エッチ体験告白ブログ

寝取られや人妻・熟女などの告白を毎日更新しています。
エッチ体験告白ブログ TOP  >  アブノーマル >  僕が喜ぶならと他人棒を受け入れた彼女(2)

僕が喜ぶならと他人棒を受け入れた彼女(2)

由香は部屋に入るといつもと同じように僕のベッドに座り、後ろから僕の背中に抱きついてきました。
僕は「折角、ビール買ってきたんだから二人で飲もうか?由香が好きなお菓子も買ってきたよ。」と軽く由香にキスをしました。
すると、由香は自分から唇を絡めてきました。
僕もさっきのことがあったので、いつも以上に興奮してディープキッスをしました。



そして僕は由香の服を脱がしだしました。さっき見たブラジャーがなんともエロチックに見えました。

次にスカートに手を掛けたとき、ベランダの方で人が動く気配を感じ、そっと目をやるとなんとそこに浩二が居たのです。まるで、さっきまでの僕のようにカーテンと窓の隙間から部屋の様子を見ています。
僕はまたまた、興奮してきました。

由香は全く気がついていません。
気が付かないどころか、いつもより僕の愛撫に感じています。
僕はスカートを脱がすのをやめ、直接パンティーを触りました。
由香は「アン、ア?ア?ン・・」と感じています。

そしてパンティーの中に手を入れアソコに直接触れると、そこは今までに無いくらいに洪水状態でした。
僕は「どうしたの?凄く濡れてるよ。こんなに濡れてるのは初めてだよ。」と言うと「え?・・・そんなことない、アン」と感じまくっています。

僕は意地悪をしようと「浩二と何かあったのか?」と聞きました。すると「え?何もない・・よ。」と白を切ります。

「そうか、なら良いんだけど。でも浩二の奴、いつも由香のこと可愛い、可愛いって言うからな」
由香は聞いているのか、いないのか僕の手の動きに合わせて腰を振っています。
「さっき、浩二にカラオケBOXでオッパイ触られたとき感じた?」
由香は「感じないよ?・・ア、アン」と喘いでいます。

「俺は感じたよ・・・だって俺の自慢の由香のオッパイを触られたんだぞ。もうギンギンだったよ。」
「え?、なんで?亮は私が他の人に触られても良いの?」と聞きます。

「別に気にしないよ。裸だって見られても良いよ。だって興奮するんだもん。それに俺の前だったら、Hしても構わないくらいだよ」
と今までの願望の全てを言ってしまいました。

すると由香は「え?ホントに?そんなんで興奮するの?なんで?」
「分からないよ。でも興奮するし、由香のこともっと好きになりそうだし・・・」
「え?よく分かんないよぉ。でも亮がそれで興奮して私のこともっと好きになってくれるんだったら、私も嬉しい。」
と思いもかけない言葉が返ってきました。

僕はこれはイケる。と思い由香を抱きしめてキスをしました。
そして窓の方を見ると、浩二の目がじっとこっちを見ていました。

僕は由香のブラジャーをゆっくりとはずし上半身裸にして、オッパイをもんだり舐めたりしました。
浩二に見られていると思うと、もう何だか訳がわからないくらい興奮してきました。

そして次にミニスカートを脱がしました。パンティー一枚になった由香をベッドに仰向けに寝かせ、パンティーの上から愛撫しました。
その光景を窓から浩二が見ています。

由香は「アン、ア?ン、ダメ、ア?・・・」
といつもより感じています。
僕は「なぁ由香、浩二に見られてると思ってごらん。そしたらもっと感じるかもよ」
「え?、そんな・・・ア、アン」
「ほら、感じるだろ。俺のもギンギンだよ。ほら」
と僕もパンツを脱ぐと息子を握らせました。

「うん、凄く固い・・・ホントは私も感じるよ。」
と由香が言いました。
「そうか、良かった。じゃあ俺のこと浩二だと思って今日はHしようか。」
「え?・・・うん、良いよ。亮がしたいなら・・・」
そして僕はパンティーをゆっくりと脱がしました。
これで由香は素っ裸になりました。

浩二からは僕が影になって見えないハズです。
僕は浩二にもいい思いをさせてやろうと思い、由香に「じゃあ、ペロペロして」
と僕がベッドに仰向けに寝て床をベッドの下の方にしました。

こうなると、寝ている僕から見ても由香のお尻は高々とベッドの下のほう、そう浩二の見ている近くまで来るのです。

由香のフェラチオはとても上手く、タマタマを舐めたり、時には肛門まで舐めてくれます。
そんな時は特にお尻が高くなりお尻の穴まで丸見えのハズです。
そして僕が浩二の方を見ると、浩二は由香から見えないことを良いことにカーテンから半分以上顔を出し、由香のアソコを見ています。

僕はもう、ドキドキを通り越し「ここまできたらどうにでもなれ!」と思いました。
「なぁ、由香、浩二にもそうやってペロペロしてあげるの?」と聞きました。
すると由香は「亮がしてほしいなら、しても良いよ」と僕の息子を舐めながら言います。

「そうだな、最高にドキドキするだろうな。由香が浩二とHなんかしたらドキドキしすぎて倒れちゃうかもな」
というと
「じゃあ、やらない。亮が倒れたら困るもん」
と可愛いことを言います。

「うそうそ、でも倒れなかったら浩二とHする?」
と慌てて聞き返すと
「ん?・・・キスするのは嫌だけど、ちゃんとコンドームしてくれるんなら良いかな?だって、キスは好きな人じゃないとしたくないもん」
とこれまた可愛いことを言うんです。

そんな会話の間も由香のお尻はクネクネと浩二の見ている目の前で揺れています。
浩二に由香のお尻の穴まで見られていると思うと、もうイキそうになってしまいました。

それで僕は「今度は俺が気持ちよくしてあげる」と由香を寝かせました。
オッパイから舐め初めて、おヘソ、そしてアソコを舐める頃には由香のあそこは、さっき以上にヌレヌレになっていて「亮、お願い・・・」と言い出しました。

僕は「亮じゃないだろ。今は浩二君だろ。「浩二君お願い入れて」って言ってごらん」
「こ、浩二君、お願い・・・して」と言いました。調子に乗った僕は
「浩二君の何が入れて欲しいの?」とまるでエロ小説みたいなことを言って
しまいました。

でも由香は「アレ・・・」としか言いません。まぁ良いかと思い。由香の感じているヌレヌレのアソコに僕のギンギンの息子を挿入しました。

本番に弱い由香は「ア??・・・ダメ、ア、もうすぐにイキそう・・・ア、アン」
と自分からも腰を振り始めました。
僕も大分感じていて、すぐにイキそうになってしまったので、一度抜いてバッグから攻めることにしました。

その時、僕は浩二に手で「来い、来い!」と合図をしました。
浩二は一瞬戸惑ったみたいですがベランダから姿をけしました。
僕は由香を思いっきり後ろから突きました。

由香は後ろからされると、どうしようもなく淫らになります。
声も「ア?・・・・ア、アン、ア、ダメ、イクゥ?・・アっ」と大きくなります。
そして浩二が部屋に入ってきました。
僕はわざとらしく「あ!浩二!」と言いました。

由香はまだ、何が起こったのか分からないらしく、感じています。
僕が腰を振るのを一端止めると、由香は息を切らせながら顔をあげました。
そして「え?浩二君?どうして?・・・」
と胸を隠そうとします。
しかし後ろは僕の息子としっかりとつながっています。

浩二もわざとらしく「わ、忘れ物・・・取りにきたんだ」なんて言ってます。
僕は「由香、ほんとに見られちゃったね。でも感じるよ。最高に感じる」と
後ろから再び激しく突き始めました。

すると由香も「え?ダメぇ?・・・アン、おかしくなっちゃう。アっ・・・」と
また感じ始めました。
「今、浩二に抱かれてると思ってHしてたところなんだ、どうだ
俺の自慢の由香は?可愛いだろ?オッパイも大きいだろ?」と腰を
動かしながら言いました。

浩二は「う、うん、可愛い。俺も立ってきたよ。」
由香はベッドに顔を押し付け、隠れながらも感じています。

「なぁ、由香、さっき俺が良いって言ったら浩二のもペロペロしてあげるって言っただろ。
俺は良いから舐めてあげてよ。俺、最高に感じるから。由香もきっと、もっと感じるよ。」
と言ってみました。

浩二もここぞとばかりに、ズボンを下げ息子を取り出しました。
それは男の僕が見ても恥ずかしいくらい、ヘソにつかんばかりに反り返っていました。
僕は顔を上げない由香を起そうと手を下から入れてオッパイをもみながら抱き起こしました。

由香もそれにはたまらなかったようで、ようやく顔を上げました。
「え?、もう?恥ずかしいいよぉ。ダメ・・・ア?ん・・・」と喘いでいます。
しかし、由香の顔のその目の前には浩二の息子がそびえ立っていたのです。
僕は「由香、まずは触ってあげて、ほら。」と由香の腕をつかんで浩二の方に差し出します。

由香の手は浩二のお腹のあたりに触りました。
僕は浩二に、やれ、やれ!と合図を出します。
浩二も吹っ切れたのか、由香の手を持って自分の息子に導きました。
そしてやっと由香が浩二の息子を握ったのです。

僕は「どうだい?俺のと違うか?」と聞きます。
「え?そんな・・アン」とあえぎならがも浩二の息子を握る手は放しません。
「ほら、今度はペロペロしてあげて良いよ。俺が感じるんだから。恥ずかしがらなくて良いよ。」
由香は「ホントにするの?」と僕の方をチラッとみました。

「うん、良いよ。浩二も喜ぶよ」
浩二も今度は自分から腰を突き出し由香の口元まで息子を持っていきます。
そしてついに由香の唇に浩二の息子がくっつきました。
「ほら、俺にするようにちゃんと舐めてあげないと、浩二がかわいそうだよ。」
「うん・・・」

そして次の瞬間、由香の小さな口が開き舌が出てきて浩二の息子の裏側をチロリと舐めたのです。
僕はもう、嫉妬やら、興奮やら、ドキドキの連続でした。
そして僕は追い討ちをかけるように「もっと、パクってしてあげないと」と言いました。

そしてついに由香は浩二の息子を口いっぱいにほお張りました。
そこから後は嘘のように由香もしゃぶり始めたのです。
浩二は由香の頭を両手で支えながら気持ちよさそうにしています。

だんだん嫉妬が強くなってきましたが、その日の僕はどうかしていました。
バックからするのを止め、由香を仰向けに寝かせました。
そして由香に「もっと、浩二に気持ちよくしてもらおうね」と言い、浩二に「69誌手も良いよ」と言ってしまったのです。
浩二は無言でその体制になりました。

由香も浩二の息子を両手で握って舐めています。
浩二は由香の股を大きく開くと、思いっきり舐めていました。
由香は僕の目の前だと言うのに「アァ?・・・ダメ、そこはダメ、アっいい、イキそう・・・」
と感じています。

僕はその光景をベッドの横から見ていました。
そしてビデオカメラをベッドの下から取り出し撮り始めました。
パックリ割れた由香のアソコを浩二が舐めているのです。

由香も浩二の息子を舐めています。
そして浩二が上下入れ替わるようにし、今度は由香が上になって浩二の息子をしゃぶり始めました。

浩二もアソコを舐めています。
ベッドの上のほうから由香のアソコはお尻の穴まではっきりと見えています。
そのお尻の穴を浩二は刺激しています。

その度に由香はピクピクと小刻みに震え「あっダメ、そこは、アッ駄目、あ?ン」と感じています。

しばらくその光景が続き、僕はついに一線を超えてしまうことを想像しました。
そして浩二に「やっても良いよ」とそっと言ってしまいました。
浩二は待ってましたとばかりに、目をつむって分けが分からなくなっている由香の股を開き自分のモノを挿入しました。

すると、コンドームがどうのこうのと言っていた由香がまたあえぎ始めたのです。
その様子ももちろんビデオに撮りました。
由香が浩二の背中に手を回し必死に抱きつき、自ら腰を振っています。

浩二も必死に腰を振っています。
僕はまるで夢を見ているようでした。
自分の彼女が友人としている、それも目の前で・・・

そんなことを考えていると、由香の「イクぅ?いく?・・・ア?ン」という声と共に
由香が浩二とキスをしていたのです。
もちろん、浩二にしっかりと抱きついています。

そして浩二も「う、俺もイキそうだ。」と言っています。
僕はふと我に返り「外に出せよ」と言いました。
浩二も「分かってる」とそれから30秒と立たないうちに
由香のお腹に大量の精子をぶちまけました。

そして浩二は律儀にその精子をティッシュで拭いていました。
僕が浩二に「どうだった?」と聞くと「最高・・・」と言いました。
そして僕は由香にも「どうだった?」と聞きました。
由香は「亮はどうだった?感じたの?」と聞き返しました。

僕は「うん、最高に感じた。じゃあ最後に俺がするよ」と言い
由香を後ろにして突きました。
由香はまた感じ始めました。

それから三分もしないうちに、今度は僕が由香のお尻の上に大量の精子をぶちまけました。

それから3人でカラオケに行くときは決まって3Pをするようになりました。
時にはカラオケBOXですることもありました。
店員に見られることも由香は快感になりつつあります。
そんな僕ですが、由香のことがもっと、もっと好きになりました。
来年の夏、結婚の予定です。
関連記事
もっと読みたい方はこちらからどうぞ
[ 2017/07/08 ] アブノーマル | TB(-) | CM(-)
18才未満閲覧禁止
管理人のRタンゴです。
このサイトはエッチな体験告白集です。騙しリンクはありませんので安心してお楽しみください。
人気ページランキング
ブログパーツ
スマホ・携帯
QR
検索フォーム
フリーエリア
現在の閲覧者数:
相互リンク募集中です

名前:
メール:
件名:
本文:


相互リンク募集しております。
小説・告白系のサイト様ご連絡ください。 できたばかりのサイト様も歓迎いたします。
怪しいバナーのあるサイト様はご遠慮ください。