エッチ体験告白ブログ

寝取られや人妻・熟女などの告白を毎日更新しています。
エッチ体験告白ブログ TOP  >  叔母・身内 >  親戚の家で雑魚寝をしたら従兄に指で行かされました

親戚の家で雑魚寝をしたら従兄に指で行かされました

お盆に母の実家である田舎の本家に親戚一同集まったときのこと。
 大人たちだけの宴会がはじまったので、子供だけ13人集まって10畳ほどの部屋に布団を敷き詰めて寝ることになったのです。
 当時16歳だった私は、二つつ年上と三つ年上の従兄たちに挟まれて布団に入りました。
 2人は年子の兄弟で、たまに会ったときには実の妹のように可愛がってくれたものでした。



枕投げをしたりしてひとしきり騒いだあと、その日は一日中外で遊びまわっていたこともあって、小さい子達もみんなぐっすり眠っていました。
 夜中に「はぁ、はぁ」という荒い息がかかるのを感じて目を覚ますと、隣に寝ていた三つ年上の従兄・ユウジが、横向きに寝ていた私の背中にぴったりと張り付いて腰を押し付けていました。

わざとそうしてるとは思わず、うなされてるのかな?と思って振り返ろうとすると、いきなり肩を掴まれていっそう強く腰をおしつけられました。
何か硬いものが私のお尻にあたっていて、耳元には熱い息がかかってきます。

 それでもまだ何かされるとは思いもよらず、「どうしたの?」と声をかけようとすると、肩を掴んでいた手が私の口を押さえました。
「静かにしてて……」
熱い息と一緒に耳元で囁かれ、その熱気が流れ込んでくるようで、カッと胸の奥に火がついてビクッと体が震えました。

ユウジの大きな手が私の頬を撫で、首筋をたどって二の腕を撫でさすりました。
 うなじに唇を押し付けながら脇の下から手をいれて、胸を鷲づかみされました。
痛みを感じるほど強く掴まれたのは一瞬で、そのあとはゆっくりと揉まれました。

 パジャマの上から乳首をかりかりとひっかかれると、息をちりちりと電気が走るような感覚があって、「ん、んっ」と声が出そうになるのを唇を噛んでガマンしていました。

ごそごそと動くような気配がして、ユウジは下半身裸になったようでした。
 まだ見たこともなかったけれど、ユウジは私のお尻の割れ目をなぞるようにペニスを動かしていました。

 パジャマの上からだったせいか触られた感触はあいまいで、気持ちがいいようなよくないような、でも足がもじもじしてくるようなもどかしい快感がありました。

 そのうちパジャマのボタンを外され、直に胸をもまれました。初めて乳首をつままれたときには「あっ」と声をあげてしまい、一緒に寝ていた従兄弟たちはぐっすり寝ていて大丈夫でした。
遠くから聞こえる親戚たちの宴会の声に、鼓動が痛いほど強く早くなっていました。

 私のパジャマのズボンに手を入れると、ユウジはショーツの上から何度も何度も指で割れ目をなぞりました。
 クリトリスやそのそばの自分の湿ったところを触られるのは初めてでした。
何度かだけしたことがあったオナニーはショーツの上からクリトリスのあたりを撫でるだけだったので、指が入るのも初めてです。

 あれから5年経ち、それなりの性経験はありますが、あの時のペッティングが一番気持ちよかったと思います。

「濡れてる……」と、独り言のように呟いてため息をつき、ユウジはいっそう息を荒くして私のショーツを脱がしにかかりました。
 太股まで下げてから足を使って蹴るように脱がそうとするんですが、足の爪が当たって痛かったのを覚えています。

 けっきょく横に寝たままの格好ではそれ以上脱がす事ができず、膝まで脱がしただけでユウジはお尻の間からペニスを挿しいれてきました。

 スマタっていうんでしょうか、亀頭のくびれがクリトリスにあたってたのかなと思うんですけどとても気持ちが良く、何も知らなかった私は「とうとう処女を失ってしまった」と思いながら「ん、ん、んっ」と深く挿し込まれるたびに小さく声を上げていました。

 ぼんやりしながら揺すぶられていると、荒い息が顔にかかってくるのに気づきました。
 目を開くと(開いて初めて目を閉じていたことに気づいたのですが)、二つ年上の従兄のタケシがこちらを向いていました。

豆電球がついただけの薄暗い部屋の中で、タケシの目は少し潤んでいるのが解りました。
 ゆらゆら揺すられながら、私はじっとタケシと視線を合わせたまま見詰め合っていました。
 布団の盛り上がりやその下の動きから、いつから見ていたのか、タケシは自分のペニスをしごいてるようでした。

 私は、いつもは子供扱いする従兄たちから『そういう対象』とされてることに誇らしさを感じ、その時には触れられていなかった胸にタケシが触れてくれればいいのにと思いましたが、タケシは最後まで私をただ見ているだけでした。その時は。

 ぎゅううっと強く抱きしめられたかと思うと私の腰からお尻にかけて押し付けられた。
 体がビクビクッと震え、スマタのままユウジのペニスから出たもので私の陰毛はぐしょぐしょに濡らされてしまいました。
そのすぐ後にタケシも「んんっ」と小さく声をあげて達したようでした。

 三人でぐったりと脱力し、「はぁ、はぁ……」と息を整えている間にも、遠くからは親戚の大人たちの声が聞こえていました。

最後までやってないけど、その時にはやったと思っていたので。
 
その後、本家の総領息子が昔使っていた納屋に三人で集まってちゃんとしました。
関連記事
もっと読みたい方はこちらからどうぞ
[ 2017/06/30 ] 叔母・身内 | TB(-) | CM(-)
18才未満閲覧禁止
管理人のRタンゴです。
このサイトはエッチな体験告白集です。騙しリンクはありませんので安心してお楽しみください。
人気ページランキング
ブログパーツ
スマホ・携帯
QR
検索フォーム
フリーエリア
現在の閲覧者数:
相互リンク募集中です

名前:
メール:
件名:
本文:


相互リンク募集しております。
小説・告白系のサイト様ご連絡ください。 できたばかりのサイト様も歓迎いたします。
怪しいバナーのあるサイト様はご遠慮ください。