エッチ体験告白ブログ

寝取られや人妻・熟女などの告白を毎日更新しています。
エッチ体験告白ブログ TOP  >   >  雪の日に妹に誘われて

雪の日に妹に誘われて

2年前、俺は19の高校卒業したばかりの人間だった。
季節は冬。この日、外には小さな真っ白い雪が降っていた。
友人の家から家まで帰る時、コートのポケットに手を突っ込んだまましばらく空を
眺めていた。
「ただいま」少し肩に積もった雪を軽くはらい、暖かい家の中へと入った。



「おかえり」
台所からひょこっと顔を出したのは、俺の妹、由美だ。
もう注学を卒業、今は俺と入れ代わりに高校に入っていた。今は高校3年だ。

この日は親が知り合いの結婚式に行ってて明日の9時頃まで帰ってこなかった。
「お兄ちゃん、夕飯作ったよ」
由美が出してくれたのは、得意中の得意とする、チャーハンだった。

「いただきまーす♪」
子供のようにちゃんと手を合わせて俺にニコっと笑いかけてから食べ始めた。
妹大好き人間の俺は、由美の笑顔には弱かった。今も妹の由美には弱い。
ぼっと顔が熱くなり、しばらく椅子に座ったまま由美を見つめていた。

「お兄ちゃん、食べないの?」
ぼーっとしている俺に由美が話しかけた。
ハッと我に戻った俺は
「あ、た、食べるよ」
少し焦りながらスプーンを持ってチャーハンを食べ始めた。

俺が半分ぐらい食べた時だろうか。
由美がいきなり俺に聞いてきた。
「ねぇ、お兄ちゃんはHしたことあるの?」
ごほごほっと俺はせきをしだした。

チャーハンが喉のとこで止まって苦しくなったのだ。
「お、お兄ちゃん!」
由美がそばに寄って心配する。
そばにあった麦茶を飲み干し、はぁ~と深呼吸をする。

「に、兄ちゃんはしたことないが………」
返す言葉がだんだん小さくなる。
「じゃ、じゃぁ…」
由美が顔を顔を赤く染めながら
「今日、やろ…H」
ドカンと頭の火山らしきものが噴火して、しばらくものも言えなかった。

10時ごろ、俺は風呂から出てきた時、リビングへと足を運んだ。
上半身裸で、肩にタオルをかけたままでソファーに座った。

もちろん、ズボンは着ている。
スリッパで歩く音がした。
体にタオルを巻いたままの由美が現れたのだ。

俺はしぇーという格好になってソファーのすみに逃げた。
「お兄ちゃん、逃げないで」
由美はどんどん俺に近づいてくる。

白くて大きな胸の谷間が見える。
多分、この時俺は顔をタコのように真っ赤にしてたと思う。

細い両手が俺の両頬に当てられ、そのままディープキスをされた。
ぬるっと俺の口の中に由美の舌が入ってくる。
(なんとか調子をあわせねば…)

焦りながらも、由美の舌と俺の舌をからませる。
唇を離すと、体に巻いていたタオルを取ってしまった。

雪のような真っ白い肌、大きな胸、スラっとした体。
顔も真っ白で化粧なんか毎日つけていない。
すると、その肌を俺にすりよせてきた。

俺の頭の中はパニクっていた。
次はどうするんだ?胸を触る?妹の?いいのか?俺で…。
おそるおそる由美の胸に手を伸ばした。

それに気づいたらしく、俺の右手を引き、自分の大きな胸に当てる。
「遠慮しないでよ、ね?」
俺は座ってた状態から、由美を下にするようにソファーに押し倒した。

――もうどうにでもなれ!
俺はそんなことを頭の中で繰り返しながら、ズボンを脱いだ。
俺も由美も全裸。
ぎゅっと腕に由美を抱いた。

頭の中で変な画像が浮かんできた。
実は、家に帰る前、友人がビデオを見ていたのだ。
俺は遠慮しながらも少し見てしまったのだ。

全裸の男と女がベッドでごそごそ動いている。
雑誌でも読んでいようとしたが、どうしても気になって、雑誌から目線をテレビに
移す。

ピンクで少し光って見えるおまんこの中に、バイブを男が指し込む。
バイブのことは少し前に友人が説明してくれたから、だいたいどんなものなのか
分かっていた。

「お兄ちゃん」
由美が俺に抱きつかれたまま言った。
「お兄ちゃんに見せたいものがあるの」
俺の腕からするっと抜け出すと、股を大きく開いて、毛をかきわけ、
俺が、ビデオで見た、あのピンク色で、少し濡れているおまんこを見せてくれた。

「SEXって、ここにチンチン入れるんでしょ?」
カクカクとロボットの様にうなづいた。
「お兄ちゃんのチンチン、入れて」
頭がくらっとなった。もうこの時は、何考えていたか覚えていない。
とにかくまた抱きついて、自分のチンポを由美のおまんこに押し当てた。

穴(膣)の入口を探すように腰を動かす。
やっと見つけてぐいっと押しこんだ。
由美は声にならない声をあげた。

おまんこの中でチンポを激しく動かした。
「ああああああああああ!!!!」
二人が叫んだ時、俺は中で出してしまった。

30分ぐらいだろうか、俺と由美は放心状態で何も喋らなかった。
動かなくなった人形のように、ソファーの角に寄りかかって。

最初に動いたのは俺だった。
あっと我に戻り、やばいことをしてしまったんじゃぁ…としばらく考えこんだ。

それに気づいたか、由美が
「お兄ちゃん、悩むことじゃないよ。私が頼んだことなんだから」
疲れ果てた顔で笑顔をつくり、俺に言う。

それから、2ヶ月に一度は必ずやっている。
今度、俺から誘ってみよっかな。
関連記事
もっと読みたい方はこちらからどうぞ
[ 2017/05/27 ] | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
18才未満閲覧禁止
管理人のRタンゴです。
このサイトはエッチな体験告白集です。騙しリンクはありませんので安心してお楽しみください。
人気ページランキング
ブログパーツ
スマホ・携帯
QR
検索フォーム
フリーエリア
現在の閲覧者数:
相互リンク募集中です

名前:
メール:
件名:
本文:


相互リンク募集しております。
小説・告白系のサイト様ご連絡ください。 できたばかりのサイト様も歓迎いたします。
怪しいバナーのあるサイト様はご遠慮ください。