エッチ体験告白ブログ

寝取られや人妻・熟女などの告白を毎日更新しています。
エッチ体験告白ブログ TOP  >  叔母・身内 >  叔母に自慰を見られたんだが、そのあと…

叔母に自慰を見られたんだが、そのあと…

伯母の部屋に居候して一ヶ月ほど経ったある夜、襖越しにも叔母は寝静まってい
ると思い、部屋に一台しかないテレビで、明かりを消して、深夜番組を見ながらオ
ナニーをしていたら、突然襖が開いて、「何見てんの」と、声がしました。
僕は勃起した逸物を握りながら、驚いて見上げると、叔母は、薄暗い中パジャマ姿
で、真横から見下ろす位置に立っていました。



叔母の視線は、テレビの明かりで浮き上がった僕の逸物に向けられていて、反り返
ったペニスが手からはみ出ているのが丸見えの状態でした。

一瞬、目が合うと、叔母は驚いた様子で、何も言わず襖を閉めてしまいました。
強く閉めた反動で透き間の空いた襖からベッドに戻る叔母の姿がぼんやりと浮かん
でいました。

叔母のベッドがきしむ音を聞きながら僕は見られていることを意識して、テレビに
映る裸体と驚いた様子で立っていた叔母の顔を思い返して、今まで経験したことの
ない快楽を覚えて手の中に果てました。

 暑苦しさに目を覚ました僕は月明かりに浮かぶ叔母のベッドを見つめていまし
た。

好奇心一杯の僕は叔母の様子を見ようとベッドに忍び寄りました。
伯母のタオルケットは床に落ちパジャマの裾がめくれてお臍までもむき出してお
り、胸に張り付いた薄手のパジャマから乳首が突起して薄明かりの中で浮き上がっ
ていました。

下着はパンティのみの露わな姿で、弛緩して緩く開いた股先に薄手の白生地から陰
毛が透けて見えていました。

しばらくベットの側で様子を窺っていたが身動き一つしない伯母に、僕は手を伸ば
し叔母の下半身にパンティの上からそっと置いてみました。

目覚める様子の無い伯母に安心しながら生暖かい薄生地に張り付く陰毛のザラザラ
とした下腹部の感触を楽しみました。

わずかに開いた股の付け根のパンティに押さえつけられた谷間に指を添えると、
指を包み込むような弾力と熱く火照るような感触が伝わりました。

思わず指に力が加わると叔母の身体が瞬時ピクンと反応しました。
僕は慌てて手離して身を隠すように足下に移動し、しばらく様子を窺っていました
が伯母が気付いた様子は在りませんでした。

僕は不安に怯えながらも艶めかしい姿で横たわる伯母に誘われるように再度側に立
ち戻りました。

目を閉じた伯母の寝顔を確認すると、そっとパンティのゴムを引っ張って下腹部の
様子を窺いました。
薄めの陰毛が生肌に張り付き素肌が透けていました。

暫くその状態を続けながらもきつめのパンティを開くことに限界を感じそっと元に
戻すと、パジャマの裾を持ち上げて下から胸を覗き込みました。

裾を摘み上げると緩めの上着が幸いして隙間が大きく開き、呼吸の都度に揺れ動く
素肌に隆起した乳房と丸く突起した乳首に興奮して理性の全てを失っていました。

まるで反応を示さない伯母に気を良くした僕は、再度寝顔を確認するとパジャマの
上から突起した乳首に指で触れてみました。

その瞬間叔母の身体がピクンと反応しました。
気付かれたと思い直ぐに手を離し体制を整えましたが、起きる様子はありませんで
した。

叔母を暫く見つめていた僕は再度乳房に触れてみました。
叔母の躰が瞬時に反応したのが読みとれましたが何事もなかったの様に目を閉じた
まま横たわっていました。

僕は賭をするつもりで乳房を覆い包むように掌を伯母の胸に押し当てました。
再度叔母の身体は小さく反応しましたが、掴んだ乳房を離そうとはしませんでし
た。

案の定伯母は起きる様子を見せず、弛緩したように寝た振りを決めていたように思
いました。
薄手のパジャマから乳房に触れた手に突起した乳首の感触が心地よく伝わってき
た。

伯母の呼吸が速くなったように感じましたが今だ身動きしない叔母の乳房を、掴む
ように指を押し当てると撫でるように持ち上げ乳首の突起を摘んで引っ張りながら
放しました。

伯母は身をよじる素振りを見せながらも目を閉じたまま成すがままの状態で寝てい
ました。

気を良くした僕は、パジャマの上から乳首を転がすように弾くと叔母の身体は仰け
反る様子を見せ、尚も目覚めぬ事にいたぶりたい快感を覚えました。

僕はパジャマを持ち上げるとむき出しになった脂肪の少ない小さく窪んだ臍の周り
を撫でる様に指を這わせました。

叔母のお腹が敏感に痙攣するのを楽しみながら爪を点てながら指をパンティへと辿
っていきました。

軽く盛り上がった陰部をなぞるように這わせると透けて見える陰毛のざらざら感が
手に心地よく、這いずる様に白い布地を指で巡りました。

ぴったりと張り付いた谷間の割れ目に沿って撫でて行くと、叔母は軽く吐息を吐き
ながら震えるような息づかいで硬直していました。

緩く開いた股の付け根に手を添えると焦らすようにパンティラインに沿って爪を立
て、割れ目にめり込む指先に徐々に力を加えると硬直した太股が徐々に力を無くし
て開いてきました。

僕はパジャマのボタンに手を掛けると下からゆっくりと外していきました。
解けるように襟元が開くと小振りな乳房が月明かりに輝いて荒い呼吸に合わせて揺
れていました。

暫し僕は、露わな姿で横たわる伯母の姿を見つめていました。
何事もなかったように目を閉じたままの伯母の躰に、僕は指を立てながら胸の谷間
に沿って触れる限界の柔らかさで乳房の廻りを巡らしました。

鋭く反応する叔母の身体を楽しみながら、乳首に這い上がるように等って行くと指
先で軽く転がしてみました。
叔母の呼吸はますます激しくなり半開きになった口元が喘いでいました。

乳首をそっと摘むと転がすように引っ張って生き人形と化した伯母の躰をもて遊び
ました。

尚もなすがままの叔母を虐めるように乳房を搾るように掴むと隆起して際だった乳
首に頬張るように吸い付きました。

目を閉じたまま感情を押し殺している伯母の顔色を伺いながら、パンティに手を宛
い潜り込むように手を差し入れると、指先に触れる陰毛の感触を楽しみながら淫靡
な生肌の心地よさに浸りました。

谷間に沿って指を下ろすと堅く盛り上がった陰茎と湿って濡れた襞に埋まり込んで
いきました。

乳房を摘みながら伯母の横顔をみると、瞼を痙攣しながら必死で表情を殺している
けなげな姿が薄明かりに浮かんでいました。

すでに充分に愛液で濡れた膣に指を沈めると熱く火照る粘膜が締め付けるように包
み込んできました。
根本まで押し込んだ指を上下に動かすと膣がクチュクチュと音を立てて静寂な室内
に響くようでした。

指の動きを早めながら揉み続ける乳房に頬ずりをして乳首の感触を肌で楽しみまし
た。

乳首に吸い付きながら歯牙で軽くくわえると一層激しく指を動かしました。
叔母は身悶えする躰を必死で堪えながらも頂点に達した快楽に、初めて絞り出しよ
うな声を上げて戦慄いて身を捩らせながら果てました。

今だ、僕の指は弛緩して淫靡な姿で横たわる伯母の姿とは裏腹に、軟体運動を繰り
返す伯母の膣に埋まり込み淫らに広げた股の間に挿入したままでした。
僕は勃起した逸物をトランクスから取り出すと、伯母の手を取って熱く反り返る肉
棒触れさしました。

掌に包み込むように折り返すと状態を察した伯母が力を加えて掴んできました。
僕は伯母の腕を取ると逸物を刺激するように揺さぶりました。

伯母の蜜壺にも動きを加えながら共鳴するように揺れ動く乳房に、僕の男根も頂点
を迎えて白濁の液体を勢い良く放出しました。

飛び散る粘液は伯母の乳房を濡らし尚もドクドクと流れる残汁は伯母の腕に滴って
いきました。

伯母の手の中で萎んでいく男根を見ながら膣の中から指を抜き取ると、伯母の愛液
で濡れた手を濁液で濡れた乳房に重ねて愛撫しました。

伯母の乳房に広がる混ざり合った妖液は月の光に照らされて妖しく輝き、丸く尖っ
た乳首にキスをすると伯母の手を取りタオルケットで労るように拭いてやりまし
た。

混ざり合って液状と化して乳房に張り付いた妖液は火照る生肌に乾燥して、表面に
卑わいな皺を刻んでいました。

僕は皮膚のざらつく乳房を楽しむように揉みながら、乾いた妖液がまとわり付くの
を感じました。

僕は、今尚火照る伯母の乳房に頬ずりをするように顔を埋めると口
元に当たる乳首を惜しむように触り続けました。

程なく徐に起き上がると晒された伯母の裸体を労るようにパジャマの襟を逢わ
せゆっくりとボタンをはめると、伯母の横顔にキスをして満足感に興奮しながら
その場を後にしました。 
関連記事
もっと読みたい方はこちらからどうぞ
[ 2017/05/18 ] 叔母・身内 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
18才未満閲覧禁止
管理人のRタンゴです。
このサイトはエッチな体験告白集です。騙しリンクはありませんので安心してお楽しみください。
人気ページランキング
ブログパーツ
スマホ・携帯
QR
検索フォーム
フリーエリア
現在の閲覧者数:
相互リンク募集中です

名前:
メール:
件名:
本文:


相互リンク募集しております。
小説・告白系のサイト様ご連絡ください。 できたばかりのサイト様も歓迎いたします。
怪しいバナーのあるサイト様はご遠慮ください。