エッチ体験告白ブログ

寝取られや人妻・熟女などの告白を毎日更新しています。
エッチ体験告白ブログ TOP  >  母親・義母 >  母に夜這いし、裸を見るだけのつもりだったのに挿入してしまった

母に夜這いし、裸を見るだけのつもりだったのに挿入してしまった

僕は母としてしまいました。今はとても後悔しています。
僕の大事な母、母一人、子一人の家庭です。これからどうしたらいいんでしょう。僕はどんな態度で母に接したらいいんでしょう。考え出したら頭がおかしくなりそうです。
いま17才の僕は、異性のことに興味を持つようになっていました。友達との話でも女性のことが話題になることがしょっちゅうだったんです。


中にはもう経験をした友達もいて、得意げに話してくれるのです。
でも僕にはそんなことをさせてくれるGFもいないし、ただ頭の中でいろいろと想像するだけでした。
母のことは以前から好きでした。でもそれは異性としてではなく、ただ僕を生んでくれて、育ててくれた、やさしい母としてでした。
息子としては当たり前の感情です。
それがある晩、急に母を異性として、女性として意識するようになったのです。それは母の体、裸の体を見てしまったからでした。

もちろん僕がまだ小さい頃は、母と一緒に風呂に入っていましたから、母の体は見ています。
でも小学校高学年になってからは、別々でしたから、異性を意識するようになってから母の裸体を見たのは衝撃的でした。
なにかの拍子で風呂から上がったばかりの母の裸体を見てしまったのです。
ちらっとでしたけど、白い豊かな乳房、艶やかにみっしりと肉のついた腰周り、むっちりと柔らかそうな太腿、それに股間のほの暗い翳りまで、ほんの2,3秒の間に僕は母の女体のすべてを見てしまったのです。
なんとも言えない美しさでした。世界中でこんなに優しく、抱き締めたいほど愛しいものがあるのか、という感じでした。哀しいほどの衝撃でした。

母は気づいてきゃっと小さく叫んで、すぐに体を隠しました。僕は身を翻して二階にあがり、急いで自分の部屋に入ってドアを閉めました。でも、まだ胸がどきどきしています。
母の裸が目に焼きついて離れません。
ベッドにもぐりこんで大きくなったチンポを握りました。
もうたまりませんでした。いまみた母の裸体を目に浮かべながら、オナニーしてしまいました。
何回もしました。とうとうチンポが痛くなってようやく止めましたが、そのまま明くる朝まで寝てしまいました。

それからしばらくは悶々としていました。
母はいつもと変わりなく接してくれていましたが、意識してそうしていることは、なんとなく判りました。
僕は母と顔を合わせているのが気まずくて、目を合わせないようにしていました。
でも頭の中は母のことで一杯です。あの母の白い、真っ白な体が、裸の肉体が、むっちりとした肌が、目に焼きついて離れないのです。
毎晩のように、母の体を思い浮かべながら、自分でしごいていました。もう気が狂いそうでした。

そんな日々が一週間ばかり続いたのです。もう僕の我慢は限界でした。
それである晩、母が寝床に入ってしばらくしてから、母の寝室へ忍び込んだのです。
母は向こう向きになって眠っているようでした。
布団がこんもりと、母の体の線のとおりに丸くやさしく盛り上がっているのが判りました。
そうっと布団をめくり上げて自分の体を滑り込ませました。
母は気がつかないようです。後ろから抱きつくようにして、体を押し付けました。
さすがに母は目を覚まして、誰? 亮ちゃん? なにするの? と体をよじって逃れようとしました。
僕は黙ったまま、腰を押しつけていきました。
僕のチンポはもうさっきからギンギンになっていましたが、母の柔らかなお尻に擦りつけただけで、ビクビクッと弾けてしまったのです。

母は僕の方を向いて、亮ちゃん、出しちゃったの? お風呂に行って洗ってはき替えてらっしゃい、濡れちゃって気持わるいでしょ? とびっくりするくらい平静に言うのです。

そして僕と一緒にお風呂に行って洗ってくれました。
まあ、亮ちゃんもそんな年頃なのよね、母さん、びっくりしちゃったけど、と、なぜか明るく、さらりと言っています。でも、どうして母さんなの? と。僕はもう恥ずかしくて、一言も返事ができませんでした。
すると母は僕の目をじっと見つめて、ちょっとお話しましょ、と言って、僕の体を拭いてから、僕の部屋へ行きました。
そこに座って、と僕をベッドに座らせて、母も並んですわりました。

ねえ、亮ちゃん、どういうことなの、母さんにあんなこと、しちゃったりして、とやさしく、でもはっきりと、聞いてくるのです。
そこで僕はもうカーッと頭に血が上って、押し倒してしまったんです、母を、ベッドの上に。母の体の上にのしかかって、体を抱き締めて、顔を両手で挟むようにして、唇を押し付けていました。
母は、あっ、あっ、亮ちゃん、何するの、と言おうとしたようでしたけど、僕はその前に母のぽってりとした唇に僕のを押しつけて、キスしていました。初めてのキスでした。
女の体を抱き締めたのも、初めてでした。
それが母の唇、母の体だったとしても、僕には初めての女性の唇、初めての女性の肉体でした。
柔らかくて、甘いような、なんとも言えない薫りがしました。

それからはもう勢いでした。母の着ているものを剥ぎ取り、僕も着ているものを脱ぎ去り、母の脚を大きく広げさせて、突き立ててしまったんです。

そのまま母の体の中へ放ってしまったんです。あっと言う間もなかったと思います。
母はことが終わったあと、茫然としていました。
母は僕に、ちょっと一人にさせて、と言って自分の部屋に入ってしまいました。
僕は、ああ、やってしまった、とうとうやってしまった、でも、これからどうなるんだろう、どんな顔をして母に接したらいいんだろう、と激しく後悔していました。

あくる朝、母はいつものように、僕が学校へ行くのを送り出してくれました。でも、僕に言ったのです。
亮ちゃん、今日は早く帰ってきてね、母さん、亮ちゃんとお話したいから、って。
僕はなんにも言わず、くるりと振り向いてそのまま走るように出て行きました。
もっと読みたい方はこちらからどうぞ
[ 2017/06/17 ] 母親・義母 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
18才未満閲覧禁止
管理人のRタンゴです。
このサイトはエッチな体験告白集です。騙しリンクはありませんので安心してお楽しみください。
人気ページランキング
ブログパーツ
スマホ・携帯
QR
検索フォーム
フリーエリア
現在の閲覧者数:
相互リンク募集中です

名前:
メール:
件名:
本文:


相互リンク募集しております。
小説・告白系のサイト様ご連絡ください。 できたばかりのサイト様も歓迎いたします。
怪しいバナーのあるサイト様はご遠慮ください。