エッチ体験告白ブログ

寝取られや人妻・熟女などの告白を毎日更新しています。
エッチ体験告白ブログ TOP  >  母親・義母 >  義母の痴態に超興奮

義母の痴態に超興奮

私は32歳で妻は30歳。子供はまだいません。
妻の母はちょうど50歳ですが、正直義理母を意識しています。
私は営業職で接待も多いのですが、たまたま取引先の部長が
妻の母と昔からの友人で、それがきっかけで取引をするように
なったのですが、その部長と飲みに行った時、昔のことを聞いたんです。



若い時から妻の母は美人で大学時代はかなり人気があったらしくて、
たしかにいまだに正直きれいだと私も思っていたのですが、
なんかそれから義理母を意識するようになりました。

30代で離婚し1人で妻と妻の妹を育ててきたそうで、
取引先の部長の知り合いの会社で経理を仕切っていたそうで、
今は私たちが助けていることもあって、パートにしか行って
いませんが、若く見えるせいか、妻と洋服を交換したりして、
よく街に出かけては姉妹と間違えられるようです。

義理の母は近くのマンションに住んでいるのですが、
この前出張のおみあげをあげようとマンションに行ったんです。
いることはわかっていたので、いつものように勝手に鍵を開けて、
挨拶して上がり込んだのですが、いつもすぐに出てくるのですが、
その日は出て来ないので、リビングに向かったが誰もいません。

しかし奥の寝室からなんとも言えない変な声が聞こえるんです。
まさかこの声はあの時の声!
耳を疑いながら、ドアのところで耳をかたむけると、
「あ~ん、いい、あっ、あっ、あっ・・・」

私は心臓が弾けそうなくらいバクバクしていた。
ちょうど昨日の夜に一緒に食事に出かけたのですが、
その時なんか、カシミアのセーターを着ていたのですが、
首元がVネックになっていて、義理母のわりかし大きな胸の
膨らみがはっきりとわかり、コートを脱ぐと、意外にも
黒のブラのラインがはっきりとわかるし、まだまだ普通だと
50歳と言えども旦那さんがいればセックスはするだろうし、
肌もまだまだいけててきれいである。

私は酒も入っていたせいか、下半身は悶々としていて、
その夜は久しぶりにマンションに帰るとすぐに、妻を
台所で服を脱がせ、テーブルの上で犯すようにエッチしたのですが、
それだけ義理母の色気は私を犯罪者にするくらい欲情するものであった。

その日はドア越しに義理母のオナニーを聞きながら、
股間は勃起して、ドアを開けようと何回も思ったが、
やはり義理でも母である。近×××だけはやめようと
気づかれないようにマンションを後にした。

たしかに義理母もおそらく離婚してからも何度かは
恋愛をしてるはずだし、おそらく何人かとは関係を
持っていたはずである。しかし現在はそういう人はいないみたいで
おそらくオナニーをするくらいだから、けっこう欲求不満には
なっているだろう。

だから今、私が関係をせまれば、抵抗はしても受け入れるだろう。
女性ってそんな生き物だと思う。
(女性のみなさんすみません)

その日の夜も妻が仕事から帰ってくると、どうしても欲求を
抑え切れなくて、リビングのソファで思いっきり犯した。
妻も抵抗はするものの、アソコはグチョグチョになって、
バックから突くと3回くらい絶頂を迎えた。
終わった後に、帰ってきていきなり犯されるのも興奮したと
言っていた。

つまり義理母は妻の母親である。妻がこれだけ犯されるような
ことを喜ぶということは、義理母も喜ぶはずである。
それからずっと仕事中も義理母のことばかり考えていた。
妻とはエッチはするけど、義理母のことを思いながら
1人でマスターベーションをすることが多くなった。
本気に義理母のことを好きになっているかもしれないと
心の中で思っていた。

それから3ヶ月が過ぎても義理母への思いはいっそう強く
なっていきました。

早く義理母のおっぱいが見たい、舐めたい、そして早く
セックスがしたい、そして義理母の欲求不満をすべて
私が受け止めてあげたいと思っていました。

そう思うことで妻とのセックスは義理みたいな感じになり、
単なる性欲の解消となっていき、以前までは前儀をしっかりやって
興奮させてから挿入だったのですが、今は半分×××みたいな
感じになっていきました。

自分の中では妄想がどんどん膨らんでいき、たまに仕事中に
義理母のマンションの近くまでくると、チャイムも押さずに
こっそり忍び込んでは留守のときは、タンスの中を開け、
義理母の下着の匂いを嗅いだり、その場でオナニーをしたりと
しだいにエスカレートしていきました。

それでも我慢にも限界がきて、今度は非通知でいたずら電話を
して、変質者になりすまして、はあ~はあ~言ったり、
AVとバイブをいい加減な氏名で送ったりもしましたが、
こっそりマンションに忍び込んだ日にベットの下に
開封してあったバイブとAVを見つけ、やっぱりこれで
オナニーしてると確信しました。

しかし先日ヒヤッとしたのが、義理母がうちに食事に来て、
妻とAVとかが知らない人から送ってきて、みたいな話を
していましたが、そんなこと言うわりには、しっかりと
オナニーで使用してるじゃないか、と思いながら聞いていました。

我慢も限界に達し、私は夕方に義理母のマンションへ行きました。
義理母が何時に風呂に入るのかを知っていたので、その時間に
合わせて訪問し、鍵を勝手に開けて、中に入り、当然風呂に入って
いる時間なので、そっと覗いてみたんです。

義理母は鼻歌まじりに体を洗っていて、すりガラスに義理母の
胸や体全体が薄っすらと見え、私はすでに勃起状態で、
「あ、お、お母さん、おじゃましてますよ」
「和樹さん来てたの、もう少しで上がるから待ってて」

私の心臓はバクバクと鳴り、リビングに戻ると、少しして
義理母がバスタオルを巻いて出てきました。

「あ、お、お母さん、ちょっとそのかっこは刺激が強すぎますよ」
「あ~ら、和樹さんにも見てもらいたいわ、こんなおばさんでいいなら」
「いえ、そんなことないですよ、すごくきれいですよ」
「まあ、私をからかうの」

その時です。私はついに限界を越えてしまったのです。
台所に行くと後ろから義理母を抱きしめました。

「いやっ、何するの」
「もう我慢できないんです。お母さん好きです」
「冗談はやめて、あなたは娘の夫なのよ」
「はい、わかってます、しかし・・・・」
「いいからちょっと離れて」

私はとりあえず椅子に座ると、取り返しのつかないことを
してしまったと、すごく後悔しました。

「ねえ、夫婦関係がうまくいってないの?」
「いえ、そういうわけじゃ・・・・」
「私のこと、ほんとにすきなの?」
「は、はい」

すると義理母は私の前に立つと、バスタオルをすっと取りました。
私はびっくりしましたが、少し垂れてはいたが、AVの熟女もので
見るのと同じようなおっぱいで、その時の私にはもうどうにでも
なってしまえと悪魔がささやくと、義理母を抱きしめ、濃厚なキスを
していました。

もう義理母は抵抗していません。それどころか、舌をからめてくるし、
片方の手は私の勃起したペニスをさすっていました。

「すごいわ、硬くて大きいの、久しぶりだわ」

そう言うと股間の前にしゃがみこみ、ズボンを下げると、
硬くなったペニスを口に含みました。

義理母のフェラチオは妻とはまったく違い、ネチネチと
舌をペニスに絡ませるように、そして玉袋も丁寧に揉みほぐし、
口の中では舌が亀頭をペロペロと舐めまわるのがはっきりと
わかるくらいに、絶妙な舌の動きでした。

「う、ううう、気持ちいいですよ」
「そうなの、すごく硬いわ」

もう私は射精しそうになっていて、必死で我慢していたが、
もうだめだった。一気に義理母の口の中に濃い精子を
放出してしまった。

「う~ん、もう元気ね」
「す、すみません」
「いいわ、今からどうする?」
「え!どうするって?」
「もう、だから、私を抱いてくれるの?」
「あ、はい、もちろんです」
「じゃあ、寝室に行きましょう」

義理母に導かれるままにベットの横になると、義理母は子供を
あやすように、私にキスをしながら、首筋、そして乳首へと
舌をはわせていき、私はまるで風俗店にでも来ているかのように
完全に義理母のリードで進んでいき、再度フェラチオを始めると、
すぐに回復し、義理母はすごくうれしそうな表情をしていました。

「これ、ほしいわ、入れて~」
すると義理母は馬乗りになると、ゆっくりと挿入していった。

「あん、あん、本物はすごいわ、あ~ん、いや~ん」
「お母さんすごくいい、温かくてすごくいいです」
「あん、あん、私もよ、何年かぶりよ、こんなに硬いのは・・・・」

私は上半身を起こし、義理母に抱きつき、義理母を抱え込むように
ピストン運動を続け、キスをしたり、おっぱいを吸ったりと、
まるで恋人同士のように激しく抱き合っていました。

「もうだめ、イクの、いい?」
「いいですよ、僕もイキそうです」
「あっ、あっ、い、いっしょに、中で出して~」
「ああああ、出るっ、出るっ・・・・」
「あああ~っ、いくっ、いくっ、いっちゃう~ああああああっ」

義理母の膣の中に思いっきり中出しした。
これまで妻とは何度となくセックスをしたが、人生の中で
これほど気持ちのいい射精はおそらく生まれて初めてだった。

きれいにティッシュでふき取ると、私の腕枕で義理母を抱きしめ、
「また抱いていただけるの?」
「もちろんですよ、愛してますから」
「でも娘には内緒よ、気の毒な気もするけど、絶対内緒よ」
「わかってます」
「でも、娘が抱かれるのを想像すると少し嫉妬しちゃうわ」
「ま、いちお夫婦ですから、まったくしないのもおかしいでしょ」
「そうね、でもすごかったわ、もう1回入れて、いい?」
「わかりました、精魂尽きるまでしますよ」
「まあ、うれしいわ」

それから義理母が何回絶頂に達したかはわからないが、
バックから正上位、駅弁、そして台所でもした。

これからも義理母を愛し続けます。妻には申し訳ないですけど。
関連記事
もっと読みたい方はこちらからどうぞ
[ 2017/05/17 ] 母親・義母 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
18才未満閲覧禁止
管理人のRタンゴです。
このサイトはエッチな体験告白集です。騙しリンクはありませんので安心してお楽しみください。
人気ページランキング
ブログパーツ
スマホ・携帯
QR
検索フォーム
フリーエリア
現在の閲覧者数:
相互リンク募集中です

名前:
メール:
件名:
本文:


相互リンク募集しております。
小説・告白系のサイト様ご連絡ください。 できたばかりのサイト様も歓迎いたします。
怪しいバナーのあるサイト様はご遠慮ください。