エッチ体験告白ブログ

寝取られや人妻・熟女などの告白を毎日更新しています。
エッチ体験告白ブログ TOP  >  アブノーマル >  家庭教師のエッチな体験

家庭教師のエッチな体験

私は今まで男の人と 長くつき合ったことがなく、今では男友だちからも敬遠されていて、女友だちも私は男嫌いだと思っています。すごくガードが堅く勉強ばかりしているように思われているのです。
中学とか高校、大学と新たな世界では、友だちの中で私がまず男の人から声をかけられる。
でも、私は潔癖症というか少しでも男の人の不潔なことを 見つけると、もうダメになるの。息や体のくささは勿論、男くささだけでも嫌になってしまう。



こんな私も、去年国立大学に現役で合格して、去年の春から中一の男の子(今は中2)の家庭教師を始めたの。

高3の時は全国模試・英語で名前が載ったこともあるの。

その中1の子は今までつき合った男の人(でも1ヶ月も続いたことないの)

とは違って女の子のように可愛い子だという印象があったのに、やっぱり男の子は男の子だったの。

6月ごろ、素足にタイトのミニで彼の机の横に椅子を並べて、 勉強を教えている時に、

その子に問題の与えて待っている時に、ほんの少しうとうとしてしまったの。

ほんの少しの時間だと思う。ふと目が覚めると、その子がね、

机の下に潜り込んで、絨毯にはいつくばる ような恰好で、少し開いた私のスカートの中をのぞき込んでいたの。

その子の露骨な姿を見たとき、体に電気が走ると言うか、ジーンとしびれるようになってしまって声ができなかったの。

私が目を開けても彼は私のスカートの中に夢中になっていて、 私の方からも彼の顔がほとんど見えないし、

声を出さなければ彼も私が起きていることがわからないという状態で、だんだんと体がとろけるような気持になって、

閉じようと思っていたのに、どうしても足を閉じることができなかった。

そのうち、彼がのそのそと机の中から起き出して来て、

数学の問題を解き始めるまで、聞こえるかと思うほどドキドキしていたの。

その時から、その子もなんとなく見つかっても叱られないとわかったみたいで、

その子のお母さんがケーキを出した後に、私が眠った振りをして、

その子が机の下に潜り込むのが当たり前のようになったわ。

私の方も見られると思うとパンツにも神経を使うようになっていったの

(もっとも白が大部分、でもレースとからフリルのついた可愛いもの)。

そんな遊びが数ヶ月続いて夏休みも終わろうとしていたときに、 彼がね、

真っ赤な顔をして「お姉さんの裸を見たい。見たくて見たくて 勉強が出来ないと」涙声で頼んできたの。

私の方にも見られているのを知っていたという弱みもあり、 なんとなく可哀想にもなって、

「2学期の中間試験で…番に入ったら見せて あげるわ」と約束したの。

その結果が分かるまで、その時までのように彼の机の横で寝た振りをするのも変になって、

5分だけ私が彼のベット横になって、 彼が手を触れずに覗くという遊びを続けたの。

でもだんだん彼が大胆になって足を開いてとか

膝を立ててとかた横向きに寝てとかいろいろな注文をつけるようになっていたの。

そんな彼が猛烈に頑張って…番よりもずっとよい成績をとったわ。

もともとお父さんがお医者さんの子で頭がよかったこともあって、ビックリするような成績だったの。

その子のお父さん、お母さんもすごーく喜んでくれて、私はご両親からもすごく感謝されたの。

でも、約束のことがあって、その子は早く早く見せてとせがむようになったの。

成績が上がってから、ケーキだけでなく、果物もお母さんが持って来てくれるようになって、

私が裸のところを見つけられたら困るし迷ってしまって「今度ね」と言って逃げていたの。

そんな時に月末で保険診療請求の手続きでご両親が帰りが遅い日があって、その日にと決めたわ。

その日は早々に大学から家に帰ってシャワーを浴びて下着も全部着替えてその子の家に行ったの。

休憩の後と決めていたので、二人とも落ち着きなく勉強して、

1時間が過ぎると彼がケーキと果物とコーヒーを取りに一階に走って下りていったの。

彼はあっという間に食べてしまって、私が食べ終わるのを待っていたわ。

私は全然欲しくなくてほとんど残したまま、いつものようにベットに横になったの。

服を着たままならどんな恰好でもしようと思ってたのに、やっぱり彼は許してくれないの。

電気を消すことも彼が強行に反対して、私としても明るい電気の下で裸になることができなくて、

いろいろ話し合った結果、電気を消して私が彼のベットの布団の中で全裸になって、

彼が懐中電灯で布団の中を覗くことに なったの。

それがかえって刺激的で、最初は彼が頭と懐中電灯だけを布団に入れて見られていたの。

でも、はじめての裸を見られていると思うと、

かあーと血が逆流するように体がほてって頭が真っ白になってしまって、意識が朦朧としていたの。

あそこからは恥ずかしいくらい愛液が出て、お尻や太股の横に伝わっていくの。

彼も熱くなったのか、布団を捲られ、足を広げられたのも分からなかったぐらい興奮状態だったの。

それから今日まで半年間、明るい電灯の下で裸になっても、平気になってしまいました。

むしろ、彼がもっと恥ずかしい恰好を命じてくれるのを期待しているようなところがあります。

相手が子供相手だという良心のうずきのようなものもあります。

でも、彼がセックスをしたがって、あれを出そうとするとすごく気持ち悪い、という気持が強く、まして大人の人とのセックスはなおさらです。

こんな性癖の私はちゃんとした大人の人との交際や恋愛はいつになったらできるのでしょうか。
関連記事
もっと読みたい方はこちらからどうぞ
[ 2017/07/11 ] アブノーマル | TB(-) | CM(-)
18才未満閲覧禁止
管理人のRタンゴです。
このサイトはエッチな体験告白集です。騙しリンクはありませんので安心してお楽しみください。
人気ページランキング
ブログパーツ
スマホ・携帯
QR
検索フォーム
フリーエリア
現在の閲覧者数:
相互リンク募集中です

名前:
メール:
件名:
本文:


相互リンク募集しております。
小説・告白系のサイト様ご連絡ください。 できたばかりのサイト様も歓迎いたします。
怪しいバナーのあるサイト様はご遠慮ください。