エッチ体験告白ブログ

寝取られや人妻・熟女などの告白を毎日更新しています。
エッチ体験告白ブログ TOP  >  母親・義母 >  息子に恋して

息子に恋して

「僕変態になっちゃうよ・・」
塾からの帰りの車の中で、突然健太郎が言いました。
「えっ?」思わず横を向くと、助手席で健太郎が泣きそうな顔をしていました。
「ぼくねえ、おちんちんが立っちゃうんだ。」
何を言って良いかわかりません。
「竹崎先生のお尻や、胸のとこ見てると・・」
11歳でも、やっぱり男の子なんだ・・そう思いました。



信号待ちのところで、言ってやりました。
「健くん、それっておかしくないのよ、男の子は。」
「大人になりかけてる証拠みたいなもん・・・ね。」

「パパもそうだったのかな・・」
ちょっと元気の出た声でした。

塾から家まで車で15分くらいかかります。
私にはちょっとショックでしたが、話できた事で健太郎は元気が出たみたいです。
ここんとこ元気無いみたいだったし、原因が判っただけでも良いや・・でも、本当は夫に聞いてもらいたいのに
(福島に単身赴任中2年目です。)・・そう思いながら、家に帰りました。
車を止める直前でした。

「ママのお尻やオッパイ見ても立っちゃうんだよね・・」

なんか大ショックでした。

「ママのお尻やオッパイ見ても、立っちゃうんだ・・」

食事を終えて、お風呂に入っていても健太郎の言葉が気になりました。
やっぱり、変態気味なのかな・・それとも、私に魅力があるのかな・・食事時に飲んだワインのお蔭で、
ちょっとピントがずれかけていたかもしれません。陽気には、なっていました。
33歳、身長157センチ、バスト85、ウエスト72、ヒップ90、
ちょっと太り気味だけど、けっこうスタイルは良い方だと思ってます。
お風呂場の鏡で、色んなことを考えた後、決心して、裸のまま、リビングに行きました。
健太郎はソファに座ってテレビを見てました。

「どう、ママの裸、綺麗?」
「おちんちん立っちゃう?・・」

変な光景だったと思います。
リビングの真中で、母親が自分の息子に裸を見せながら、立っているのですから。

「健ちゃんも裸になって、」
馬鹿、何言ってんだろ・・裏返った高い声が、私の口から出ました。

ぽかんとしていた健太郎が、ソファに座ったまま、慌てたように頷きました。
操り人形みたいに、ギクシャクと服を脱ぎ捨てます。

「こっち来て・・」
もう、完全に舞い上がってました。
健太郎のペニスを、見てみたい、触ってみたい、どんなになるか見てみたい・・・
母親の息子に対する心配とかじゃなくて、『男の子』の『ペニス』を見てみたかったんだと思います。

私の前に立つ健太郎は、身長は155センチで同じ位、体重は45キロですから、
私より4キロくらい少なくてほっそりしてました。

けれどペニスが大きいんです。

変な形でした。大きくなりかけてるのでしょうか、垂れ下がってるんじゃなくて、まだ産毛みたいな
健太郎の叢から、根元だけ太くなりかけた12センチくらいのペニスが立ちあがりかけてました。

夫のペニスは勃起しても15,6センチです。

結婚するまで、夫を含めて2人しか男の人のペニスを見たこと無いけど、健太郎のペニスは大きかったです。
まだピンク色のそれが、見る間に大きくなっていきます。
終いには、18センチくらいになったペニスが、健太郎のお腹に貼り付くみたいになりました。

健太郎の顔は真っ赤で、私の下腹部ばかり見ていました。

「えーと、健ちゃん・・・」
何も喋れなくなって。
エイッと思って、健太郎の手を取って、自分の寝室に連れて行きました。

ベッドの上に寝かせて、自分もすぐ横に添い寝するように横たわりました。
どきどきしながら、健太郎のペニスを見てました。
全然包茎じゃないんです。
4,5年前まで一緒にお風呂に入っていたときは、7,8センチくらいの可愛い皮被りだったのが、
2倍以上になってました。

「健ちゃん、オナニーって知ってる?」
黙ったまま首を横に振ります。
「自分で触ったこと無いの?」
「ママが触ってあげる。」
そう言いながら、健太郎のペニスを握りました。
熱くて、硬い、でも太さは単3電池よりちょっと大きいくらいペニスでした。

「・・うぅ!やぁっ!」
握り締めた途端、健太郎が叫んで、ペニスが収縮するみたいに勝手に動いて、
先端から白濁した熱い液体が噴き出しました。
私は何が起きたか一瞬わからず、ペニスを握り締めたままそれを見ていました。
あっという間に射精が終わりました。
健太郎は、シーツを握り締めて、私にペニスを預けたように横たわっていて、
私はなんか呆然として座り込んでました。

「病気じゃないんだからね・・」
私は健太郎のお腹の上に広がった精液を拭き取りながら、そう言いました。
射精してから5分以上経つのに、健太郎は横になったまま、目を閉じて黙り込んでいました。

でも、すごいな男の子は・・柔らかくなりかけたペニスをティッシュで拭きながら、そう思ってました。

「僕ね・・去年から自分で触ってたんだ・・オナニーって言うの?・・そういうの・・」
健太郎が両手で顔を隠しながら、小さな声で呟きました。
「・・でも、今日のが、一番、すごく気持ち良かったよ・・」

けっこう優しい気持ちになりました。

「今日は一緒に寝ようか、久しぶりに。」
裸のままで、健太郎を抱きしめるようにして眠りにつきました。

夜中でした。

けっこうHな夢を沢山見てました。
自分で触ってみると、もう、熔けるくらいに濡れてるのです。
何時の間にか、健太郎に背を向けるようにして寝てました。
目が覚めたのは、健太郎が布団の中でもぞもぞ動いていたからです。

「どうしたの?」
枕元の灯りを点けて、健太郎の方を見ると、赤い顔をしています。
「どうしたのよ?」
布団をめくると、健太郎は下腹部に手を当てて一生懸命隠そうとします。
大きくなってたんです。
「・・ちっちゃくなんないんだ・・」

「・・ママ、また触って・・」
考えました。
見た夢の中に、健太郎とセックスする夢もありました。
身体中が急に熱くなって、考えがまとまりません。

「・・健ちゃん、ママのこと好き?」
何言ってんだろ・・
健太郎のペニスばかり見ながら、勝手に自分が喋ります。
「・・そしたら、ママの・・ことも・・気持ち良く・・してくれる?」
横になりながら、両足を自分で抱えて、大きく広げました。
「・・ママの・・そこに触って・・」
さすがに声が掠れました。

おずおずと健太郎が私の股の間に移動して、指で触ってきました。
「・・・・はぅ」
電気が走るみたいに、触られたところから快感が伝わってきました。
「気持ちいい?」
指が割れ目をなぞって、クリトリスに触れます。
人差し指が陰唇を割って、ヴァギナの中に進入してきました。
「・・熱くて、ぬるぬるだよ・・」
健太郎のペニスが、私のあそこのすぐ近くで、揺れ動いています。
気持ちいい、・・もうどうなっても良い・・今日は安全日かなあ・・気持ちいい・・
「健ちゃん!、ママの中に入れて!」
「おちんちん入れて!」
言っちゃった。
「・・・どうすんの?・・」
「ママ、どうやればいいの?・・」
私は手を伸ばすと、健太郎のペニスを自分のあそこに、あてがいました。
健太郎の肩を引っ張るようにして抱き寄せます。
健太郎の身体が私の身体に圧し掛かるようになって、ペニスがズルッて入ってきました。

「ママ!」
健太郎が驚くほど大きな声を上げて、そして、本能みたいに、腰を動かし始めました。
4ヶ月ぶりでした。
夫とは違って、ぎこちなかったですが、健太郎のペニスが、ピストンみたいに激しく、私の中で
動いています。
しかも、夫のより長くて、固いペニスが。
健太郎が私の乳房に口をつけて、乳首を吸います。
健太郎のペニスの動きが全部わかるみたいでした。

亀頭が何度も私の子宮を突き上げます。

何時の間にか、声を上げてました。
すぐ終わる・・・、射精するから、・・すぐ・・言い訳みたいに、頭の隅で思ってました。

健太郎が私の上で、動いて、私をめちゃくちゃにしてました。
私はあっという間に昇りつめて、我慢なんか出来ずに、声を上げつづけてました。
2回目の絶頂を迎えて、健太郎の身体にしがみついて、泣き声まで上げてしまったんです。

健太郎も夢中で動いていました。

「ママ、出ちゃう!」
ママってだれ・・、わたし・・・、気持ち良くて、健太郎の動きに合わせて、腰を揺すっていました。

ドンって、音でもするくらいの衝撃で、子宮に健太郎のペニスが衝たりながら、膨れ上がって、
熱い塊が、私の中に打ち込まれてきました。
何回も、何回も、・・・

すごい快感でした。

夫との時には感じたこともないくらいの快感でした。

「・・ママ、ママ、・・だいじょうぶ?・・」
健太郎が私に挿入したままで、心配そうに、私の顔を見てました。
ママ?・・ああ、私はママなんだ・・・
自分の息子に組み敷かれたままの姿で、気がつきました。

「・・気持ち良かった?」
やっとの思いで聞きます。
恥ずかしそうに、健太郎が頷きます。
でも、健太郎のペニスは私と繋がったまま、小さくなってなかったのです。

「ママ、すごいきもちよかったよ・・」
健太郎は、私のオッパイに触りながら、照れくさそうに笑って、
「・・もうちょっと、していい?・・」
返事も待たずに、腰を動かし始めました。

私はなんだか可笑しくて、小さい声で笑いながら、その動きに応え始めました。

早く終わって・・・早く・・・早く
そう思いながら、けれど、私も感じていました。

四つん這いになった私の後ろから、圭吾さんが激しく攻めてきてました。

福島の圭吾さんのマンションで、昼間からセックスしてました。

「突然来るんだから・・びっくりしちゃうよ。」
朝一番の新幹線に乗って、福島に行きました。
会社の近くから電話すると、驚いていた圭吾さんも、電話口では怒りながらも、
急用ということで休みを取ってくれました。
「何かあったのか?」
聞かれたけど、まさか健太郎とのことは、言えません。
「あなたが、あんまり帰ってこないから。」
わざとつっけんどんに言うと、自分が4ヶ月も帰ってないことも有ってか、
それ以上追求して来ませんでした。
「ちょっとは私だって・・淋しいのよ。」
マンションに戻って、部屋を片付けてから、何となくそうなるように、セックスを求めました。
1度目のセックスは、15年目の夫婦らしく、お座なりに、手早く終わってしまいました。
でも、私が圭吾さんの柔らかくなったペニスを口に含んで、してあげると、
すぐに硬くなり始めて、2度目のセックスが始まりました。
「・・心配しないでも、浮気なんか・・してないよ・・」
私は、圭吾さんに攻められながら、健太郎のことを思っていました。
すぐ終わるから・・・パパが私の中に射精してくれるから・・・
心配無いの・・ママの中に射精しても・・・

昨日、健太郎が私の中に射精し終わってから、心配そうに言った一言で、私は福島に来たのです。

圭吾さんとセックスしておけば、健太郎とのセックスで万一、妊娠したとしても・・・大丈夫・・・

夫である圭吾さんには申し訳無いけど、健太郎のことばかり考えていました。

待ってて・・パパももうすぐ終わるから・・・

圭吾さんの射精をもらうとき、もう少しで、健太郎の名前を呼ぶところでした。
関連記事
もっと読みたい方はこちらからどうぞ
[ 2017/06/27 ] 母親・義母 | TB(-) | CM(-)
18才未満閲覧禁止
管理人のRタンゴです。
このサイトはエッチな体験告白集です。騙しリンクはありませんので安心してお楽しみください。
人気ページランキング
ブログパーツ
スマホ・携帯
QR
検索フォーム
フリーエリア
現在の閲覧者数:
相互リンク募集中です

名前:
メール:
件名:
本文:


相互リンク募集しております。
小説・告白系のサイト様ご連絡ください。 できたばかりのサイト様も歓迎いたします。
怪しいバナーのあるサイト様はご遠慮ください。