エッチ体験告白ブログ

寝取られや人妻・熟女などの告白を毎日更新しています。
エッチ体験告白ブログ TOP  >  母親・義母 >  義母とのめくるめく一夜

義母とのめくるめく一夜

結婚して1年、やっと子供ができたのはいいけど、嫁がつわりがひどくてそれまで週3でやってたSEXから禁欲生活4ヶ月に入ってそろそろ性欲がたまってきていたある日、嫁の実家に泊まることになった。
嫁の母(56)は小柄(150cm)なぽちゃぽちゃ系でもろ俺好みだったんでいつかそのでか尻に一発ぶちこみたいと思っていたところだった。嫁はその日もつわりがひどいと自分の部屋に引っ込んでしまって、一階の居間は俺と義母の二人きりで夕飯をとることに…。


義母は夕食時に飲んだビールに酔ったのか、ウトウトし始めた、ふと義母の
姿を見ると短パンの端から薄い黄色の下着がちらちらと見えることに気がつ
いた。

思わず息を呑んでその姿をじっと見つめていると、俺が気づかないうちに目
を覚ましていた義母が

「えいじさん、私のなんかみても楽しくもなんともないでしょ!」

と声をかけてきた。目を覚ましていたことにぜんぜん気づいていなかった俺
は思わずかっと顔が赤くなってしまった。

「まあ、今はたまってるのかもしれないけど、私じゃね~。」
「そんなことないですよ。こっそり見てたのは謝りますけど、ちらちら見え
る下着がとっても色っぽくて見とれてたんですから。」

「あら、うれしいこと言ってくれるわね。気持ちだけでもうれしいわありが
とうね。」

案外怒ってなかったみたいなんで、もしかしたらいけるかも?少し位はすけ
べになってるのかなと思って、遠まわしに誘ってみようかと思った。
ちょっと物をとる振りをして義母の隣に座って話しかけた。

「でも、お義母さんだから話ますけど、やっぱり今そういうHとかできないか
ら、男は我慢するの大変なんですよ!風俗とかに行こうかとも思ってしまう
くらいで。でも、××(嫁の名前)にも悪いし、病気も怖いでしょう?」
「そうね、でも、生まれるまでの我慢と思ってよ!」
「お義母さんの時はどうされてましたか?妊娠してたときって?」
「あら、私たちは結構してたわよ。そんなにつわりもひどくなかったからそ
れなりにね(笑)」
「そっかぁ。お義母さんも意外と好きなんですね~」
「あはは、そうなるのかしら。でもまあ、こういうの嫌いな人っていないん
じゃないかしら」
「お子さん何人も作ってるから、結構がんばったんでしょうしね(笑)」
「がんばったって言われたらそうなのかしら。でも、確かに主人も好きだっ
たから子供が隣に寝ているときも枕に口あてたりいろいろしてたわぁ」

酔って赤くなった頬とうつむいた顔がえらく色っぽくみえた。

「でも、今はちょっと寂しいですね。それとももしかして相手がいると
か?」
「そうね。でもこの年になれば、しょうがないのかしら。それにもう私みた
いなおばあちゃんを相手にしてくれる人なんていないわよ。」
「そんなことないですよ。」

俺は大げさに驚いて見せた。

「さっきだって俺、お義母さんの下着姿に興奮して今もどきどきしてるんで
すから。まだまだ大丈夫ですよ。」
「もうそんなに見てたの?困ったお婿さん」
「でも、意外とかわいい下着ですよね。」
「うふふ、この年になっても下着とか選ぶのは楽しいから、結構選んでるの
よ。」
「で、どんなのでしたっけ?」

と冗談ぽく義母の股間の辺りをみるように床に顔をつけた。

「こら!だめよ。」
「いま見えましたよ。かわいい下着。」

そういってさらに顔を股間の近くに寄せると、困った義母が頭をぽかっと叩
いて、

「ほら、もう十分みて気が済んだでしょ?」
「はい!ありがとうございました。お礼に肩でも揉みましょうか?」
「そうね。しっかり揉んでもらおうかしら!」

少し怒っていたが、その声は笑っていたので安心しながら後ろに回って座り
肩に手を当てた。

「すごい凝ってますね。カチカチですよ!」
「そうなのよ。私、更年期のせいか体が重くて、ついでに肩まで凝ってるの
よ。」

首元から腕の方までマッサージというか俺的には愛撫するような感じで優し
くその体を揉んだ。

「本当えいちゃんは上手ね。気持ちいいわ~。」
「でも肩こりって胸の辺りの筋肉も関係あるらしいですよ」

と言いながら、鎖骨の下あたりを触った。微妙なところだったけど、さっき
の話を信じているのか何も抵抗しなかったので後ろから覆い被さるようにし
ながら胸の近くまでマッサージした。

さっきまでいろいろ話をしていた義母が急に無口になったんで顔をみると目
をつぶっている。まだいけると思った俺は、服の上をなぞるように両手をゆ
っくりおろしながら乳首の上をさわさわと触ってみた。それでも何も言わな
い義母に調子にのった俺は首筋に口付けをした。すると

「うっ!」
と小さく声をだした義母。どうやら寝ている訳ではなく、ひそかに感じてい
るようだった。
その瞬間体を義母の横に移してそっとキスをした。
一瞬目を開けた義母だが、そのまま抵抗もなく受け入れたようだった。

最初は、義母の唇の上を俺の口で吸うように何度もしているとだんだん義母
の口もキスで感じたのか開いてきた。
その瞬間すっと舌をねじ入れた。それも受け入れている義母はどうやらさっ
きのマッサージでいやらしい欲望が湧き上がっていたのだろう。

初めて味わう義母とのディープキスに俺は興奮しまくっていた。舌を絡めあ
うようにしながら、俺は義母の唾液を味わっていた。その味は妙にねっとり
していて、余計に義母とのいやらしいキスを実感した。そのキスをしている
うちに両手は義母の小さい胸をつかんで乱暴にもみしだいていたが、その感
触だけでは我慢できなくなり、シャツの下に手をいれた。

もう寝る前だったので、ブラはしていなかったらしく、手のひらに少し硬く
しこった乳首の感触が簡単にわかった。

乳首をこりこりとつまみながら、義母の唇から口を離し、次は耳をなめ始め
た。どうやら義母の耳は性感帯だったらしく、なめられながら上半身をくね
くねと動かし始めた。

「・アン・て・い」
「どうしたんですか?」

大体何を言っていたのかわかったがわざともう一度聞いてみた」

「やめて ア アンアン」

かすれながら聞こえたその声はほとんど欲望に飲み込まれてしまいかけた女
の声だった。

「でも、お義母さん声がものすごくいやらしい声になってますよ。本当は感
じてるんでしょう乳首もこりこりじゃないですか」
「えっ?そ・でも、触られたら、アン!やめてちょうだいえいちゃん、アン
アン・・・」

この機会を逃すまいと、性感帯の耳に俺は攻撃を集中させた。じゅばじゅば
と耳たぶをすったあと、耳の穴に舌をねじ込みわざとおとをジュブ
ジュブ言わせながら出し入れした。

「ほら、こんないやらしい音してますよ。お義母さんのあそこもこんな風に
なってるんじゃないですか?」
「アハ、やめて、あん。もうやだ・」

もう、さっきまでの母親の声ではなかった。20歳も年下の男の愛撫に体を
くね
らせるスケベな女の声だった。
これならいけるそう思った俺は愛撫をやめて耳元で語りかけた。

「でもお義母さんおあいこですよ。俺だってホラ」

と義母の前に立って短パンを降ろしカチカチになり反り返ったちんぽを取り
出した。
その瞬間、女の顔になった瞬間を見逃さなかった。

「あっ、えいちゃんのあそこがカチカチになってる」

思わず、義母はそう感想を口にしてしまった。
さっと義母の後ろに回りそこに座ったまま義母を抱きしめて耳元で囁いた。

さっと義母の後ろに回りそこに座ったまま義母を抱きしめて耳元で囁いた。

「いま俺たちってなんか似たもの同士じゃないですか?似たもの同士今日だ
け仲良くしませんか?今のお義母さんすごくいやらしくて我慢できなくなっ
ちゃいました」

何も答えなかった義母だが、答えは決まっていた。
義母の手をとりソファに二人で座った。

「もう、今日だけ秘密の関係よ」

そういって俺の肩にしだれかかった義母はすでに体の中にある女のいやらし
い欲望に飲み込まれてしまっていた。そのままさっきのようにお互いの舌を
味わうようないやらしいキスをはじめて、
つばの味までわかるように吸いまくりながら乳首の先をつまみながらこりこ
りといじくった。

「お義母さんのつばっていやらしい味がしますね。僕のつばはどんな味です
か」
「もう、変なこと言わないで。・・でもえいちゃんのつばは男っぽい味がし
ておいしいわ、もっとそのつば私に頂戴」
「じゃあ、お義母さん、口をあけて舌を出してみてください。」

まるで、雛が親からえさをもらうように、大きく口を開けて舌を出す姿は今
まで俺がみてきたどんなエロビよりいやらしかった。つばを口からとろっと
垂らすとそのつばを吸うように義母は舌を動かし、つばの先が義母の口につ
くとそばをすするように義母は口にいれた。

「ねえ、さっき見せてくれた、えいちゃんのおちんちんもう一回見せて。」

もうスケベなことしか頭にない義母は遠慮せず俺にそういった。

「どうでした?久々にみたんじゃないですか?男性のおちんちんは」

そう笑いながら短パンを再び降ろし、びんびんのちんぽをみせた。

「すごい・・・。えいちゃんの大きいわね。いつも××はこんなおちんちん
いれてもらってるのかしら?」

息を呑んでそういった。俺のあそこは人並み程度だが、久々に見る男のチン
ポに興奮して訳がわからなくなっているらしい。

「大きいおちんちんは好きなんですか?」
「そうね、やっぱり小さいよりは、そっちが好きよ。」
「じゃあ食べてみます?」

そういうと義母は目をきらきらさせながら小さくうなづき、ちんぽにゆっく
り恐る恐る手を触れた。

「硬い・・」

そういいながらもその手は久々の男のちんぽをしごきはじめた。最初はぎこ
ちないようだったがだんだん、要領を思い出したのかスムーズないやらしい
動きに変わっていった。ただ最初はしごいているだけだったが指先で尿道の
先を擦りながらしごきつつもう片方は玉を揉んでいた。

「あふ、こんな技どこで覚えたんですか。めっちゃ気持ちいいですよお義母
さん。あっ。そこきもちいい」
「主人からね・・・。どうせならとことん気持ちよくなりたいし。お尻とか
は好きなのかしら?」

そういうと、玉をもんでいた手をアナルにもっていき入り口を擦り始めた

「あっ、俺アナル弱いんですよ」
「そうなの、ならよかったわ。私もよく主人に攻められていたから、ツボは
わかってるつもりだし。ほら先っちょからぬるぬる出てきたわよ」

そういうと義母は、いやらしく舌を尿道の先にもっていきその先走り汁チロ
チロとなめた。

「うふ、苦いけど久々に味わう男の味っていいわね。ねえ、私のつばおちん
ちんにもあげていいかしら?」

そういうと義母は、ちんぽの上からつばをいやらしく何度も垂らした。義母
のつばでべとべとになったちんぽはテカテカと光っていた。

次に、そのつばをなめとるように、義母が舌をちんぽに絡
め始めた。その舌の動きをみているとまるで蜜にむらがる別の生き物のよう
で鼻息を荒くしながらぴちゃぴちゃとしゃぶりついていた。
そして、舌をチンポから離し、

「はあ、このおちんちん本当おいしそう。」

そういうと、本当にむしゃぶりつくようにちんぽを口の奥までほうばった。
ゴビュゴビュ、ジュブヌヌ、ゴフ。さまざまな音を立てながら、しゃぶって
いるかと思うと口の中でカリ周りに舌を一周させてまだ風呂に入っていない
ためたまっている俺のチンカスもこそぎとった。あまりにいやらしいフェラ
だったんで、思わず出そうになった俺は、

「お義母さん、今日はお互い気持ちよくならないといけないんですよ。次は
俺の番ですよ。」

そういって、義母を引き離した。前から俺は亭主関白な夫婦生活だったのを
聞いていたので、義母はたぶんMに違いないとふんでいたので少しいじめてや
ることにした。

「じゃあ、お義母さん上着とっておっぱいみせてください。」
「えっ、私が脱ぐの?」
「そうですよ。お義母さんが自分で脱いで俺に見せてくださいよ。」

少し不満そうだったが、脱ぐことにためらいはなかったようなのでシャツに
すぐ手をかけ、一気に脱いだ。その胸はさすがに50代といったかんじで垂
れていたが、あまり大きい胸ではなかったので、逆に垂れた感じがあまりな
かった。お
なかはやはり中年なんで何段腹かになっていた。個人的にはむちむちしてて
それが余計に興奮した。

「全然きれいですよ。お義母さん。おっぱいすごいきれい。」
「ありがとう・でも。垂れてるでしょ?おなかも出てるし恥ずかしい
わ・・・」
「僕おなか出ているほうがすきなんですよ。だから気にしないでください。
おっぱいなめてもいいですか?」
「いいわよ。本当久々だからやさしくなめてね。お願いよ。」

そういうと義母は目をつぶって背もたれにもたれかかった。俺は少し垂れた
胸の先についた乳首に口をあてた。チュプ、チュプププ、ジュッパ。昔は子
供に乳をやるために使っていた乳首の先の穴を舌の先でシュルシュルとなめ
こする。

もう、フェラで興奮してしまった義母の体にいやらしく電流が走るように体
をひくつかせながら感じている。大きい声は出さないが、小さくうめきなが
ら、その乳首から流れるいやらしい感触を感じているようだ。

「お義母さん、気持ちいいですか?」
「あはぁ、久しぶりだから、なんか変な感じがするけど、気持ちい・い・
い」

短パンの中に手をいれてクリをパンツの上からこすってみる。もうパンツ越
しにも義母がおまんこからいやらしい汁をにじませているのがわかった。

「お義母さん、もうぬれてきてますよ。」
「いや。言わないで!恥ずかしいじゃないの」

下着越しにクリをこすっているのだが、もう義母は、その感触に我慢できな
いように腰をくいくいと動かし始めている。義母がこんな風にいやらしく腰
を振るのは何十年ぶりなんだろう。そう思うとこのシチュエーションがたま
らなくうれしかった。

女を捨てていた義母が俺の手でまた、いやらしい女に
戻っているなんて考えるだけでも鳥肌がたつようだった。

「じゃあ、お義母さん。四つんばいになって。ソファに手をついてみてくだ
さい。」
「えっ?そんなのできないわ。」

と抵抗していたが、無理やりよつんばいに体勢をとらせるとおとなしく従っ
た。やはり、M女だから逆らうことはできないんだろう。そう俺は確信して
いた。

「これでいいの?でも、こんなの恥ずかしすぎるわ。もういいでしょ?」

そう懇願する義母を無視するように短パンをおろした。すると、さっきまで
は遠くからみているだけだった義母の下着が目の前に現れた。いわゆるセク
シー系のパンツではないので、大きい義母の尻を覆うようになった下着だ
が、すでに真ん中のあたりは色が変わりつつあった。もちろん、女が感じる
ときにたらたらと垂らすマン汁だ。

「お義母さん、すごいいやらしい格好ですよ。それにもうあそこから汁が垂
れてるんですね。」
「いやよ。もういいわよね。」

そういいながらも、見られている自分に興奮しているのか腰をふるとその動
きがまるで男を誘っているようでさらにいやらしい気持ちになる。

「だめですよ。ちゃんということ聞かないと。」

少し命令口調で強くいうと、簡単におとなしくなり、腰をフリフリしながら
こっちをじっと見つめている。まず、下着を尻の中心に集めてTバック風に
してみた。すると、義母は毛深かったのか、アナルの周辺からもいやらしい
毛がはみ出ていた。

「いやあ。私毛深いからみっともないでしょ?だから見せたくなかったの
ぉ」
「こんな毛深いみっともない姿のお義母さんすごくいやらしくて最高です
よ。」

そういいながらそのデカ尻をつかんでもみ始めた。両手で二つに分かれた尻
をもんでいるとちょうど目の前にあるアナルが目のまえでパクパクと動く姿
が見えて、まるでここにも早くいやらしい愛撫をしてくれと誘っているよう
だった。
義母はもうあきらめて尻をもまれる感触に身を任せている。

「じゃあ、お義母さんパンツも自分で下ろしてみてください。」
「えっ。。でも。抵抗してもだめなんでしょ?」

四つんばいになった体勢でこちらを向いてあきれたように義母はいった。俺
がにこっと微笑むと、今まで最後の一線で隠していたパンツを下ろし始め
た。

こちらに突き出したデカ尻の真ん中にあるマンコとアナルがついにみる
ことができた。辺りは毛深くマンコとアナルを覆い尽くすようにびっしりと
生えており、その中心に年の割にはピンクに色づいた女の中心が見えた。

すでにマンコからは欲望にまみれた女の汁がニュラニュラと流れて毛の先にも
その水の塊がくっついていた。
「へえ。お義母さんのあそこってこんな風になってんだね」

独り言をいうように義母にいったが、義母は無言でうつむいていた。ゆっく
り顔を近づけてにおいを嗅ぐ、そのにおいは中年の欲望の塊のようなにおい
がした。

「お義母さん、すごいいやらしいあそこしてるんだね、あとものすごいHな
においがする。」
「もうそんなこと言わないで、恥ずかしくてしんじゃいそう。」
「このあとどうしてほしいのかな??」

舌の先でクリをツンツンとしてそう聞いた。

「・・めて」
「ちゃんといわないとわかんないですよ」
「あそこなめてくれる?」

搾り出すように義母は言った

「あそこってどこかわかんないですよ。ちゃんと誰のどこをなめるかいわな
きゃ。」

そういって次は息をふっと吹きかけた。その息に敏感に反応した、義母は腰
をくねくねさせながら

「私のおマンコなめて頂戴!」
「違うでしょ、お義母さん。こういわなきゃだめですよ『由美子のいやらし
いどすけべマンコを婿のあなたの舌でめちゃくちゃになめほじってくださ
い!』って」

そういって一度マンコの中に尖らせた舌をいれてすぐに外にだした。

「あーん、もう意地悪な婿さんね、わかったわ。由美子のいやらしいどすけ
べマンコを婿のあなたの舌でめちゃくちゃになめほじってください!!!」
「お願いしますでしょ?」
「お願いします!!」

そういった瞬間、俺は義母のぐちょぐちょになったおマンコにむしゃぶりつ
いた。四つんばいだと舌をねじ入れやすいのでお願いどおり奥までなめほじ
る。

そのうち義母のマンコから蛇口の壊れた水道のようにいやらしい汁が大
量に出始めた。
その味はしょっぱいがいくらでもなめとりたくなる淫靡な味だった。
もう、義母はソファの端に口を押し付けながらよがり始めていた。

次は、顔をさげクリをチュパチュパと吸いながら、指をマンコの奥にねじこ
んだ。

生ぬるい義母のマンコの中は、すでに男を迎える準備は万端できてい
るようだったが、さらにおれは、指を激しく出し入れしながらクリから口を
離した。

「ねえ、お義母さん、次はどうしたい?」

俺は聞いた。
すると義母は

「もう、ここまでされて終われるはずないじゃないのよ。入れてあなたのお
ちんちん!」
「さっきも云ったでしょ?もっといやらしくお願いしないとだめだって。」
「わかったわ。淫乱でどうしようもないスケベな由美子のマンコにあなたの
でかチンポをぶちこんでくださいお願いします!」

そういった義母は単なる性欲にすがりつくメス豚のようないやらしい顔だっ
た。
俺は義母の入り口にチンポをもっていきほんの少しだけいれた。

「ほら、あとは自分で動かしていれてごらんよ。」

そういうと義母はゆっくりとデカ尻をチンポに近づけみずから迎え入れた。
義母の中はきつくはなかったが、グジュグジュとマン汁がたまってチンポを
つつみこみ、婿にぶち込まれたチンポからの快楽をさらに迎え入れようとし
ている。

「あはぁ、いいわー、このチンポ気持ちいい」

そういいながら義母は勝手に腰を前後に動かし始めている。もうとまらない
といった感じだ。俺もじっとできなくなってきたので、デカ尻をつかんで動
かはじめた。ズボズボボボ。

腰を打ち付けるようにチンポを出し入れする。結合しているところをみてい
ると、義母56歳の中年のマンコからでるいやらしいマン汁でてかったチン
ポが出たり入ったりしている。

「なあ、お義母さん、婿のチンポを入れられている気分はどうです?」
「もう、んん。あなたのチンポ気持ちよすぎる。もっと私のあそこにぶちこ
んでぇえええ!」
「まったく56歳にもなって息子みたいな男からはめられるなんて恥ずかし
い女だな!」
「だって、きもちんんん、いいから、あなたがこんなに気持ちよくさせてる
のよ。」
「でも、自分からチンポ入れてただろう?そんなメス豚みたいなことしてい
いんですか?お義母さん」
「はああ、んん。云わないで。だってこんなの久しぶりなんですもの!」
「この前SEXしたのはいつなの?」
「もう覚えてないわ、十何年してないから、あんあんんんん。もう、だめい
っちゃいそう。」

体を引くつかせながら義母は叫んだ。

「なに?もういっちゃうのまだ5分くらいしかしてないのに!」
「だって感じすぎちゃって、あっ!だめもう・・¥・・・・イク。。イクイ
クイクイクイクイク。チンポいっちゃう、もう!!!あああああああ!」

そう叫ぶと背中を仰け反らせた。
あまりにもあっけなくいってしまい、まだ俺は満足できなかったので、そん
なことはお構いなしにさらに深くチンポを突っ込んだ。

「そんな簡単にいっちゃうなんて、どのくらいスケベな体なんですか?」
「あああああ。いっちゃってるのに!久々で感じすぎてるの!許して。」

そういうとソファに体を投げ出した。今日はまだまだ時間はある。そう思い
ながら、義母に抱きついてキスをした。二人で恋人のようにだきついてキス
をした。

「お義母さんがこんなスケベだったとは知りませんでしたよ!」

二人でソファに寝そべりながら耳元でいうと

「私、今までこんなことしたことなかったんだから、そんないやらしいわけ
じゃないのよ!」
「すいません。でも、さっきの感じている姿すごくきれいでした。」
「ありがと。でも、感じすぎて汗たくさんかいちゃったわ。」
「そうですね。じゃあ一緒にお風呂入りましょうか。背中流しますよ」
「そうね、今日だけは秘密の中だもね、もうあなたにいかされて恥ずかしい
姿全部みられちゃったし。」
「そうですよ、じゃあいきましょうか。」
そういって裸のまま二人で居間を歩いて隣の風呂場まで歩いていった。
もっと読みたい方はこちらからどうぞ
[ 2017/07/10 ] 母親・義母 | TB(-) | CM(-)
18才未満閲覧禁止
管理人のRタンゴです。
このサイトはエッチな体験告白集です。騙しリンクはありませんので安心してお楽しみください。
人気ページランキング
ブログパーツ
スマホ・携帯
QR
検索フォーム
フリーエリア
現在の閲覧者数:
相互リンク募集中です

名前:
メール:
件名:
本文:


相互リンク募集しております。
小説・告白系のサイト様ご連絡ください。 できたばかりのサイト様も歓迎いたします。
怪しいバナーのあるサイト様はご遠慮ください。