エッチ体験告白ブログ

寝取られや人妻・熟女などの告白を毎日更新しています。
エッチ体験告白ブログ TOP  >  学生・教師 >  図書館での座位は意外に気持よかった

図書館での座位は意外に気持よかった

20年前の大学一年の頃 
俺は中古車の購入に向けて春からバイトを始めていた
そんな中、バイト先の高校一年の菜緒と良い仲になり
5月頃から付き合うようになった。
とはいっても最初はデートしても爽やかにキス程度。
菜緒の両親が公務員という事も有り、デートは午後7時30分まで
帰りは家まで必ず送り届ける。と
慎重に慎重にと誠意も見せたつもりだった。


付き合って3ヶ月目位に夏休みに入りデートも増えた頃になり急激に俺たちは大胆になっていった。

ディープキスを初めて公園で… 服の上から胸を揉む、スカートを少しだけまくってみる 太股を触るなど 

しかしまだ俺たちには何か歯止めが掛かっていた

両親のことも有るし俺も実は初めてだったのだ。

菜緒は153センチ 控えめな安倍なつみイメージ 推定Cカップ

痩せてはいないが太ってもいない、全体的に目立つタイプではなく

誰からもモテるタイプと言うわけではなかったが笑顔が可愛かった。

服装は何時も可愛いタンクトップやチビTシャツ、

短すぎないデニムタイプのスカートが多かった。

下着はたまにちょっと大胆な色も付けていたことは盗み観ていた。

やはり両親の目も有り厳しいんじゃないか…やはり慎重に慎重に…

俺自身が平凡な家柄平凡な男で

バランス的にはちょうどよいんじゃないかと勝手に思っていた。

8月に入り俺たちは初めて海に行った

そこで観た菜緒にビックリ!なんというグラマーな体!

一瞬言葉が出なかった

「どうしたの?」

「いっいや…」

「え~一生懸命水着選んだのに可愛くなかった?」

「可愛いよ」

…っていうかグラマーエロいよってとは心の中にしまい込んだ。

全体がピンクで白い縦シマシマの入ったビキニ

推定CよりD、E?首後ろかで結んでいるブラひもから

何か胸のあたりでぐっと引っ張り上げているかんじ?

白の縦シマシマがお尻のラインとともに外側に歪んでいる感じが中肉中背タイプの体を象徴している。

しかしクビレはしっかりしていてボリューム有るお尻から足なかけて一気に細くなる。

俺は目のやり場に困った。

どう会話しても胸が目に入る…もう爆発しそうだった。

しかし昼には天候が悪くなり遊泳禁止に…ほとんど水に浸かることもなく

いちゃつく暇もなく 彼女の自宅まで送ることに。

そこで本題の図書館に行き着くわけだが 実はそこが彼女の住まい

公民館兼図書館!?

当時の地方都市の警備や管理はまだまだ緩く

菜緒の両親が町の公務員で家族の寮もかねて

維持管理も任されていたというわけです。

そして何という幸運か施設は一週間程の修理などで休館

当日は工事も休み!

両親は先に隣町の実家に行ってしまったとのこと。

俺はそれでも落ち着いてガッツく事なく 休館の図書館

陳列棚の一番奥の二つのパイプ椅子に並んで座り雑談していた。

菜緒「今日はぜんぜん泳げなくで残念」

「うん でも菜緒の可愛い水着可愛かったよ」等話しているうちに真夏の夕暮れが訪れた

雨が降った後で冷房の切れている館内でも程良い暑さ 涼しいくらいだ

まだ生まれたばかりの蝉のけたたましい鳴き声がする

気が付いたら二人は抱き合いキスしていた

その日はなぜか先に先に進んだディープキスに移り

貪るように繰り返した

黒のピッタリしたタンクトップ式のワンピース 私服では

今までで一番抱いたんで体のラインがよく分かった

夢中で貪りつきタンクトップの紐とブラの紐をおろし一気に胸まで露わに出した 

そのときの「ポヨン!」ったいうかんじかピッタリの表現で今でも忘れられないCカップ!

(後で分かった…D Eは俺の錯覚・カップの騙しだった!)

菜緒も胸の愛撫に感じているようだった

「ん…んは アン」控えめだがだんだん声のトーンが大きくなる

ワンピースのスカートをまくりあげてパンティーの上から手マン

今から思えばもっと丹念に愛撫するべきだったが俺にはもう俺はブレーキが壊れていた

パンティーをずらし一気に挿入!

菜緒は最初は痛かったみたいだがだんだん声が

「ア ア ン アン」と、一つの椅子に俺が座り、

膝の上に向き合い座位

黒ワンピーススはお腹の当たりでまとまっており

ブラは最初はワンピと同じ辺りで途中で外した

パンティーなぜかはいたままで最後まで

ユッサユッサととピストン「ア ア ア アン」で

おそらく数分しかもたたなかっただろう

こんなに気持ちいい事が世の中には有るのかと驚いた!

感触だけでなくあの匂い…

数分で果てた半分以上なかで出してしまった

後で言われたのが

「私、初めてなのに…パイプ椅子でしかも座位って言うんでしょそれ? 服も全部脱がしてくれないで…しかも中で出したな~(怒)」

と、ずっと言われるハメに・・

だが両親にもバレずこのときの夏はこの後も続くのでした。
もっと読みたい方はこちらからどうぞ
[ 2017/05/28 ] 学生・教師 | TB(-) | CM(-)
18才未満閲覧禁止
管理人のRタンゴです。
このサイトはエッチな体験告白集です。騙しリンクはありませんので安心してお楽しみください。
人気ページランキング
ブログパーツ
スマホ・携帯
QR
検索フォーム
フリーエリア
現在の閲覧者数:
相互リンク募集中です

名前:
メール:
件名:
本文:


相互リンク募集しております。
小説・告白系のサイト様ご連絡ください。 できたばかりのサイト様も歓迎いたします。
怪しいバナーのあるサイト様はご遠慮ください。