エッチ体験告白ブログ

寝取られや人妻・熟女などの告白を毎日更新しています。
エッチ体験告白ブログ TOP  >   >  両親に内緒で姉といつもやってた

両親に内緒で姉といつもやってた

色々考えたが俺が高校の時のエロ話をする。実家はマンション。
姉ちゃんと俺の部屋は隣。両親はリビングの隣の和室で寝てる。
基本姉ちゃんはかなり慎重に立ち回っていた。絶対にバレないようね。
だから毎晩とかそういう頻度ではヤッてなかったが、両親がいない時
とかを見計らってやってた。


両親いる時の夜中なんかにどうしてもそうなっちゃった時は、
静かにお互い口でイカせあったりして
とにかくバレない様に細心の注意を払ってた。
寧ろ俺は彼女とやってるのを親にバレたよww

そんな訳でお互い彼氏彼女はいたんだ。SEXもしてた。
だがやっぱ姉弟でした方が良いんだよ。
背徳感とかあったのかもしれないが。
若い時の相手なんて、よっぽど年上じゃない限り、
長年の姉弟の積み上げられてきた歴史にはかなわないよな。
よくあったシチュエーションは、

どちらかがその時の彼氏彼女とのエロ行為に
不満があるが相手には言えない。

それを二人で協議。こうすれば良いのにとか、
ああ、姉ちゃん(俺)はそうして欲しいんだ、とか。

勿論それを試す。実行しながら修正する事もある。

そんな流れ。エロい行為については
お互い屈託のない意見をぶつけてたな。
建前すっ飛ばして。妥協は許さないって感じだよ。
総合支援エネ調査会とか俺らを見習えよww
ただ姉ちゃんだからこそ、そんな関係を続けられたのは確か。
本当に慎重だったから。
今覚えている、俺が断られた時の会話

俺「姉ちゃん、今夜ダメ?」

姉ちゃん「バカか。ダメ。親いるじゃん」

俺「ガマンできね~よ!」

姉ちゃん「あんた私じゃなく彼女さんにも
      同じ状況で同じ要求する?」

俺「いや、しね~かも、、。」

姉ちゃん「でしょ?だからそういうのが一番危ないんだって。
      お互いガマン出来ないなら
      こっそり手か口でってなったかもしれないけど、
      私は今、そんなしたくね~し。そういう訳で却下。」

俺「何?もう嫌になったとか?」

姉ちゃん「(´Д`)ハァ…メンドくせぇ、、。本当にそうなら言うよ!
      あんた私の性格解ってんでしょ?」

俺「だよね、、。けどマジでヤリたいんっすけど、、。ダメ?」

姉ちゃん「甘えんな。一人でやれ。オマエの同級生の事考えてみろ。
      オマエは大奥にいる若君位恵まれてね~か?」

俺「wwwって、それはそうかもwww」
夕方
俺「姉ちゃん、どうっすか?」

姉ちゃん「うん、そうっすね。」

俺「いつにする?」

姉ちゃん「しばらく親出かけそうもないし、今日?」

俺「おk www じゃあ俺の部屋でゲームって体で」

姉ちゃん「おk」
夜中
(風呂上りに部屋に集合しゲームの体)

姉ちゃん「そろそろしたいかも」

俺「待ってたw」

姉ちゃん「最後まで出来ないけどいいよね?」

俺「親いるしね」

姉ちゃん「どっちか先にする?一緒にする?」

それには答えずキスをする。同時にお互い体をまさぐり合う。
姉ちゃんの声が漏れない様にする意味でもキスはしっぱなし。
良い感じになった所で姉ちゃんに俺の指をたっぷり舐めてもらい、
姉ちゃんのTシャツの中に手を滑り込ませ、乳首を愛撫。
声は出ないが体はピクピク。

姉ちゃん(小声で)「カズ、もう触って。」

俺(小声で)「了解」

姉ちゃんも俺のを触っている。音が出ない様に、しごいたりせず、
先端を手のひらで包み込み、刺激する。

俺(小声で)「姉ちゃん、ちょっとイテ~。
        液が少ないから指でしてくれ」

姉ちゃん(小声で)「どうやる?」

俺(小声で)「尿道のあたりを口でやる時みたいにチロチロっと。」

姉ちゃん(小声で)「了解。こう?」

俺(小声で)「最高です」

姉ちゃん(小声で)「ねぇ、先にイッテいい?その後口でするから。
そのほうがカズも気持ち良くない?」

俺(小声で)「了解。お願いします。姉ちゃんどうやってイキたい?」

姉ちゃん(小声で)「今日はキスしながら手でしたいかも。
音出るとまずいからクリ中心でおねがい」

(姉ちゃんのコレ系の発言に俺は大変萌えます)

俺(小声で)「了解!」
それでも多少音は漏れる。姉ちゃんの「ンっっ、ンっっ」って音が。
程なくお行きになられます。

姉ちゃん興奮冷めやらぬ内に俺のパンツをずらしフェラへ。
優しく咥え舌で先端を刺激。
姉ちゃん俺の顔を見ながらする為、俺は座って姉ちゃんは
俺の太ももに顔を起き、横になり視線を合わせてくる。

激しく動けない為、イクのに時間掛かりそうな雰囲気。
一旦口を外し、俺の顔の近くに来て、

姉ちゃん(小声で)「どうやって欲しい?奥まで咥えた方が気持ちいい?」

(この間も手で愛撫は続く)

俺(小声で)「それよりも先端だけを強めに
吸って貰ったほうが気持ちいいかも、、」

姉ちゃん(小声で)「わかったww 出るとか言わなくていいからね。
飲むから中に出して」

俺、その言葉でもうイキそう、、。
姉ちゃん元の体勢に戻り、吸い始めます。
ホッペタが凹んだ。かなりの吸引力。音は出てない。流石。
1分程で果てる。出るタイミングは俺の動きで解ってるっぽい。
終わった後は口で綺麗に掃除してくれる。
そして姉ちゃんいたずらする顔で俺とキス。しばらく抱きあい終了。
そういえば姉ちゃんとした後って、賢者タイムになりにくい。
ずっと抱いていられます。

終了
もっと読みたい方はこちらからどうぞ
[ 2017/10/12 ] | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
18才未満閲覧禁止
管理人のRタンゴです。
このサイトはエッチな体験告白集です。騙しリンクはありませんので安心してお楽しみください。
人気ページランキング
ブログパーツ
スマホ・携帯
QR
検索フォーム
フリーエリア
現在の閲覧者数:
相互リンク募集中です

名前:
メール:
件名:
本文:


相互リンク募集しております。
小説・告白系のサイト様ご連絡ください。 できたばかりのサイト様も歓迎いたします。
怪しいバナーのあるサイト様はご遠慮ください。