エッチ体験告白ブログ

寝取られや人妻・熟女などの告白を毎日更新しています。
エッチ体験告白ブログ TOP  >   >  衝撃だった妻の不倫告白(3)

衝撃だった妻の不倫告白(3)

加藤「そうやって…自分だけ何回も逝ってずるいぜ…俺も逝かしてくれよ?」
友子「…さっき口に出しだじゃない?」と少しは抵抗して?いましたが…加藤の巨根が友子の内臓を圧迫して体に力が入ら無い様子でした…
加藤「こう言えよ友子…元彼の生のチンポを奥まで、嵌められて…感じてるって…結婚したのに…元彼チンポにガッバ・ガバに戻されてるって…」
友子「あんっ…奥までぇ…元彼に生で嵌められて…マサ君と結婚したのぃぃ…」
加藤「ホ~ラ…俺のチンポがこんなに挿いるぜ…短小旦那のマサ君のチンポじゃもうスカスカで…緩いよな~言えよ友子?」


友子「もう…嫌だぁぁ~グイグイって子宮ごと…オチンチン…奥まで押し込まないでぇ~膣がホントに伸び切っちゃってる~アソコ…昔みたいに…ガッバ・ガバに戻されてるよぉ~もう抜いて~」

加藤「もう…遅せよ…友子…俺の肉棒こんなに根本まで咥え込んでっから俺チンの形…しっかり刻み込まれた後だから…もう余裕で肉棒…全部呑み込んで…」

友子「タケシのおっきいオチンチン…全部がもう簡単に挿いっちゃって…ナカ(膣道)拡がっちゃってるぅぅ~行き止りの肉が…奥に伸びちゃってるぅ~」

加藤「あ~あ…友子…旦那のマサ君にちゃんと謝れよ…元彼の肉棒に嵌められてユルユルのガバガバにされてごめんなさいって…」

友子「あああ…マサ君…ごめんなさい…アソコ緩くされてごめんなさいぃぃ~」

加藤「ホラ…俺と別れて結婚して旦那のチンポの大きさにやっとオおまんこが馴染んだのに…元彼のサイズに戻されてごめんなさいって…」

友子「結婚して~折角…マサ君のオチンチンの形に馴染んだ…のにぃ~やっと少しだけでも~ナカ(膣道)狭く成ったのにぃ~もう…やだぁ…」

加藤「こう言えよ…ガバガバの大穴のスカスカ…中古おまんこに戻されてごめんなさいって…」

友子「やだぁ・・やだぁ…ガバガバなんて…嫌だぁ~大穴中古おまんこやだぁ~」

…そして妻は何度も逝かされた挙句…私にとっても屈辱的な事を言わされて…

加藤「友子のガバガバ大穴中古おまんこ…満足させれるのは俺のチンポだけだから…はあ・はあ」

第9章.完全に堕ちた?妻…

友子「またっ、奥の、ソコっ…子宮コリコリ…好いトコに当たってぇぇ…」

加藤「結婚してても…元彼のチンポが良いんだよな?淫乱友子は…変態?」

友子「ああああ・もう…変態…何でも良いよぅぅ~あん・あん・あんっ…」

加藤「じゃ~旦那の短いチンコじゃ満足出来無いって言えよ…其れ位…変態友子なら言えるだろ?」

友子「あああ…主人のオチンチンじゃーもう満足出来ないのぉ~」

加藤「違うだろ友子?短いが抜けてる…旦那の名前と理由もちゃんと言えよ・・」

友子「ああああ~マサ君の短いオチンチンじゃ~子宮コリコリに一杯…届か無いからぁ~変態…友子はもう満足・出来無いのうぅ~」

加藤「友子ちゃんと…しっかり言えよ…旦那と俺のチンコどっちが良いのか?」

友子「タケシのオチンチンが良いの~凄く届くのぉ~もっと…もっとぉ~コリコリ…突いてぇぇ~」

加藤「もっと言えよ友子…このチンポ好きってもっと大きい声で言えよチンポ抜くぞ?」

友子「嫌だぁ~抜かないで~ガンガン突いて…ガンガン突いて…もっと…もっとぉ~乱暴にぃ~子宮コリコリ嬲って~オチンチンで串刺しにしてぇ~コリコリ貫いてもいいからぁ~」

加藤「本性出たな友子よ…子宮口を串刺しだ~?旦那が知ったら泣くぞ~明日から会社でも俺の肉便器に成るよな?」

友子「タケシの肉便器?成るのぉ~イイのぉ~このオチンチン最高にイイのぉ~ずっと嵌めてて欲しい~やっぱり…離れられ無いの~」

加藤「離れられ無いのは当たり前だぜ…旦那の粗チンなんかよりも…友子はこの俺のスペシャルチンポが好きなんだろ?昔みたいに…きっちり心と体に刻み付けてやっから…ホ~ラ串刺しピストンだ~」

友子「嬉しい~刻み付けてぇ~タケシのオチンチンの形…友子の不貞おまんこに…きっちり刻み込んで~友子のガバガバ大穴…ジョコジョコって…掻き混ぜて~」

加藤「お~ら…おら・おら…「パンパンパンパンパン」…コリコリも貫いてやっから…」

凄い勢いの高速ピストンです…なんと友子は自分で不貞おまんこと叫んでいました

友子「ひやぁ~貫かれてるぅ~そんな激しいの~ホントに…子宮コリコリ壊れちゃう~こんなのワタシ…死んじゃう…死んじゃう…でも…タケシのスペシャルチンポ好きぃ~このオチンチン…大好きぃ…」

加藤「やっと…堕ちたな…友子…ちゃんと旦那のマサ君に謝れよ」

友子「マサ君…ごめんなさい…ワタシね…浮気したの~元彼のおっきいオチンチンで~アソコの穴…ガッバ・ガバにされたの~今からね…子宮口も串刺しにされのぉ~」

友子は堕ちてしまったのか…?動画では…鼻水と涙を垂れ流しながら…大声で…叫んでいました…

第10章.肉便器に戻った友子

友子「アソコ…こんなんに成っちゃったから…もう主人と当分子作りSEX出来ないよ~だから早くぅタケシのオチンチン…嵌めて~」

加藤「これからも俺専用のオナペットの肉便器に成るんならオネダリしな…ちゃんと言えたら…このチンポ嵌めてやる」

友子「もう…オナペットでも…ダッチワイフでも…肉便器でも…何でも良いからタケシのぶっとい~オチンチン挿れて…ここに頂戴~友子のガバ穴にぃ早くぶち込んでよぉ~」

加藤「あ~あ…昔の友子に戻ったな…本当に俺のチンポで少し…肉壷壊れた?もっと壊したって…良いいんだぜ?」

友子「あは~ん…良いよぉ~ワタシはタケシの…オナペットだから~ダッチワイフとして使って~乱暴に扱って…肉壷…壊して~もっと激しくぅ~ジョコジョコって…して~」」

加藤「これからは…俺が旦那の代わりに…友子と毎日SEXして満足させてやっから…」

友子「ワタシ…SEX大好きだから…H大好き変態女だから~昔みたいに…タケシのしたい事…何でも…させてあげるからぁ~ビラビラ肉でぇ…膣口でぇ…ヒダヒダの粘膜でぇ~子宮のコリコリもぉ~子宮のナカまで使ってぇ~タケシのオチンチン…ワタシのナカ(胎内)の肉・全部で包み込んであげるうぅ~」

スイッチが入った?友子は淫語連発でした…私は大興奮して画面に噛り付きながら…妻の友子の淫語を聞いていました…

友子「ワタシの体…ダッチワイフだからぁ~散々使って…膣口の穴も…昔みたいに~擦り切れるまで…タケシのオチンチンで掻き回してぇ~飽きるまで…もっとグチャ・グチャにして~ガバガバのオナホ穴に戻してぇ~」

加藤「おいおい…そんな事言ってダッチワイフのオナホ穴は一度壊れたら当分使え無いんだぜ?その時は…なあ友子よ…昔みたいに…棄ててやっから…」

美幸「嬉しい…また…棄てても良いよ~ワタシの体…ボロ雑巾みたいに扱ってよ~ココの穴はぁ~タケシのオナホ穴だからぁ~メチャ・クチャに扱って…擦り切れて…ガバガバに成って…壊れて…飽きたら…主人に返して上げて~」

DVDを見ながら…私は何時の今にか…手放し状態でもパンツの中に射精してしまいました…そして最後は調子に乗った元彼の加藤がついに…

加藤「あああ、友子…俺の…オナホ穴なら…当然…中で出して良いだろ?なあ…なあ?」

友子「…な…中はダメだよ…あん、あん、あん…嫌ぁ…ダメだよ~主人にもまだ一度も中出しさせて…無いんだから…あっあっ…ま…また昔みたいに…赤ちゃん出来ちゃうよ~ハァハァ」

加藤「なんでだよ~昔は当たり前のように…いつも中出ししてたじゃん?」

友子「あの時わぁ…安全日とか大丈夫とか思っていたからぁぁ…それにちゃんとタケシと付き合っていたからぁ~今日は危ない日かも?」

加藤「友子は肉便器に成るんだろ?肉便器は生で中出しが当たり前だぜ…」

友子「中出しだけは…ダメ…だよ、ああん、あん、主人が居るんだからぁ~帰ったら…子作りSEXだって…始めるから…ピルなんて持って無いし~ハァハァちゃんとゴム付けるなら…会社でも肉便器に成って良いと…少し思ったけどぉ~さっきは…逝ってオカシク成ってたし~」

加藤「なんでだよ?何でもさせてくれるって言っただろ?それに…旦那いるって言いながら…チンポ生で奥まで咥え込んで…離さ無いし…俺の亀頭が友子の子宮に生でずっと…キッスしてんじゃん?」

友子「ああ~んっ…子宮口に…オチンチンの…先っぽでキスって…グイグイ当たって…うはっ…またタケシの赤ちゃん出来ちゃう~3ヶ月過ぎて…ギリギリで…中絶してるからぁ~子宮口も大きくって…案外危険日なら…出来易い体かもだし~」

加藤「ダメ…もう…出ちゃうぞ、あああ、イイだろ?なあ、もう最後だから」
    
友子「でも、だって…ああん、ハァハァ、いやああ、うぐっ、ハァハァ、子宮に生キッスだなんて…ダメ、ダメだよ~今のワタシの子宮は~マサ君との赤ちゃん作って…育てる為の大事なお部屋なんだからぁ~ナカに出すんならせめてゴム付けてよ~」

妻はちゃんと避妊するなら肉便器に戻る宣言を元彼に一度は言いましたが中出しを求められると…拒否していました…加藤の巨根には完全に堕ちた妻でしたが…中出しだけは…させまいとして…一応最後の一線は守ってる様です。

第11章.結局…妻から中出しを求める形に…

加藤「友子…良いだろ、生で・・・もうこんな事しないから…いいだろ…最後だよ…もう絶対最後だから諦めるから…友子のこともう困らせ無いから…肉便器の話しも無しにするから…」

友子「ハァハァ、ホントに今日で最後?ああん、あん、ハァハァ約束出来るの?ハァハァ…本当は…肉便器なんて嫌なんだから…会社で無理やりにフェラなんかもさせない?昔の…変な写真も全部…捨ててくれる?」

加藤「ああ、勿論させない…約束する、これで諦められる…最後の中出しで…俺の大事な思い出にする、だから友子…良いだろ?今は昔のままの変態友子のままで…良いだろ?」

友子「あん、あん、ハァハァ、じゃあ、今日だけ、特別…あん、あん、ハァハァ、タケシとこんな…SEXするのも…もう今日で最後だからね…」

加藤「分かった、約束だ…ああああ、出る、友子…最後に中で出してって…言えよあああ、ヤバい、ああああマジ…出そう」

友子「あああ…主人に悪いよ~そんなことはやっぱり…自分からは言え無いよぉ~あああ」

加藤「おおお…言ってくれよ~友子…最後だから…俺のが奥で暴れてっから…もう先走ってるうぅぅ」

友子「何か…もうドクドク来てる…やっぱり…ゴム付けなきゃ…タケシの赤ちゃん妊娠しちゃう…」

加藤「もう無理だよ…ホラッ?友子のコリコリが…俺の先っぽを咥え込んでて離さ無いから…チンポが抜け無いぜ…」

友子「ああっ…駄目ぇ…危ない日かもしれないのに…ちゃんと主人が…居るのに…マサ君のオチンチンじゃ無いのに…何で?…何でなの~勝手に子宮が収縮して降りて…」

加藤「そうだよ…友子…お前の子宮が…旦那より先に俺の子種でもう一度受精したがってんだよ…妊娠したがってんだよ…今度はちゃんと産んでも構わないぜ」

友子「はぁ…はぁ…違うのぅ~ワタシの意思とは違って…体が…勝手にコリコリの穴が…開いて…ヒロシのオチンチン…咥えたがってるだけだからぁ~」

加藤「ふ~ん…友子が嫌がってても…俺の種で授精した経験が有る友子の子宮は…正直なんだ…子宮自体は俺の子種で再び…授精したがってっから…」

友子「嫌ぁ~、ああん、あん、凄い、オチンチンが子宮に強くキスして食い込んでくるぅ~もう駄目ぇ~また逝っちゃう~イグゥ~」

加藤「一緒に逝こうぜ…友子…ずっと…愛してる好きだよ…だから言って」

友子「それは無理だよ~主人に悪いからぁぁ、、あんあん・・・」

加藤「これで本当に最後だから~お願い…演技でも良いから言えよ?」

友子「子宮に…クルゥ、あ、イイ、中に、中に出して、一杯出して、あああ…」

加藤「何処の中?友子ちゃんと最後まで言って、早く、あああああ出そう、ああああヤバい…」

友子「あん…ハァハァ、オおまんこの中に、ハァハァ、友子の危険日子宮の中にぃタケシの精液一杯出して~」

加藤「おおお…出すぞー友子の危険日子宮に出すぞ~また俺がお先に妊娠させてやるぞ~」

友子「また…タケシ赤ちゃん妊娠…やだぁ~でも…イクッ~イクゥ~」

加藤「妊娠したら…旦那に中出しさせて誤魔化せよ…産んでくれよ~」

友子「だめだよぉぉ友子は…マサ君以外の赤ちゃんは要らないんだからぁ~」

加藤「1回妊娠も10回妊娠も同じなんだよ…それにお前の子宮は…俺の子種で孕んだ…使用済みの中古品なんだよ~どうせ禿げ部長にも…中出しさせてたんだろ?どうせ部長のも中絶したんだろ?だから同じなんだよ…」

友子「妊娠なんてして無いよぉ~部長はパイプカットしてたからぁ~」

ショックです…友子は部長にも平気で中出しさせていた淫乱女だったのですそして元彼の言葉に友子は完全に堕ちたのか?諦めたのか?は分りませんが…元彼の言い成り状態に成っていました。

加藤「ほ~ら友子の子宮が下がって俺の精液…飲みたがってるぜ?」

友子「また…イクッ…イッチャうぅぅ~又タケシの赤ちゃん出来ちゃう~」

加藤「あああ…出すよ~友子~昔みたいに子宮内にタップリ出すぜ~」

友子「もっ、もう妊娠しても良いからぁ・・出してぇ~一杯出してぇぇぇ…」

加藤「うっ・ドク・ドク・ドク・ドピュ…ビュク…ビュクッ…」

友子「ああああ、イッちゃう、イク、イク、ああああ、ダメ、イク、いやああああああ熱いのビク・ビクってぇ~奥にくるうぅ~結婚してるのにぃ~マサ君以外の…赤ちゃん…孕んじゃう~」

結局友子は危険日かもしれないのに…自分から挿入をネダリ自分から大声で叫んで子宮の中に大量に出されていました。

妊娠しなかったのが不思議な位です。そして挙げ句の果てには2回目のSEXからは友子は完全なハメ撮りも許してました。

そしてその後も朝まで元彼に「今日で最後だから…」を合い言葉に…たてつずけに何度も中出しされまくっていました…

第12章・堂々とハメ撮りまで…

今までは固定カメラの盗撮?映像でしたが…元彼加藤が今度はカメラを片手に持ち撮影し始めました…堂々としたハメ撮り撮影です…

友子「これカメラ?何で撮影してるの?」

加藤「もう最後だから…もう今日で友子とSEX出来無いから…思い出にすんだよ…」

友子「あんっ・終わらないの?まだ…Hするの?精液…何回も出したのに?もう…こんなにオチンチン元気なの?」

加藤「ホ~ラ挿れるよ…友子…簡単にもう…奥までチンポがズッボ・ズボって…挿る俺のサイズに完全に戻ったな…」

友子「おっきい…のぉ~タケシのオチンチンが…またワタシの奥まで…来るぅ~でもビデオは…駄目ぇ~撮ら無いで~」

加藤「駄目~ちゃんと…見ろよ…友子…今俺のチンポが根本までズッポシ挿ってるんだぜ…友子のエロい小陰唇のビラ肉が俺の肉棒を根本までしっかり包み込んで…ピクピクしてる所…撮ってんだぜ…何だったら旦那に見せようか?興奮するかもしれないぜ?」

友子「やだぁ~見せないで~もう…そんな所…撮っちゃやだぁ~駄目だようぅ…浮気バレちゃうよ~それに…もう終わりじゃないの~?」

加藤「俺のチンコが勃たなくなるまでは最後じゃないぜ…それより…友子の弱いトコ…奥のコリコリ子宮に又俺チンが…生キッスしてるぜ?」

友子「あああ…イクッ・ウゥ…また子宮にゴンゴンって…キスしてるぅ、さっきの精液でヌルヌルしてるから~子宮口のオクチ…開きやすく成ってる…亀頭で…こじ開けて…来るぅぅ~絶対に挿いっちゃいけない所に…少しオチンチンの先っぽが…挿いっちゃってるよ~」

加藤「旦那のチンポじゃ…こんなに奥まで届か無くて…強く子宮コリコリにキスが出来無いんだったな?正直に言ってみろよ?」

友子「そうなのぉ、、軽くしかぁ、子宮コリコリ…キッス出来ないのぉぉ~」

加藤「あああ…友子…やっぱ…気持ち良いわ…昔と変ら無い…お前の…子宮口が…俺の亀頭と合わさって…締付けてくる…先っぽ…ピッタシ咥え込んでる…友子は内臓までが淫乱なんだよな?それに子宮に直に…中出しされるの昔は好きだったろ?」

友子「昔と違うのぉ~ワタシもう独身じゃ無いの~主人以外のオチンチンがぁ…子宮にキスしたまま…中出しなんて…絶対に…駄目なのぉ~」
[ 2018/07/09 ] | TB(-) | CM(-)
18才未満閲覧禁止
管理人のRタンゴです。
このサイトはエッチな体験告白集です。騙しリンクはありませんので安心してお楽しみください。
人気記事
ブログパーツ
スマホ・携帯
QR
フリーエリア
現在の閲覧者数: