エッチ体験告白ブログ

寝取られや人妻・熟女などの告白を毎日更新しています。
エッチ体験告白ブログ TOP  >   >  兄に夜這いされて嬉しかった妹(1)

兄に夜這いされて嬉しかった妹(1)

昨日の夜お兄ちゃんのPCでネットしてたの。
そしたら、お気に入りにこの掲示板があって・・・。
夢中で読んでるうちにすごい濡れてきちゃった。。。
整体師のとかってすごかった。文字を目で追ってる
だけなのに、カラダが反応してきちゃうの。

脱いじゃうのは本当にイケナイ感じがして、でもがまんできなくて、
パンティの中に手を入れて、直接クリを触っちゃいました。

「はぅっ・・・。」
カラダに電気が流れたみたいに、ビクってなって、
足がつりそうになっちゃった。でも、もっともっと
気持ちよくなりたかったの。今度は、親指と人差し指で
コリコリってクリをつまんで・・・。

「ああっ!」
って大きな声がでちゃって恥ずかしかった。
そのうち、アソコの奥のほうが、うずうず、
じんじんしてきて、すごく入れて欲しい
感じがしてきちゃったの。

彼氏は、いつも最初にクリをいじってそのあと、
Hしてくるのね。
でも、今日は欲求不満のまま終わっちゃう・・・。

どうしよう・・・、って思いながら、でも頭がマヒしたみたいに
なって、指の動きがどんどん早くなって、どんどん
波が高まってきたの・・。
「あ、あ・・・、いやっ。 ・・・あぁっ!」

初めて一人エッチでいっちゃった。
すごく気持ちよくて頭もカラダもぼーっとしびれた
みたいになって、ふわふわと漂ってるような感じで・・・・。

ほんの数分だったと思うんだけど、仰向けのまま
ぼんやりしてた。でも、あそこの奥はまだ疼いてて、
熱くなって敏感になってたくさん濡れてる感じ。
(どうしよう。このままじゃ眠れないかも・・・。
でもバイブとか持ってないし・・・。指いれちゃおうかな。)

その時、廊下の私の部屋のすぐ前で人が動く気配がしたの。
(まさか、おにいちゃん・・・?)
どうしよう、聞かれてたかな・・・。
最初は声に気をつけてたんだけど、だんだん無意識に
大きくなってたかも・・・。

指入れるのはガマンして寝たふりしよう。
そうすれば、おにいちゃんも寝言だったのか、って
思って部屋に帰るはず。
私はそう決めて、ドアのほうに背をむけるように
寝返りを打っちゃった。

だけど、それがよくなかったみたい。横向きになったら
敏感になっていたアソコのあたりが刺激されて、
余計に感じてきちゃったの。
でも一生懸命がまんしてじっとしてた。

数分経って(もうお兄ちゃん行ったかな。) って思ったその時
ドアがゆっくりと開く音がしたの。
(え・・・?)

お父さんとお母さんは1階で寝てるし、お兄ちゃんしか
いない。でも、どうして?
お兄ちゃんは音を立てないようにドアを閉めて忍び足でベッドの
方に近づいてきた。そして、私の背後のベッドのふちの
ところに腰をかけた。息づかいが聞こえる。

(どうしよう・・・。)
私は今気がついて目が覚めたふりをして、
わさと寝ぼけた声で
「・・・お兄ちゃん?」
って言ってみた。
「しーっ。そのまま静かにして。」
お兄ちゃんはそう囁きながら、ベッドに入ってきて
私の背中に身体をくっつけてきたの。
少し飲んできたのかな。お酒のにおいがちょっとした。
こんなにぴったりお兄ちゃんとくっつくのは初めてで
ドキドキした。でもイヤじゃなかった。

「由香、ドアちゃんと閉めとけよな。」
「え?」
「途中からだけど見ちゃった。」
「!!」
「お前、彼氏とHしてないのか?」
「そんなことないけど・・・。」
「いつも一人でしてるのか?」
「ううん・・。お兄ちゃんこそ居間のPCのお気に入り
消しときなよ~。」
「あれ見たのか、お前。」
「へへへ。」

お兄ちゃんは片方の腕を私の前に回すと
パジャマの上から私のお腹をゆっくりとさすり始めた。
エッチな感じじゃなくて優しくて、とっても気持ちが
よかった。

私は少し安心して、
「お兄ちゃん、明日会社でしょ?」
って言ったら、お兄ちゃんは
「うん。」
って言いながら、手をすすーっと上の方に
ずらしていったの。

「気持ちいい?」
お兄ちゃんの声は低くて心地いい。耳元でそう囁かれて
私は思わずこっくりと頷いていた。

そしたら、おにいちゃんは、私のパジャマの
上のボタンを上2つだけはずした。そして
ゆっくりと手を差し込んできたの。

「あ・・っ」
私は声が出ちゃいました。寝るときだからブラは着けてない。
あたたかい大きな手で、敏感になってるおっぱいを直接
触られて、すごく気持ちが良くて、でもお兄ちゃんとこんなこと
してるのがすごくイケナイ感じがして恥ずかしくて
もじもじ動いちゃった。
そうしたら、私のおしりにお兄ちゃんの足の間の
硬くなっているものがあたった。私は一瞬身体がこわばった。
(あ、お兄ちゃんも・・・。)

お兄ちゃんがどうなってるのか気がついた私を見て、
お兄ちゃんはさっきよりもっと激しくおっぱいを揉んできた。
そして、人差し指と親指で乳首をやさしくいじってきた。

「ん・・・・。」
彼氏に触られても乳首はあまり感じないのに、お兄ちゃんに
されると、すごくやらしい感じがして、さっき
あんなに濡れたのに、もっともっと濡れてきちゃった。

お兄ちゃんは私の首やうなじにキスしたり、
肩を軽く噛んだりしてくる。 全部気持ちよくなるツボって
いう感じで、何でもお兄ちゃんの言うこと聞いちゃう!
感じがしてきた。

彼氏はいつもすぐクリを触ってそのままエッチするだけなのに、
こうやってやさしく愛撫されると大切にされてる感じがして・・・。

そのうち、お兄ちゃんはゆっくりと手を這わせて
パンティの中に入れようとしてきた。ぐしょぐしょなのが
分かったら恥ずかしい。
「いや・・・。待って。」
するとお兄ちゃんは私の下腹部をパンティの上から
円を書くように撫で始めたの。
だんだんと手が下にずれていく。クリに触るか触らないかくらい。
「あぁん。お兄ちゃん・・・。由香気持ちよくなっちゃう。。。」

突然、お兄ちゃんびしょびしょのパンティの上から
私のクリを指先でいじり始めた。
気持ちよすぎてカラダがびくびく!ってなっちゃった。
「お兄ちゃん、もうだめぇ・・・。」
さっき自分でさんざんクリを触ったばかりだし、
私は入れてほしくて頭が変になりそうだったの。

「入れてほしい?」
私の考えを読んだかのように、お兄ちゃんは聞いてきた。
アソコはすごく入れてほしくなってぐちょぐちょに濡れてる。
奥のほうはぴくぴくしてる。私は、こっくりと頷いた。
「じゃあ、そうお願いしなきゃ。」
「え・・・?」
「お願いしなかったら入れてあげないよ。」
お兄ちゃんはそう言いながら、パンティの横から指を入れて
ぬるぬるになったアソコの周りを直接ゆっくりと撫で始めたの。
「あぁん・・・、いじわる!お願い・・・っ。」
「それだけじゃわからないな。」
「お願い・・。入れてぇ・・・。」
「もっと丁寧に。」
「お願いします。入れ・・・てください。
「・・・何を?」
「お兄ちゃんの、ゆ・・・び・・。」

おにいちゃんは私のパンティを途中まで引き降ろし、
割れ目に指をいれてきた。それだけで感じすぎて
頭の中に火花がちる。大きい声をださないように
毛布を口に押し付けて必死でがまんした。

太い指が、私の中に入ってきた。
ぐっしょり濡れてるから、ぬるっ、っていう感じで。
私は奥のほうまで入れてほしかったのに、
途中までしか入れてくれなくて、入り口の近くの壁を
いじってくる。くちゃ、くちゅ・・・、って音がする。
「あ・・・、ん・・・。だめ。こんなこと・・・。」

「やめてほしいの?」
私は必死で首を振った。
「やめないで・・・。」
「どうしてほしい?」
「もっと、奥まで・・・・。」
「こうやって?」
「あっ、あ、あ、ひぃっ。」
「由香、感じてるね。」
お兄ちゃんは、中にいれたまま動きを
止めてしまった。
「お願い、そのまま、動かしてぇ。」
「だめ。まだいかせない。」
「お願いだからぁ。」
「じゃあ、自分で割れ目のところ触ってごらん。
さっき一人でしてたみたいに。」
「え、このまま・・・?」
「そう。」

私はお兄ちゃんの言う通りに、割れ目に指を添えた。
敏感になったクリに指が触れ、ぴくん、とカラダが動く。
「あ、すごい。由香の内側が反応してるのが分かるよ。」
私はもう何も考えられなくて、クリを指先で軽く叩くように
刺激していた。その動きにあわせてお兄ちゃんが
私の中で指を動かす。指はいつのまにか2本になってて
子宮の入り口の壁の上のところを交互に刺激する。

「あ・・・、ん、お兄ちゃん、そこは、そこだけは許して・・・。
由香、アタマ、へんに、なっちゃうよぉ。」
「いいんだよ。そのまま続けてごらん。」
「もう、だめ、おねがい、ゆるして、ほんと、由香、
めちゃめちゃになっちゃう。」
私は空いたほうの手で毛布を握り締めた。

お兄ちゃんの指の動きがいっそう激しくなる。
「あ、あ、あ、ん、ん、おにいちゃ・・・ いやぁああああっ。」
その瞬間、腰のあたりから背筋を通って、ものすごい
快感が頭の中ではじけたの。

目の前が真っ白になって少しの間気絶してたみたい。
気がつくと私は仰向けにされて、お兄ちゃんが私の
頬やおでこにキスをしていた。

「由香、かわいいね。」
「お兄ちゃん・・・。今、すごい気持ちよかった。」
おにいちゃんは私の唇をすってきた。熱い息。
私はお兄ちゃんの口の中に舌をいれる。
お兄ちゃんの舌の動きはやらしい。私はまた波がくる
感じがした。

「おにいちゃん、由香のおっぱいなめて・・。」

おにいちゃんは私のパジャマのボタンをはずすと、
両手でおっぱいをつかんで真ん中によせて、谷間に
唇をつけた。その後、ちょっとずつ唇を左の乳首に
近づけるように這わせていったの。でもなかなか
乳首は吸ってくれない。

「ん~、乳首も・・・。」
私の乳首はつんつんに立っていて、とっても敏感になってた。
「由香、左のおっぱいのほうが大きいんだね。」
おにいちゃんはそう言いながら右の乳首を指先で
いじり始めた。
「あんっ。」

お兄ちゃんは左の乳首の周りだけを集中的に
なめたり、唇ですったりしてる。
私は、またアソコの奥のほうがひくひくして
我慢できない感じになってきちゃった。

「お兄ちゃん・・・!」
「ん?由香、お願いしたい時はどうするだっけ?」
「あ・・・。いじわるしないでぇ。」
「そうじゃないだろう?」
お兄ちゃんは今度は右の乳首の周りをゆっくりやらしく
なめ始めた。もう少しで唇が乳首につきそうなのに。

私はすごく悔しかったけど、言ってしまった。
「お願いします。。。由香の乳首をなめてください。」

私の右の乳首がお兄ちゃんのあったかい口の中に
吸い込まれていった。
「は・・・うっ。気持ちいい・・・。」
アソコの奥が、「じゅん」ってなった。
おっぱいだけでこんなに感じるなんて・・・。

「私、お兄ちゃん欲しい。」
お兄ちゃんは顔をあげて私をみつめた。
「あそこの掲示板に書いてあったみたいに、
たくさんやらしくして、最後までしてほしいの。」

お兄ちゃんは上体を起こした。
(あ、イケナイこといっちゃったかな。)
私は心配になった。
「由香、・・・今日だけ、一度だけだぞ。」
お兄ちゃんはそう言うとワイシャツを脱いで
ズボンも脱いでトランクス一枚になった。

そして私のパンティを脱がして行ったの。
「由香の毛はストレートなんだな。」
「い、いや・・。恥ずかしいから見ないでっ。」

お兄ちゃんは私の太ももの付け根近くに両手を置いて
私の両脚を開くようにして、私の敏感なところを
見つめてる。お兄ちゃんの視線で私は感じてきちゃった。
触られてもいないのに、アソコから液が溢れだして
いくのがわかる。

「由香、やらしい液がおしりのほうまで垂れてるよ。」
お兄ちゃんはそういいながら割れ目の両脇の
ぷくっとしてるところに唇を寄せて吸い始めた。
「あ・・んっ!」
またさっきみたいにじらして、「お願いします。」
って私に言わせるつもりなんだ。
私はなるべく感じてないふりをすることにした。
お兄ちゃんはクリの周りのところばっかり舐めたり
すったりしてくる。敏感じゃないぎりぎりのところ。
私は息を止めて必死で我慢した。

私の反応がないのに気がついて、お兄ちゃんは、
「由香は気持ちよくないみたいだし、やめちゃおうかな。」
と言った。
(ずるい!)
私はお兄ちゃんを見たけど何も言えなかった。
「でも、その前にこのぐしょぐしょを何とかしなきゃな。」
お兄ちゃんはそう言うとアソコの入り口を
ぺろって舐めあげたの。
「ああん・・・。」
我慢できなくて、声が出ちゃいました。
お兄ちゃんは水を飲む動物のように、私のアソコから
溢れ出る液を舐め続けます。舌はざらざらしてて
敏感になっているアソコの周りを確実に刺激してる。
私の両脚は完全に開ききってしまった。

「ん・・、くっ・・・。ふ・・・!」
それでも私は声を出さないように毛布を口に押し付けてました。

「由香、気持ちいい?」
「・・・。」
「聞こえないよ。」
「気持ち、、いい・・・。」

ごめんね、少しずつで。昨日連続投稿でかけなくなっちゃったから。

お兄ちゃんはどこをどうすればいいか、私が何を欲しいか
わかってて、私はお兄ちゃんのいいなり。絶対にさからえない。
だって、最高に気持ちよくしてくれるから。
悔しいんだけど、私はこのシチュエーションが好きになってきた。

「お兄ちゃん。お願いします。クリもなめてください。」
お兄ちゃんは少しびっくりした顔をしたけど、すぐに
ゆっくりと私のクリを舌の先で転がしてくれた。
「はぅ・・・っ」
電気が流れた。私の上体はエビみたいにのけぞった。

それから、おにいちゃんは顔を横向きにすると唇で私の
クリをはさんで、さらに舌で刺激し始めたの。

「あ・・、あ・・、あぁっ。由香、すごい、感じちゃう。
お兄ちゃん、すごい。これ。」
彼氏はクンニが好きじゃなくてほとんどしてくれない。
だからお兄ちゃんの唇や舌があまりに刺激的で、
私はあっというまに絶頂を迎えてしまいそうだった。

「だめ、まだ、いきたく、ない、の。
このまま、ずっと、きもちよく、なってたい・・・。」
お兄ちゃんは舌の動きをゆるめた。
私は絶頂の一歩手前で、今までにない長さの時間快感に
ひたっていた。アソコから愛液が音を立てて溢れ出している。

もう、がまんできない。

私はお兄ちゃんのトランクスに手をかけて膝までおろした。
そして、お兄ちゃんの大きくて硬いあれを手に持って
お兄ちゃんを見上げながら言った。
「おにいちゃん、おねがいします、これ、由香の中に、
入れてください。」

お兄ちゃんは無言で私を押し倒し、トランクスを脱ぐと
膝で私の両脚を割ってきた。そして私の顔を真上から見つめた。
「由香、本当にいいんだな?」
「うん。早くお兄ちゃんとひとつになりたい。」

お兄ちゃんは先っぽを私の入り口に当てた。
お兄ちゃんのやつをちゃんと見たのは初めてだったんだけど、
彼氏のより全然大きくて太くて、私は痛くならないか
少し心配だった。

私の中にお兄ちゃんが入ってきた。
「あ、あ、あ・・・・っ」
お兄ちゃんの太い硬い棒が、私の中のヒダを
押し分けてずぶずぶと中に進んでいく。
腰が勝手に持ち上がって痙攣する。
「お兄ちゃん、すご・・・い。」
動かしていないのに、入れただけで頭がしびれたみたいに
なっちゃった。

「由香!由香!」
お兄ちゃんは私を抱きしめながら突然すごい勢いで
腰を前後に動かし始めた。お兄ちゃんの熱くて硬い
先っぽが、私の一番敏感なところにぐいぐいと当たってくる。
当たるたびに、私の頭の中で何かがスパークする。
「ひぃ・・・っ!あぁぁっ・・。」
私のあそこの奥のほうが収縮してお兄ちゃんから出てくるものを
吸いつくそうとしてる。空気がはいって、ズコッズコッって
音がする。愛液がどっとあふれだしてぴちゃぴちゃと音がする。

ふと、お兄ちゃんが動きを止めて聞いてきた。
「由香、中で出しても平気か?」
「うん、全部、出して。私、お兄ちゃんが欲しい。」
「その前に、もっと由香を味わいたいな。」

お兄ちゃんはそう言うと、私とつながったまま
正座みたいな姿勢になった。私は仰向けにのけぞったまま。
腰骨をお兄ちゃんにささえられ、私は恥ずかしい
姿勢になっていた。
「ほら、由香と俺がつながっているところが丸見えだよ。」
「いやっ・・・。」
でも、私はお兄ちゃんが私に何をさせようとしているか
わかっていた。私は自分からクリに指をはわせた。

「由香・・。」
お兄ちゃんは驚いた様子だった。
私はさっき自分でしてたように、親指と人差し指で
クリをつまんで刺激した。
「あんっ、ああっ・・・。」
感じるたびに私の中の壁が収縮して、お兄ちゃんも
「おぉ、う・・・!」と声をあげる。

そう、今度は私がお兄ちゃんのよがってるところを
見る番。私はお兄ちゃんに見せ付けるように
両脚を思いっきり広げて、片手でおっぱいをもみながら
クリをいじくりまわしたの。
「あぁ~ん、あ・・・。感じちゃう。」

とつぜん、お兄ちゃんは私から離れた。
でもそれは一瞬のことだった。私は四つん這いに
させられ、お兄ちゃんは私の腰を持って、後ろから
思い切り挿入してきた。

「・・・!」
本当に気持ちいいと声がでなくなっちゃうみたいだった。
私の奥のほうの一番感じるところに、お兄ちゃんの棒が
ぐり!ぐり!って押し付けられる。
「由香、お前みたいにやらしいやつはこうしてやる!」
私は声も出なくなっていた。ひー、ひー、と
泣いてるみたいに息をするのが精一杯だったの。

「由香!何とか言ってみろ。」
私は枕をぎゅっと手でつかんでるだけで声が出せなかった。
お兄ちゃんは腰の動きを続けたまま、後ろから私の
おっぱいを乱暴につかんだ。

「あ・・・っ!」
「こんな、おしりを高く突き出して、ホントにやらしいな、
おまえは。」
お兄ちゃんは激しい動きをやめない。
私のアソコは最高潮に締まり愛液がとびちっていた。
パン!パン!ってお兄ちゃんの下腹部が私のおしりに
当たる音が聞こえる。

私は、四つん這いになってたけど、耐え切れなくなって
あごと胸をベッドにつけ、おしりだけをお兄ちゃんに
むかって突き出す格好になっていた。
お兄ちゃんの棒の先がさらに熱くなって硬くなってるのが感じられる。
動きが早くなる。敏感なところが突かれる度に、
はげしい快感が私のカラダを震わせる。

「おにい、ちゃん、もう、許して、わたし、だめ、
いっちゃう、あ、あ、あ、ごめんなさい、ごめんなさいぃ。
ひぃっ、ひ、いやっ、あうっ。あ、あああああぁぁぁっ。」

その瞬間、「うっ!」という声とともに、私の背中に
生暖かい液体がほとばしるのが感じられた。大量に。
「おにい、ちゃん、、」
「う、由香、そのまま動くなよ。」
お兄ちゃんはティッシュをたくさんとって私の背中に
ついたものをぬぐってくれた。
わたしも仰向けにもどると、股の間のぐちゃぐちゃに
なってるのをふき取った。

そのまま汗ばんだカラダでベッドの中でしばらく
2人で抱き合っていたんだけど、私はすぐ
眠っちゃった。朝目が覚めたらお兄ちゃんはもう
出かけた後でした。

この掲示板読んだことで、私とお兄ちゃんは結ばれて
しまいました。ううん、掲示板読まなくてもいつか
こういうことがおきたのかもしれない。
私はお兄ちゃんが大好きだから・・・。

………

蛇足になるけど、彼とのことも書いておきたいの。

お兄ちゃんがN市に転勤になって2週間が過ぎた。
私は、1人暮らしの彼氏の部屋に久しぶりに行くことにした。
お兄ちゃんと結ばれてからは彼氏と会うのはいろいろと
理由をつけて避けていたんだけど、
やっぱり寂しいし、彼氏にも悪いと思って・・・。
お母さんには友達の家に泊まる、と言ってある。

案の定、外でご飯を食べて彼氏の家についたら、すぐエッチに
なった。

彼は、ロクにキスや愛撫もしないですぐに挿入したがる。
少し時間をかけて欲しい、って態度に出してるんだけど、
私がじらしてるだけ、と思うらしい。

彼が私の中に入ってきた。
お兄ちゃんのより全然小さい。一番奥の気持ちいいところまで
届かないし、太さもないから壁も広がらなくて、
「入ってきてる!」
っていう刺激が足りない。

彼は必死でピストン運動をしてるけど、私の反応なんて
どうでもよくて、自分さえ気持ちよければいい、っていう感じ。
私は目をとじて、お兄ちゃんに抱かれているところを想像した。
ひどい彼女だと思う。でもそうでもしないと我慢できなかった。

奥の気持ちいいところまで届かないのは、お兄ちゃんがじらしてるから・・。
お兄ちゃんの腰の動きがいっそう早くなる。
(あ・・・、お兄ちゃん、気持ちいい。。。)

「お兄ちゃん!」
私は思わずそう口走っていた。

彼は動きを止めて私の顔を見つめた。
「由香、お前、今なんて・・・。」
私はあせりまくって、
「ほら、私、ブラコンだからさ。お兄ちゃん転勤で
行っちゃったのが寂しくて、なんか、つい口から・・・。」
彼は私の目を見つめる。怒っている。私は目をあわせられない。

しばしの沈黙の後、彼はこう聞いた。
「・・・無理やりされたのか?」
「ううん、ちがう!」
私は慌てて否定した。でもそれは真実が他にあること
を認めたことになってしまった。

「なんで・・・。」
彼は起き上がってベッドに腰掛けると煙草に火をつけた。
(どうしよう・・・。)
私は泣きそうになった。同時に、
彼はまだ終わっていないことに気がついた。

「なんでだよ、チクショー。」

気まずい沈黙が続く。
(分かれたほうがいい。私とお兄ちゃんのことを知られてしまった以上、
付き合えない・・・。)
私も胸を毛布で隠しながら起き上がった。
「かっちゃん、あのね・・・、」
「・・・どんな風にされたんだ。」
「え?」
「お前の兄貴はどうだった、って聞いてるんだよ!」
「どう、って。。。」
私の頭の中に、お兄ちゃんによって与えられた最高の
快感がフラッシュバックした。

彼は煙草を乱暴に揉み消すと、私の両肩をぐっと掴んだ。
目が血走っている。
「よかったのかよ。」
「え・・・。」
「よかったのかっ!?」
「かっちゃん、やめて。こわい!」
「答えろ!」
「よか・・・った・・・。」

彼は私を突き飛ばした。
「あっ。」
私はベッドに倒れこんだ拍子に壁に頭をぶつけた。
こんな乱暴な扱いは受けたことがない。痛みと
恐怖で思考が停止する。

「おまえ、おまえ・・・。」
彼がのしかかってきた。目は真っ赤に充血して
ぎらぎらして、肩で息をしている。
(殺される。)
カラダがこわばった。

「めちゃめちゃにしてやる!」
彼はそう叫んで、私に強引にキスをしながら
私のおっぱいをすごい力で掴んできた。
ちぎられるかと思うくらいの強さだった。
「痛っ。かっちゃん、お願い、やめてぇっ。」
私は顔を横にそらせて泣き叫んだ。
でも彼はやめてくれない。
首、耳、頬、あご、私はありとあらゆるところを
吸われ、噛まれた。

もっと読みたい方はこちらからどうぞ
[ 2017/04/19 ] | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
18才未満閲覧禁止
管理人のRタンゴです。
このサイトはエッチな体験告白集です。騙しリンクはありませんので安心してお楽しみください。
人気ページランキング
ブログパーツ
スマホ・携帯
QR
検索フォーム
フリーエリア
現在の閲覧者数:
相互リンク募集中です

名前:
メール:
件名:
本文:


相互リンク募集しております。
小説・告白系のサイト様ご連絡ください。 できたばかりのサイト様も歓迎いたします。
怪しいバナーのあるサイト様はご遠慮ください。