エッチ体験告白ブログ

寝取られや人妻・熟女などの告白を毎日更新しています。
エッチ体験告白ブログ TOP  >  母親・義母 >  夜中にそっと教えてくれた母

夜中にそっと教えてくれた母

中学生の頃、DVDではなくビデオが主流だったころ、僕は秋葉原のビデオ
ショップで購入したエッチビデオを家族が寝静まった後にリビングのテレビ
で見るのが日課だった。そこにしかビデオデッキがなかったためだ。
毎日びくびくしながらやっていたが、数カ月するとなれてきた。リビングのソファ
で音が出ないようにイヤホンであえぎ声を聞きながらしごいていると、気持
ち良くなりうとうとすることも多かった。



ある日、いつものようにオナニーしながらうとうとしてしまった僕は夜中
ちんちんに温かい感触を感じて目を覚ました。母が隣に座って手で僕のちん
ちんを触ってくれていた。

僕にしーっと指で合図すると母は僕の手を胸に持って行ってくれた。
胸を張って僕に両手で揉ませた後に、パジャマを脱ぎ柔らかくて大きい胸で抱き
しめてくれた。

夢中で胸に吸いついていると、母は僕のちんちんをさすってくれました。
あっけなく射精してしまったが、母は慌てることなく手に付いた精液を舐め、僕の顔
の前でパジャマの下を脱ぎ下着を僕に脱がせると口元に股間を突き出すように押しつ
けてきた。

「いっぱいおつゆが出るから全部舐めてね」
同時に優しく手でちんちんを揉んでくれた。
そしてゆっくり僕から離れ、キスしてからしゃがんでちんちんを
咥えてくれた。頬をすぼめてちんちんを吸い込みてっぺんから付け根まで
ていねいに舐めてくれた。

もう一度キスしてちんちんを母に向けて突き出すように向けてくれ、そのまま
腰を落として挿入させてくれた。
想像よりずっと締め付けられ、口よりも強い圧迫感だった。

ぬちゃぬちゃいやらしい音をさせながら腰を動かしちんちんを出し入れさせると、
ほどなくして強烈な射精感とともにそのまま射精した。

 「疲れた?」
「大丈夫、すごい気持ち良かった」
「良かった。内緒でエッチしてあげるからね。恥ずかしがらなくて良いよ」
もう31歳になってますが、母とのエッチは続いています。
関連記事
もっと読みたい方はこちらからどうぞ
[ 2017/05/26 ] 母親・義母 | TB(-) | CM(-)
18才未満閲覧禁止
管理人のRタンゴです。
このサイトはエッチな体験告白集です。騙しリンクはありませんので安心してお楽しみください。
人気ページランキング
ブログパーツ
スマホ・携帯
QR
検索フォーム
フリーエリア
現在の閲覧者数:
相互リンク募集中です

名前:
メール:
件名:
本文:


相互リンク募集しております。
小説・告白系のサイト様ご連絡ください。 できたばかりのサイト様も歓迎いたします。
怪しいバナーのあるサイト様はご遠慮ください。