示でスカートを捲り
お尻を出したり
オッパイも出したり
晒したまま歩き

ちょっとした茂みに入ると
『はい じゃあ ここでスカートも 脱いじゃいましょう』
おずおずとスカートを脱ぐ母
『奥さん 結構 毛が多いですね』
確かに多い気がした
カメラアングルが固定され
木に抱きつくようにお尻を突き出す母
カメラさんなのだろうか?
男性がそのお尻に 顔を埋め
クンニ 執拗に クンニ
母が一際大きな声で
「あっあ~ぁ」と喘ぐ
その後お返しとばかりに
男性のチンポをフェラする母
美味しい物を食べてるような表情で
男性の大きさは僕とあまり変わらないような気がしたのを覚えてます

そこでの本番が無いままに
シーンが変わりました

『はい 改めて お願いしますね
先程は いかがでした?』
カメラさんの質問
「すごく ドキドキしました」
笑いながら答える母
しかし……見た覚えのある背景
『えっと ご自宅を提供していただいて ありがとうございます(笑)
いつも歩く道を ノーパンで帰ってくるってのは どうでした?』
はっ自宅?あぁどうりで…てか
あのバカ母何してんだ?
怒りと言うか呆れと言うか
複雑な心境で見続けます
「いつもの 風景なのに 違って見えますね」また 母は笑顔

カメラは両親の寝室やリビング キッチンを写し出し
小休止的なインタビュー
と シーンが変わると
風呂場からシャワーの音
風呂場の扉を開けると
母がシャワー浴びていた
その後浴槽の縁に座った母の股間が 泡で覆われる
男性がカミソリでゆっくりと
母の陰毛を剃っていく
マンコの脇も 尻の谷間の間も綺麗に
ツルツルになった母のマンコ
自分で触りながら 笑ってる
そこで シーンチェンジ
今度は寝室 タオルを巻いただけの母が ベットに腰掛けている

男優さんなのだろうか?
今までと 違う男性が登場
挨拶も漫ろに母とキス
タオルをはだけられ愛撫され
上気したところで
攻守交代
仰向けの男性のチンポを
お尻を上げたまま
また美味しそうに舐める母
カメラは母の口元から
回り込むように お尻の方に
濡れ光っているマンコ
収縮を繰り返してるアナル
などを ばっちりと 写し出す

体勢を入れ換えて いよいよ本番
騎上位で腰を落としていく母

体勢を入れ換えて いよいよ本番
騎上位で腰を落としていく母
結合部を 前からも後ろからも
撮られている
自分から激しく腰を振る母
疲れたのか 逝ったのか
崩れ落ちる母
一度抜かれ今度はバックから
男優が激しく突きまくる
乱れ歓喜のあえぎを上げる母
また逝ったのか横に倒れ込むように横になる
その片足を 持ち上げられ挿入
息も絶え絶え
最後は仰向けにされ正常位
ただされるがままに突かれていた

そしてそのまま中出し
男優が離れると大きく胸を上下させてる母の大きく開かれた足の間
ポッかりと口を開けたマンコから
ザーメンが流れ出してくる
キュウッとマンコの口が閉まると
押し出されるように
ドロッと出てきた

放心した母が写し出される

最後にオマケで風呂場でオシッコをして
endの文字が出てきた

随分 見入っていたオナニーするのも忘れて
ただ痛いぐらいにチンポは立ってた

そこに母からの呼び声
「ご飯出来たわよ~早くいらっしゃい」
DVDを取り出し ケースにしまう
そして それを持って食卓へ
この時もう僕は決めていた
この痛いぐらい勃起したチンポを母に入れ中出しする事を

キッチンに向かうと
食卓に料理を並べる母の姿
もちろんちゃんと服を着ている
その服の中身をさっきまで見ていたのだから
ダブらせて見ていた
「早く座りなさい あっそれ映画?」
僕が手に持つケースを見て聞いてくる
「ん? あぁ そうだよ まだ 最初の方しか 見てないから 一緒に見る?」
母と僕の仲も そんなに悪くは無い
良く一緒に映画も見に行ったりしてるし
家でも一緒に DVDやテレビを見たりしている
「あ~見る見る(笑)でも先ずはご飯ね」
たまにこう言う子供っぽい仕草も平気でする

「うん いただきます」
対面に座る母の裸を想像しながら 勃起させたまま
食事を進める
「ごちそうさま セットしておくから 早めに来てね」
勃起を悟られないように立ち上がり
リビングに向かう
後片付けを済ませた母が
いつものようにソファーに座る僕の横に座る

「じゃ再生するけど ちょっと お腹が苦しいから 横になっていいかな?」
そう僕が言うと
「あら 食べ過ぎ?いいわよ」と
自分の太ももを ぽんぽんと叩く
そう膝枕してあげるの合図
そしてそれは僕の思惑通り
テレビのロードショーなどを見るときには
良くそうして見ているから
これですぐには母は逃げ出せない状況になる
遠慮なく母の太ももに頭を乗せる
そして 再生
リモコンを僕は取れるけど
母は僕をよかせてからじゃないと取れない位置におく

またお決まりの音楽と共にタイトル
そして
[加代(仮) 39歳]
母は
「珍しいタイトルねぇ えっ もしかして エッチなの?
こんなのお母さんに見せて どうする気?」
咎めるように言う母
「まぁ面白いから見ててよ(笑)」
母の太ももに頭を乗せたまま言う
本編が始まる
そして画面に母の顔が大写しに
母の顔を見上げるとみるみる蒼白になっていく

インタビューが続く
母は徐々に震え始める
母は無言のまま
画面を見据え体を強張らせる
公園のシーン
チラッと僕の顔を見下ろす
泣きそうな怯えた顔で
僕はただ母の太ももに頭を乗せ
にやにやしてる(笑)
また 画面に目を戻す母
お尻やオッパイを晒して歩くシーンになってる
「この公園てさ あそこの◯◯公園だよね?」
僕がいきなり口を開いて聞いたものだから
ビクッと反応する母

「あっあっそっそう?違うんじゃ無いかなぁ?」
声を震わせながらもそう答える母
スカートを脱がされお尻を突き出してる所になると
母は足をモジッとさせる
その時
僕の耳には『……クチュ……』と
わずかな音が聞こえてた
家のシーンになる
もう言い逃れは出来ない
でもあえて何も言わない
母もただ無言で画面を凝視
剃毛のシーンも本番もオシッコも母ただ 黙って見ていた

全部終わって
僕は言う
「これ単身赴任中の親父に送ろうと思うんだけど?」
それに母はこれでもかって言うぐらい
目を見開いて
僕を見る
そして 泣きそうな顔に
「あ~ 冗談だって(笑)でもさ お母さん解るよね?取引しようよ」
この時点で母に逆らえる余地は無い
黙って頷く
「じゃあ いいね 期間は次に親父が帰って来るまでにしようね」
僕から期間を宣言
まぁ守る気は無いけど(笑)
「内容は……僕がお母さんにしてもらいたいこと言うから逆らわないで聞いてくれる事 良いよね?」
また母は黙ったまま頷く

「じゃあさ今からね(笑)先ずは服を全部脱いで
それからコレをなんとかしてよ」
ズボンとボクサーパンツを脱ぎ
ギンギンに勃起したチンポを見せる
母が唾を飲み込む音が聞こえる

そっと僕の頭を退かし
立ち上がり
戸惑いながらも全部脱いだ母
撮影の時にツルツルにしたマンコには1㎝ぐらいの陰毛が生え揃っていた
そしてソファーの横に正座すると
僕のチンポを愛しそうに舐め
くわえる
凄く気持ち良かった

母は僕のチンポをくわえながら
余った手で自分のマンコを触ってた
フェラが疲れたのか
辞めて
今度はまたぐ
母自ら僕のチンポをマンコに受け入れる
かなり締め付ける
腰のフリも激しい
我慢できずにそのまま
母の中に思い切り出した
それと同時に母も絶頂を迎えたようだった
僕の上に乗るように倒れ込んでくる母
もちろん入ったまま

母は僕の頭を優しく掴むと
キスしてきた
そこにあった顔に
母であったその人の雰囲気は無く
ただの盛りのついた♀の顔だった
「お母さんピル飲んでるから いっぱい出して良いのよ?」
と妖艶な笑顔で言った母
実は嵌めたはずの僕が嵌められたのだった(笑)
関連記事
もっと読みたい方はこちらからどうぞ
[ 2017/06/19 ] 母親・義母 | TB(-) | CM(-)
18才未満閲覧禁止
管理人のRタンゴです。
このサイトはエッチな体験告白集です。騙しリンクはありませんので安心してお楽しみください。
人気ページランキング
ブログパーツ
スマホ・携帯
QR
検索フォーム
フリーエリア
現在の閲覧者数:
相互リンク募集中です

名前:
メール:
件名:
本文:


相互リンク募集しております。
小説・告白系のサイト様ご連絡ください。 できたばかりのサイト様も歓迎いたします。
怪しいバナーのあるサイト様はご遠慮ください。