エッチ体験告白ブログ

寝取られや人妻・熟女などの告白を毎日更新しています。
エッチ体験告白ブログ TOP  >  母親・義母 >  先輩と不倫セックスしている母に僕も横から挿入した

先輩と不倫セックスしている母に僕も横から挿入した

僕は16歳で、40歳の母と二人暮らしです。
僕は少し言語障害で、訓練所に通っています。そこの先輩、19歳のイケ面の人と仲良くなり、半年くらい前から時々僕の家に遊びに来ています。
母も先輩と気が合うのか、いつも仲良くお話をしたりしています。
2月頃のことですが、先輩が「お前の母さんとおまんこするで、ええか?」と言いました。
小柄でややポチャで真っ白い体の母に、先輩はいつも「おばさんとやりたい」と言っていた。


僕は「ええ~ほんと~マジで~」と驚きましたが、

先輩は
「本当や、昨日お前の母さんの手を握ってお尻も触ったがニコッとして怒らへんかったで。」

「手を握ったままで首に手を回して、おばさん、俺、おまんこしたいねん、ええやろ?と言ったら、
え~そんなんあかんわ~と下を向いたままで言った顔を見たら赤い顔して声も震えていたで。」

「今日お前の家に泊まるわー」
と言った

僕は「別にいいけど」と言って、承諾した。

夜のことです。

母に、「今日先輩が家に泊まるからね」と言うと、母は少し考えるようにしながら「フフ~ンそう」と言った。

3人で食事をして、お茶を飲む間も母も先輩も何かしらんけど無口でした。

風呂に入り、寝る時間になった。

僕の部屋の隣が、襖一枚で母の部屋です。

寝床で先輩が、「今から行くで」と言って襖を開けて、母の部屋に入った。

母は驚いた様子で「なに?」と言うと、先輩は母の布団に入る様子が聞こえた。

母は「あかん、正樹がいるしあかん、あかん」と言った。

先輩は、「正樹は一階に行ったし、ええやろ?」

襖の間からこちらを覗いてみていた。

先輩は布団をめくり、母に覆いかぶさるようにしてキスを仕掛けていた。

母は手で拒否するようにしていたが、おとなしくなった。

二人はキスをしていた。母は先輩の背中に手を回して抱き合うようにしていた。

それから、いろんなことを小声で話していたみたいだったが、二人は服を脱ぎだした。

僕はもう心臓が止まるくらいドキドキとして震えが来た。

二人はもう丸裸になって先輩が上に乗ってモゾモゾとしていたかと思うと、その後は必死で腰を上下に振っていた。

母の顔を見ると真っ赤で、唇を噛んでウ~ウ~と声を出さないように押し殺しているみたいでした。

10分くらいすると、母が口を開けて「ア~ア~ア~」と吼えるような声を出した。

先輩の動きも止まった。

僕はというと、もう怖いやら震えるやらチンポはギンギンに大きくなり、身体も硬直したようになって動けなかった。

やがて先輩が部屋に戻って、僕の顔を見てVサインをした。

その日から、先輩は僕の家に泊まりこみで母とおまんこをした。

母は、最近ではもう僕が隣の部屋にいることも知りながら先輩と抱き合って寝ていました。

母がいないとき、先輩が「おばさん、最高やね、気持ちええよ。お前もしたら?」と言って笑った。

僕は、「おまんこしてみたいけどオカン怒るわ」と言うと

先輩は、「今日計画しよう、お前チンポは立つか?それと皮は剥けているか?」と聞いた。

僕はいつもオナっているので皮は綺麗に剥けていました。

夜になって、先輩が「ええか、俺が先にやるからその後、パンパンと手を叩いたらすぐにそっと入って来いよ?」と言って母の部屋に入り、いつものようにセックスを始めた。

この頃では、母も先輩もあたりかまわず、大きな声で喘いでいた。

最近、二人は長い時間やるようになった。

例のごとく、母が吼えるような声で一回が終わっても5分位したら、また又二人が上になったり下になったりしている。

そして間もなく喘ぎ声で終わったようだ。

母が小声で、「ねぇ~もう一回、いいでしょ~ねえ~」と、ねだるようにしていた。最近は母がしつこいみたいだ。

見ると、先輩は母の股に指を持って行き、ピチャピチャと音を出した。

そして、手でパンパンと音を出して僕を手招きした。

僕はドキッとしたが『落ち着け、落ち着け』と自分に言い聞かせ、服を脱いでギンギンになったチンポを握り、『よし、行くぞ!』とそ~ッと襖を開けてゆっくりと入った。

母は気持ちよさそうに目を瞑り、口を大きく開けて僕の存在も気がついていない。

先輩は手招きして母に乗るように言った。

僕が白い母の身体に跨り、乳にしゃぶり付くと、母が目を開けてアッとした感じで、「あんたはもう、あかん!あんたはあかん!」と僕を払いのけようとしたが、先輩が母の手を押さえ、僕のかを見てうなずいた。

そして、先輩が母の足を開いてくれた。

僕は必死で母の股を探り『ここやな』と思い、チンポを手で入れた。

以外に母のおまんこは開いていて、スル~という感じで入った。

何かぬるぬるでベチョベチョして扱った。

腰を動かすと、なんともいえない感触で気持ちよかった。

しばらくすると少し落ち着いてきて、母の顔を見ることが出来た。

母は顔を左右に振り、「正樹~あかんよ、あかんわ~」と口では言いながら、僕の両手を手で持ち、擦るようにしていた。

5分くらい出し入れをすると僕は思わず射精しそうになったが、オナニーで我慢を出来るようになっていたので動きを止めて、またこすった。

なんというか、気持ちが良くて感激、母より先輩に感謝した。

しばらくすると母は目を瞑り、アウッアウッと息使いが荒くなった。

見ると母は先輩の手を握って、僕に身体を任せていた。

そして次の瞬間、母は唇を噛み、ウウ~と必死で声を殺して身体を震わせていた。

同時に、おまんこから熱湯が出たように熱くなり、チンポを包み込むような感触を感じ、思わず僕は射精した。

僕は黙って部屋を出た。

服を着ていると、隣の部屋で母は先輩に、
「もうイヤヤワ~あんなことして、アホッ!」

先輩は
「ええやろ、気持ちよかったんやろ?」

そっと見ると、母は先輩のチンポをいじくって、「ネェ~」とおねだり。

先輩も母も、なぜか異常に興奮して奇声を上げながらまたはじめた。

僕のチンポも再び立っていた。

裸になって傍に行き、先輩の下になって喘いでいる母の口を吸った。

今度の先輩はすぐに終わった。

母から降りたので、僕はまた母に乗った。

今度は、手を添えなくてもすぐ入った。

母のおまんこはもう開いたままでヌルヌルで太腿の方までドロドロとして、ネチネチした液が付いていた。

それでも凄く気持ちが良かった。感謝感激。

母は最初は気持ちよさそうにしていたが、しばらく擦っていると「正樹、痛いわ、イタタタ」と言うので仕方なしに抜いた。

射精してないので、オナって母の腹の上に出した。

僕の初体験は、そんな感じで母とした。

そのあくる日、先輩が来ました。

母はまだパートから帰っていませんでした。

先輩が、「お前どうやった、気持ちよかったか?」と言うので

「また母さんとしてもいい?」と言うと、

「ええよ」と言って笑った。

よく考えてみたら僕の母なのに、なんで先輩の許可がいるのかと変な感じがしたけど、『マァええか』と納得した。

母が帰ってきた。

僕と先輩の顔をチラッと見たけど、そ知らぬ風で、「ただいま、お腹すいた?すぐご飯用意するからね。」と言って、台所に入った。

僕と先輩は、顔を見合わせてニタッと笑った。

先輩は、「今日やる?」と聞いたので、「したいけど母がどういうかな」と言うと、「いいからいいから任せとけ」と言われた。

そして母の傍に行って、「おばさん好きや~」と言いながら腰に手を回して、お尻を撫で回していた。

母は包丁の手を止めて、「もうこんな所でイヤヤワ~」と顔を赤らめていた。

先輩は、「今日、正樹もええやろ?」と言うと、

「エ~!!あんたそれでもいいの?」

「別にいいよ、俺は」

母は、「こんなんおかしいやろー」と苦笑いをした。

先輩は「時々ならええな」と押さえ込むように言った。

母は、少し興奮したような声で、「もう~」と言いながら、後ろを向いて先輩の鼻をこ突いた。

それからご飯を済ませて、風呂に入ってからビールを飲みだした。僕も先輩に薦められて飲んだ。

ビールは前から時々飲んでいたので慣れていました。

みんな少し酔ったようになっていていました。

先輩は母の横に座って悪ふざけを始めた。

ガウンの下から母の下半身に手を入れて、もぞもぞとしていたら、母は「も~」と言いながら目を瞑っていた。

先輩は母のショーツを脱がせ始めた。

母は「アカン」と言ったが、かまわずずらせて脱がせてしまった。

そして、ガウンを捲り、両足を思い切り広げて「おばさんじっとしていて」と言って、携帯で写メった。

今度は、僕の手を取って見るように仕向けて、母の両手を割れ目に持っていって「おばさん、思い切り開いて」と言って母の手を持った。

「割れ目を開いてじっとしていてな」と言ってバチバチと撮った。

母は目を瞑ったままで顔を真っ赤にしていた。

「おばさんまだやで」と言って思い切り開かせた。

見ると、黒い割れ目の割には中の方はピンク色でじとっと濡れ気味で、ヒダヒダが有り、奥のほうは何かコリッとしたような肉があった。

初めて見たのでなんか気持ち悪かった。

でも、チンポはもうガチガチに立っていた。

母はもうメチャメチャな事に諦めたように、どうでもしてっという顔をしていた。

先輩が母の両足を持ってソファの端に引き、足を開いて、僕に「早くッ」と言って、母に入れるような仕草をした。

僕は急いで下着を脱ぎ、両膝を床について硬くなった。

チンポを割れ目に宛がってグイッと突いたらあっけなく根元まで入った。

瞬間、母がアウッと声を出した。

僕も柔らかくて暖かいおまんこの感触にアァこれや、気持ちいい~と思わず声が出た。

腰を動かして出し入れをすると気持ちよさが半端ではなく、気が遠くなりそうでした。

母も気持ちよさそうに目を瞑り、口を半開きにして僕が動く度に「アウッ、アウッ」と唸っていた。

気がつくと、先輩が一生懸命で二人の行為を写していた。

余りの気持ちよさに、僕はあっけなく射精した。

母の割れ目を見ると、割れ目は開いたままで僕の出した液がタラタラと出ていた。

僕はソファが汚れそうなので傍にあったパジャマで拭こうとしたら、もう裸になった先輩が僕を払いのけて母に乗りかかった。

僕は一瞬『汚くないのかな』と思ったが、よく考えてみたら昨日の夜も先輩が出した精液のあと僕がやったのを思い出した。

二人とも凄い声を出してセックスをしていた。

母はもう、僕がいても恥ずかしくないみたいな様子でした。

時々、僕の方を血走った目で見たり目を瞑ったり、チンポとおまんこの方を覗くようにしたり、もう動物のようでした。

後で先輩に聞いたのですが、母に「二人だけのおまんこと、俺と正樹と順番のおまんことどっちがいい?」と聞いたら、

母が、「う~ん正樹とのことは抵抗が有るけど、でも興奮して今までに味わったことのないほど気持ちいいよ」と言っていたらしい。
もっと読みたい方はこちらからどうぞ
[ 2017/05/17 ] 母親・義母 | TB(-) | CM(-)
18才未満閲覧禁止
管理人のRタンゴです。
このサイトはエッチな体験告白集です。騙しリンクはありませんので安心してお楽しみください。
人気ページランキング
ブログパーツ
スマホ・携帯
QR
検索フォーム
フリーエリア
現在の閲覧者数:
相互リンク募集中です

名前:
メール:
件名:
本文:


相互リンク募集しております。
小説・告白系のサイト様ご連絡ください。 できたばかりのサイト様も歓迎いたします。
怪しいバナーのあるサイト様はご遠慮ください。