エッチ体験告白ブログ

寝取られや人妻・熟女などの告白を毎日更新しています。
エッチ体験告白ブログ TOP  >   >  姉におっぱい見せてって頼んだら乱交に発展した

姉におっぱい見せてって頼んだら乱交に発展した

俺は中1のとき既に性に興味があり、そして飢えていた
俺には5つ上、つまり高3の姉がいた
姉はめちゃくちゃかわいいというわけではなかったと思うがとにかく胸がデカかった
当然だが、クラスの女子とは比べものにならない
俺はどうしても姉をエッチな目で見てしまった


夏休み明け、姉は受験生だし7時頃までは学校に残って勉強してるから姉の部屋で何しようがばれない
親も共働きだから帰るのが遅い
そんな浅はかな考えで俺は姉の部屋に入った
まあやっぱりまずは下着が見たい
ブラジャーやパンツはいろいろなものがあり、白、水色、ピンクなどが多かった
まあそれでも紫とか赤もあったが
女子高生ってこんな派手なの着けてんだ、とか思った

あんまりさばくるとばれそうなんでその日はそこでやめた
そして癖になってしまいほぼ毎日やってしまった
そしてそれから2週間くらいたったある日、姉が俺の部屋に来て、
「H(俺のこと)、私に何か言うことない?」
「言うこと?別にないけど」
「実はね、私の下着が荒らされてるみたいなんだよね。あんたなんか知らない?」
俺は驚いて少し黙ってしまった
「やっぱりね。まあ興味持つのはわからなくもないから今回は見逃すけど、もうやめてね」
正直なんでばれた?って感じだった
まあでも、姉も大事な時期っぽいし少しの間控えることにした

そして俺は学校でその話を仲のいい木村と川田に話した
木村「バカじゃんお前、てゆーかすげえ度胸あるな」
川田「俺らも呼んでくれよー、ちなみにブラどんなだった?」
俺「デカかった、てゆーかFカップだった」
木村「Fって相当じゃね?」
俺「だからまあ価値はあったよなー」
木村「あれ?確か川田も姉ちゃんいたよな?いくつだっけ?」
川田「高2だよ。言っとくけど下着は見ねーぞ」
俺「なんでだよー、いいだろー」
川田「やだね、ばれたらやだし」

それからぐだぐだ話してるうち、川田は何カップか見てくることになった
結果、川田の姉はCカップだとわかった
まあ普通の大きさだろう

そうなってくると俺の姉はやっぱり巨乳なんだと思う
そして俺ら3人はますます俺の姉に興味が出てきた
何とかして見たい、てゆーか触りたい

俺らは3人とも当然のことながら童貞で、興味が出てからは生で見たことなど1度もない
俺は姉の風呂を覗こうと思ったことはあるが、ビビッて1度も覗いたことがないヘタレだ
そして俺らはなんとかして胸を見たり触ったりできないものかと考えた

弱みを握るとかもありだと思ったが、流石にそれはどうかと思い、とにかく頼み込むことにした
姉は土日も学校やら図書館やらに勉強しに行っていて、家にはほとんどいない
だけど11月に姉は推薦入試を受けて、受かれば土日は家にいるとのことなのでそこを狙うことにした

そして11月の終わり、姉は見事合格した
俺ら3人は合格発表の次の日曜日に姉の部屋に行き、
木村「あのー、ちょっとお願いがあるんですけど」
姉「私に?何?」
いざ言おうとするとやっぱり恥ずかしい

川田「えっともし、僕らがお姉さんにおっぱいが見たいって言ったら見せてくれますか?」
一瞬空気が固まったのを憶えてる
姉「は?おっぱい?」
俺「やっぱ戻ろうぜ、俺が恥ずかしい」
姉は少し黙っていた
川田「お願いします、マジでほんと、どうしても見たいんです」
姉「えっ、本気で?」
川田「もちろんです、お願いします」
姉「見たいのはわかるけど、なんで私?」
川田「お姉さんのがいいんです」
姉「いやでも流石にそれは無理でしょ」

それから粘ってみたが結局見せてはもらえなかった
まあ当たり前っちゃあ当たり前だが
2人が帰った後、
姉「なにあれ?どういう事?」
俺「えーと、まあそのまんまだよ。単純におっぱいが見たかっただけ」
それから1週間くらいたったある日の夜、姉が俺の部屋に来て、
姉「前の胸が見たいって話だけど」
とか言ってきた

俺は正直恥ずかしすぎて忘れたかったことなので黙った
姉「お母さんたちが旅行でいない今度の3連休なら見せてもいいよ」
俺「えっ、それ本気?」
姉「本気だよ。それと私1人じゃ嫌だから私の友達呼ぶから」
俺「マジで、てゆーかなんで急に?これだましじゃないよね」
姉「それと呼ぶのはあの2人だけね」
まさか本当に胸が見られるとは。
しかも1人じゃ嫌だから友達連れてくるってことはその友達のも見れるってこと。
もうウハウハだった

だけどなんで急に気が変わったのかがよくわからなかった
両親は土曜の朝に家を出て、月曜の夜帰ってくる
わざわざ親のいない休日を選んだのだから見る以上のことも期待していいんじゃないかと思っていた

そして土曜日の午後、俺の部屋に集まった
姉の友達は結花といい、その日は寒いのにミニスカートでめちゃよかった
顔はまあ普通って感じだった

結花「じゃあ、揃ったみたいだしはじめよっかぁ」
結構明るくて元気な人みたいだ
木村「てゆーかなんでOKしてくれたんですか?」
結花「あー、私らもう受験ないから暇だし、まあなんか面白そうだったからねー」
結花が姉の胸を後ろから持ち上げた
結花「この胸が見たかったんでしょー。」
姉は恥ずかしそうに抵抗している
結花「いいじゃん、いいじゃん。後でどうせ全部見せるんだからさ」
その光景だけでもめちゃエロく感じた

結花「じゃあそろそろ脱ごっかなー、どっちからみたい?てゆーか私のも見たい?」
木村「もちろん見たいです」
姉「脱ぐのは2人一緒にだよ」
結花「亜紀(姉のこと)は恥ずかしがりやだなぁ、じゃあ脱がせたい人ー」
川田「いいんですか」
姉「ダメダメ、自分で脱ぐ」
結花「だそうです、ごめんねー」
まあ冬だし2人とも結構着てた
そして2人ともブラジャーになった

さっきまではしゃいでた結花もやっぱり恥ずかしかったのか顔を赤くしていた
手で胸を隠す感じがたまらなかった
そこから見える谷間は最高だった
確か姉はピンクのレースで結花は青の結構派手なやつだったと思う
川田「じゃあ最後までお願いしまーす」
2人共ホックは外しておいてせえので取るようだ
俺はすでに起ってた

そしておっぱいが出た
姉の胸は想像以上にデカかった
形は少し下を向いてて釣鐘型ってやつだったと思う
結花の胸は、大きさは姉ほどではないが張りがある感じできれいだった
流石女子高生とかめちゃ思った

結花「じゃあ感想はー?」
俺「もうやばいです、結花ってそれ何カップですか?」
結花「えーと、私は川田だねー。亜紀はFだっけ?羨ましいなー」
姉「そんなことないよ、結花だって結構大きいじゃん」
木村「どうせなら今からバスト測りません?」
俺「てゆーか、どうせならスリーサイズを」
結花「スリーサイズは無理。バストだけねー」
川田「ちょっと待って、その前にやることがある」
結花「やること?あー、わかった。触りたいんでしょ」
川田「だめですかね」

俺は測るときに揉んでやろうとか思ってた
結花「まあいいよー、触っても。どうせ測るときに触られるだろうからねー」
そして3人で2人の胸を触った
2人の胸はやわらかかったが結花のは張りがあって少し硬さがあった
触っていると乳首が少し硬くなったのがわかった

姉「ちょっと、触るだけだってば」
どうやら川田が姉の胸を舐めたらしい
川田「もういいじゃないですか、俺もう我慢できないんですよ」
そう言って乳首にしゃぶりついた
姉「きゃっ、ちょっと待って」
それを見て俺と木村も我慢できなくなり2人で結花の乳首にしゃぶりついた
1人の女子の胸に2人の男がしゃぶりついているのは、おかしいんじゃないだろうかと今は思う

結花「ちょっとストップ、はいやめるー」
2人は少し俺たちから離れた
結花「舐めたい気持ちもわからなくもないけどちょっと待って。1度やめよう」
川田「なんでですか、もういいじゃないですか」
川田は俺ら3人の中でも1番溜まっているようだった
結花「なんでっていうか、ちょっといきなりすぎ」
川田「あんだけ胸触らせてくれたんだから、こっちもそれ以上のことしたくなっちゃいますよ」
いきなりすぎたといえばそうかもしれないが、そういうのがOKみたいな感じだったのも確かだ

でもなんだかこのままだと姉と結花の気が変わってしまうかもと思い、
俺「まあとりあえず触るのは1度やめて他のことしよう」
結花「そうだねー、いいこと言うじゃん」
木村「じゃあさー、下も脱ぎません?」
姉「下?ってほんとに?」
川田「おお、それは賛成」
結花「下ねー、どうしよっかなー」
俺「じゃあパンツは履いてていいよ」
結花「まあそれならいいよー」
これで2人ともパンツ1枚になった
まだやっぱり恥ずかしいらしく2人とも片手で胸を隠している
あとはどうやって最後の1枚を脱がすかだ
ここまできたらやっぱり最後まで見たい
そしてできればしたい

結花「この下見たい?」
木村「見たいです、脱いでほしいです」
結花「もし私らがこれ脱いで裸になったとして、その後どうする?」
川田「触ったり舐めたりします」
結花「あはは、素直だね。いいよ、しょうがないから脱いであげる」
姉は少し抵抗があるようだったが、脱ぐことにしたようだ
2人には立ってもらい、そして脱ぎだした
すぐに隠して座ってしまったので、
川田「じゃあ、ちょっと気を付けしてよ」
そして2人はしぶしぶ立ち上がり、気を付けをした
陰毛は姉はかなり生えてて、結花のは姉に比べれば少なかったと思う

当然だが、2人とも顔は真っ赤だった
川田「じゃあ触ってもいいですか?」
結花「しょうがないなー、まあいいよー」
ベッドのふとんを下に置き、結花がベッドで姉が下という形で横になってもらった
俺は姉の身体を触りまくるというのは少し気が引けたので結花を触った
木村と川田は姉の巨乳がよかったのかそっちにいった
そして2人が姉の胸にしゃぶりついた

姉「あうっ、ちょっ、いきなり?」
それを見て俺も結花の胸を揉みながらしゃぶった
俺は当然こういうことをしたことは1度もないのでどうすればいいかわからなかった
だからとにかく触ったり舐めたりした
乳首はもうかなり硬くなっててエロかった
俺は興奮しすぎて、胸やアソコはもちろん首、脇、へそなどとにかく舐めまわした
たぶん結花は気持ちいいどころか、舐めまわされて気持ち悪かっただろうが黙って続けさせてくれた

それでもエロい声は少しは出してくれるし、アソコを舐めるとビクッてなるし楽しかった
最初に指を入れるときは本当に入れていいのかと少しためらったが2本入れた
たぶん30分か40分くらい触ったり舐めたりしてたと思う
初めてで夢中だったとはいえ、よく飽きなかったなと思う
だけど俺が結花に言われてやめたとき、まだ木村と川田は続けてた

結花の身体に夢中で気付かなかったが姉は「あっ」とか「やっ」とか言って触られてた
まあ結花も声は出してたけど姉のは相当だった
1人が上半身でもう1人が下半身って感じでやってた
結花曰はく姉は巨乳だけど感じやすいらしい
時間はもう6時を過ぎていた

2人を1度止め、
結花「これからどうする?もうすぐ7時になっちゃうけど」
木村「俺ら泊まるつもりだったんですけど、結花は?」
結花「親に連絡すれば泊まれるけど」
俺「じゃあ泊まりましょう、まだまだこれからなんで」
結花「こらこら、これからってねー。まあここで終わるのもなんだしねー。特別にご飯食べて続きしよっかー」
それから2人は服を着て、結花は親に電話、俺ら3人はコンビニに晩飯を買いに行った
行く途中、姉と結花の話で盛り上がった
2人に同時に責められたからなのか姉は相当喘いでいたらしい
そしておそらく1度はイッたらしい

巨乳は感じにくいと思っていたがどうやらそうではないらしい
俺ら3人は最後までさせてもらえることを確信し、かなりテンションが高かった
晩飯を食べて少し休憩してからもう1度俺の部屋に戻った
もう早く続きがしたくて仕方がなかった
結花「今からどうするー?」
川田「普通にさっきの続きがしたいです」
結花「だってさ亜紀。もっと触りたいんだって」
姉「えっ、結花は?」
結花「私はどうしよっかなー」
俺「俺はやく最後までしたい」
結花「最後までかー、まあここまで来たしねー」

そして俺は結花を押し倒して服を脱がしてまた全裸にした
姉は服を着たまま触られてた
晩飯の前にシャワーを浴びたらしく少しほてってた
10分くらい触ってから
俺「結花、もう入れたい」
結花「えっ、早くない?」
俺「早く入れたくてしょうがない、てゆーか結構もう濡れてると思うけど」
結花「まったく、しょうがないなー」
俺「俺バックでしたい」
最初入らなくて少し焦ったが俺は初めて挿入した(当然ゴム有)

結花はふとんを掴んでた
そして俺は腰を動かした
遊んでそうな感じだったが結花のアソコは結構きつかった
動かしてみても亜紀Vみたいにパンパンって音はあんまり出ない
それでもかなり気持ちよくて最高だった
抜いた後、結花は少しぐったりしてたがまた触った
隣で姉としてる2人はまだ入れてないようだった
てゆーかいつまで触ってんだってくらい触り続けてた
俺は1回ヤッたくらいじゃ全然満足しなかった
今日は泊まりだし明日は日曜だからヤりまくれる、そう思ってた

俺「結花、もっかい入れていい」
結花「えっ、また?今したばっかじゃん」
俺「俺のもう起ってるし、今度は騎乗位で」
結花「私、騎乗位とかしたことないんだけど」
そして俺が寝て、結花が上に乗り挿入した
結花は後ろを向いてたので顔は見れなかった
やっぱり入れる時の感覚がたまらない

生でヤりたいとか思ったけど流石にダメだろうから聞かなかった
騎乗位が終わったとき、隣では姉も挿入されてた
このときは川田が普通に正面でヤってて、木村が胸を揉んでたと思う
毎日見てる姉の顔だけどかなりエロく見えた
てゆーか彼氏でも何でもない俺らにヤらせてくれるって淫乱過ぎだろとか思った

後で聞いたら姉は高1のときにクラスの男子としたことがあるだけで彼氏とかは無いらしい
それに対して結花は中3のときと高1のときに2人と付き合ってそれ以来らしい
まあ結花がしたのは彼氏だから普通だけど、好きだったのかもしれないが付き合ってもいない男子とした姉はどうなのだろうかと思った
俺「結花、フェラしてよ」
結花「フェラって、やだよ」
俺「したことは?」
結花「あるけど」
俺「じゃあいいじゃん」

手で触られるだけでもやばかったが、フェラはそれ以上にめちゃくちゃ気持ちよくて、すぐに口の中に出してしまった
結花はむせていたが、俺のはまだ出てて声をかけられなかった
それから正乗位をやった
入れられてる時の結花の顔がたまらなかった

結花「ちょっと、1度休憩しよ」
結花はそう言っていたが、裸の女子が目の前にいる状態では俺は自分を抑えられず結花に覆いかぶさってしまった
結花「わかったからちょっと待って。1度シャワー浴びたいんだけど。浴びたらまたしていいからちょっと待って」
そう言って結花は服を着て部屋を出ていった
そのとき姉も「私も」みたいなことを言ってたが川田と木村が許さなかった
姉の身体は白い液体が所々についてて、相当ヤられたんだなとか思った
てゆーか2人を相手にしてるんだから結花よりもよっぽど疲れてるだろう

それから姉はバックで挿入され、もう1人のを咥えるという普通亜紀Vでしか見られないようなこともやってた
しばらくして風呂上がりで色気たっぷりの結花が戻ってきた
それから休憩などもはさみながら相手を変えたりしてヤりまくり、気が付くと午前3時だった

こんだけヤりまくったんだからもう全員ぐったりで、特に結花と姉は完全にばててた
これはもうなかなか体験できない最高すぎる出来事だった
特に結花のフェラや姉のパイずりしながらのフェラは最高だった
男子3人はパンツだけ履き、女子2人には全裸で寝てもらった

俺の部屋のベッドでは全員は寝れないので、男子の要望で俺の部屋で俺と結花、隣の姉の部屋で残りの3人が寝た
俺の目が覚めたのは7時頃だが、隣には全裸の結花がまだ寝てて、俺は我慢できず襲ってしまった
最初は無反応だったが、ときどき「んっ」て言うのが可愛かった

結花「やっ、ちょっ」
思いっきりビンタされたのを憶えてる
まあ起きたら男が自分の胸を舐めてたんだから当然の反応だと思うが
今日も1日ヤりまくりたいとか思って結花に言ってみたが、まあ案の定断られた
結花と姉は昨日の夜だけで3人の相手をして2人とも10回以上ヤられてるんだから断られて当たり前か

結花は少し身体が痛いとか重いとか言ってるし諦めることにした
部屋を出て姉の部屋に入ろうとするとドア越しに姉の「あっ」「んっ」とかいう声が聞こえてきた
まさかとは思ったが、朝からばんばんヤってた
姉が壁にもたれかかってバックで突かれてた
俺も同じようなことをやろうとしてたわけだから他人のことは言えないと思うが、ちょっと引いた
それを許す姉にも驚いた

結花「えっと、お楽しみみたいだから私先帰るね。また学校でね亜紀」
結花も流石にちょっと引いたんだと思う
このまま1日中ヤりまくるんじゃないかって勢いだった
俺も結花とヤりたかったけど、さっき断られたばかりだしやめた
姉って意外とヤリマンなんじゃ?とか思った

3人はそれから昼までずっとヤってたのかもしれない
俺もときどき姉の部屋に行って触ったりしたが、2人はよく飽きないなと思ってた
姉は完全にぐったりしてて、立ってもふらふらするほどだった

最後には姉は動けずベッドでぐったりしてて、そこに2人が触ったり挿入したりしてた
さすがに姉がかわいそうに思えてきたので、続きはまた今度と2人に言い聞かせてやめさせ、2人を帰した
もっと読みたい方はこちらからどうぞ
[ 2017/06/10 ] | TB(-) | CM(-)
18才未満閲覧禁止
管理人のRタンゴです。
このサイトはエッチな体験告白集です。騙しリンクはありませんので安心してお楽しみください。
人気ページランキング
ブログパーツ
スマホ・携帯
QR
検索フォーム
フリーエリア
現在の閲覧者数:
相互リンク募集中です

名前:
メール:
件名:
本文:


相互リンク募集しております。
小説・告白系のサイト様ご連絡ください。 できたばかりのサイト様も歓迎いたします。
怪しいバナーのあるサイト様はご遠慮ください。