エッチ体験告白ブログ

寝取られや人妻・熟女などの告白を毎日更新しています。
エッチ体験告白ブログ TOP  >  アブノーマル >  デートを断った彼女とヤリコンで遭遇、3Pで仕返し

デートを断った彼女とヤリコンで遭遇、3Pで仕返し

彼女の有美に週末デートを断られた俺は、週末ヒマになったので急遽コンパの埋め合わせ要員として悪友に招集された。そのコンパは3対3のヤリコンということだった。あまり期待せずに当日、コンパに行くとそこには、有美がいた。 彼氏のデート断って、ヤリコン参加かよ、と有美の浮気未遂現場を偶然押さえた俺は徹底的に有美を無視した。


悪友が有美にモーションかけてきても無視。
有美も気まずいのか、こっちにアプローチしてくることはなかった。
悪友には有美が俺の彼女だということは知らなかった(そんなには親しくない)のだが、俺もわざわざ有美が彼女だとは言わなかった。

最初、有美は俺をちらちら見ながら、申し訳なさそうにしてたのだが、有美は酒に弱く
酒が進むにつれ俺に遠慮しないようになっていった。

俺も、有美のことは無視して、連れの女の上手そうな方にアプローチしていった。

一次の居酒屋が終わり、二次のカラオケへ。

悪友二人ともが、有美がお気に入りだったようで、あぶれた女は一次で帰った。
カラオケは、ほとんど歌を歌うことはなく、有美の両横に悪友二人が陣取って、盛り上がり、俺は連れの女と話していた。

二次ともなると、おさわりも許容し始める頃、密着度も高くなる。
無視すると決めたとはいえ、さすがに俺の彼女なだけに、俺は向こうの状況を気にし始めていた。

有美は、悪友二人にいろいろなカクテルをちゃんぽんで飲まされていた。
ミニスカートで生足だったので、太腿に手を置かれ、その内さすられていた。
なもんだから、その内、ギリギリまでスカートが上げられ、股の奥をつんつんさせられていた。
有美も対して抵抗はなく、「えっちー」と軽く諌めるくらい。はっきり言って逆効果だ。

俺は、だんだんと有美が気になり始め、連れの女におざなりに話を合わせるようになった。
女はそれが気に入らないらしく、体を張って(w)俺にモーションをかけてくる。
どうやら、気に入られてるようだ。胸を揉ませたりもしてくれるのだが、俺はそっちのけで、有美の方を気にしていた。(今考えるともったいない)

そうはいっても、女を完全無視という感じではないので、傍から見ると結構いちゃついてるように見えたんだろう。俺も有美に気がいってるのが悪いなと思い、不機嫌にならない程度に女のフォローをしてた。女の方も、ヤリコン前提できてるから、結構大胆で、カクテルの口移しなんかもできちゃったりした。

ところが、まずいことに、俺がそういうことになってると、あっちは一時的に落ち着いてたりして、口移しとかもバッチリ有美に見られていた。
それで、有美がヘソを曲げたかどうかで、有美も悪友二人のちょっかいに抵抗しなくなっていった。

俺の真似をして、カクテルの口移しを試みようとする悪友にも、有美はなんなく応じた。
有美のかわいい唇に、男の口から注ぎ込まれるカクテル。それがまたカルアミルクだったりするからいやらしい。有美の口から白いミルクがこぼれる。
悪友は、こぼれたミルクを拭くドサクサで、有美の胸にさわったりした。
でも、有美は抵抗なし。ますます調子にのる悪友。

そんなこんなで有美を気にしつつ、女の相手をしてた俺だが、ついに女がへそを曲げてしまい、帰ってしまった。まあそんなに怒ってたというわけでもないんだが俺に愛想つかせたという感じ。ついに女は有美だけになった。

女が有美一人だけになったことで、悪友達はさらに大胆になっていった。
なんだかんだ言いくるめて、有美のブラの中に手を突っ込んでナマ乳を揉む古田。
スカートはまくれあがってて、白いパンティーが丸見え、股の中心に指でつつく近藤。

有美は、なされるままだ。「やーん」とかは言ってるが、抵抗はしてない。
俺は、有美に対するむかつきと、結構上質だったやり女を逃した悔しさで、有美に群がる悪友を止めようとはしなかった。まあ、勃起はしてたが。

相変わらず、カクテルを口移しで有美に飲ませる古田。
パンティーの中に手を入れ始める近藤。
有美は、古田にカクテルを飲まされたあと、舌を絡ませてくるのにも嫌がることもなく、自分から舌を絡ませ。近藤のパンティーの中に進入してくる手に、次第に股を広げてマンコへの進入をゆるした。

いまや、有美はブラからこぼれた乳をさらけ出し、それを揉まれながら、舌を絡める深いキスをされ、パンティーの中でまさぐる手を股をひろげつつ、あえぎながらも腰を微妙に動かしていた。

俺は、いくらなんでもやりすぎだと、椅子を立ち上がり、古田の肩を叩いて、隣に座った。古田は勘違いしたのか「あ、わりい。お前にもホテルでやらしてやるから」と耳打ちした。
おいおい、と俺は呆れたが、近藤のマンコまさぐりに喘いでる有美を見て、腹が立ってしまい。「じゃあ、行くか」と古田を促した。

有美は立てないくらいよっぱらっていた。
なんとか、カラオケ店から出て、ホテルに向かう俺達。
ふと、俺はあるアイデアを思いついて、有美を抱える古田と近藤に伝えた。

アイデアとは、前後不覚になっている有美に俺がもういないと思わせ、どういう行動に出るか見ておくというものだった。
もう有美に貞淑さなんて毛頭期待してないが、俺が連れの女といちゃついてから、由佳が大胆になったことを考えると、俺に対する意趣返しの意味もあるのかなと思い、俺がいないことで同反応するかみたかったからだ。
ついでに、俺が有美の彼だということも古田と近藤に伝えた。二人はびっくりしていたが、もう乗りかかった船だし、彼の了解は出てるしで、あまり気にしないことにしたようだった。

有美に気づかないように、3人の後ろでついていく俺。ホテルの中に入って有美をベッドにころがすと、俺はソファに座り、二人は有美の服を脱がし始めた。
有美は、脱がされることに抵抗などせず、時々「うーん」とうなっていた。

有美が、ブラとパンティーだけになったとき、すこし意識が戻ってきたのか、質問をするようになった。
有美が「うーん、ここ、どこー?」と誰ともなしに聞くと、「休憩できるところだよ。少し、休もうね」と悪友は応じた。
続いて有美が「うーん、タカシくん(俺の名前)はー?」と聞いたため、俺はソファに体をうずめて、隠れた。

悪友は「もう帰っちゃったって」と言った。
すると有美は「ふーん、そお。。。。」と言った。俺はがっかりした。
跳ね起きて、帰り支度でもしてくれりゃかわいいもんだが、有美はそういう女ではないようだった。

有美のブラとパンティーが剥ぎ取られ、見慣れた裸体が目に入った。しかし違うのは、二人の裸の男がチンポぎんぎんで有美の横にたたずんでいるところだった。
そして、彼氏の目の前で、有美の3Pが始まった。
有美の首から責めるのは古田。足から責めるのは近藤だった。
有美は、諸発はびくっとしたが、その後は抵抗もなく、、、、と思ったらかすかに「だめぇ、、、」といいながら、体をくねらせ始めた。

とりあえず、貞操を守ろうとしてるみたいにみえ、俺は嬉しくなった。
だが、男の方は、そう言われてやめるわけもなく、俺のほうを伺うこともせずに有美への責めを続けた。

古田は首から徐々に胸、乳首の方に舌を這わせていった。
近藤は足の先から、少しずつ太腿へと舐め上げていく。
有美は古田の頭を軽くつかみ、足を閉じ気味にして「だめぇ、、、」とかすかな抵抗をしていた。しかし、そんな抵抗で男の力にかなうはずもなく。
近藤の手によって、徐々に有美の足が開かれていった。
二人の男の陵辱にかすかな抵抗をする有美。はっきりいって萌えるシチュエーションだった。なんなく勃起する俺。

近藤によってガニ股に開かれる有美。近藤が有美のマンコを舐め始めた。
「ああん」とよがる有美。古田にも執拗に乳首を攻められている。
それでも、有美はゆっくりと体をよじって抵抗していた。はっきりいって泥酔状態な有美は、まどろみの中で、快感と戦っている。そんな感じだった。

古田が有美のおっぱいをゆっくりと揉みしだきながら、乳首を舌で転がし、近藤が有美のマンコを音を立てながら吸い付いている。
嫌がるようにひねっていた有美の体が、徐々に快感が進むような感じで動き始め、腰は近藤にマンコを擦りつけるように前後に動き、古田の頭をつかんでいた手は、いつのまにかシーツを握り締めるようになっていた。

有美は、いつのまにかよがリ声を上げていた。意識がハッキリしていないのか、声はそれほど大きくないが、「ダメ」という言葉は発しなくなっていた。
その内、近藤が有美のマンコの中に指を入れ始めた。古田はもう一度有美の唇を奪っていた。
有美は、はぁはぁと息を荒げ、近藤の指の動きに腰をびくつかせながら、有美の口の中で古田の舌と自らの舌を絡ませあっていた。

近藤が押さえていた有美の足を離すと、有美の足が近藤を挟むように閉じたり、開いたりし始めた。これはクンニで有美がイきそうになると、するしぐさだった。
古田に舌を絡ませていた有美は、どんどん息が荒くなり、そのうち、口を古田の舌から強引に引き離すと、大きく「あっ」と叫んだ。
同時に有美の足が近藤の頭をぎゅーっと挟み込むようになり、有美の体が硬直した。
有美はイったようだった。

近藤が有美の股から顔を上げると、近藤の唾液と有美の愛液がまざりあっててらてらに光った有美のマンコが見えた。マンコは心持ちひくひくしているようだった。

近藤が有美にゆるい愛撫をしている間、古田が俺に向かってきた。古田はお前はどうするのか有美を最後までしていいのか聞いた。俺は、心中複雑ではあったが、どうせ有美を責めるなら最後までされてからの方がいいかと思い、古田に最後までしていいと言った。俺は見てる、と。
ただし、有美本人が嫌がったら止めるようにも言っておいた。まだ、心の隅で有美が拒否するのを期待していたのだろう。俺の中に悪魔と天使が同居していた。

古田はそれを聞くと、嬉々として自分のカバンからスキンをいくつか出して、ベッドに戻った。ベッドの上では、有美が近藤に体中を舐められて、喘いでいた。
古田はそんな近藤の肩をつつくと、スキンを見せ、俺のほうを指差しながらなにやら耳打ちしていた。近藤はぐっと親指を立て、俺に軽く手を振った。

喘いでいる有美の上で、二人がじゃんけんをした。先行は古田だった。近藤はパンツを穿いて俺の隣のソファに座って、タバコを吸い始めた。
近藤は俺を見て「俺らは遠慮なくやらしてもらうけど、お前らは大丈夫なのか?」と聞いてきた。俺は「さあ」と返事をした。

実のところ、俺は別れる気ではあったが、最終的には有美次第だった。
コンパで会った時に、終わったとも思ったが、まだ有美の弁明を聞いていないということもあり、この期に及んでも俺はまだ有美を信じてる部分があったんだと思う。

ただ、もし続けるにしても、今夜は有美に罰を与えようとは思っていた。
今まで、有美に嫌がられて出来なかったアレコレをやってやろうと思っていた。
どうせ、最後になるやもしれん。後は野となれ山となれ、だった。

古田がスキンを装着し、有美のマンコにあてがった、有美の体がぴくんと動いた。
だが、有美は抵抗をしなかった。古田のチンポが徐々に有美のマンコの中に埋もれていった。

有美は大きくため息をつきながら、古田のチンポを迎え入れた。
古田の全てが有美の中に入った。古田はその座った体勢のまま、腰を動かし始めた。
最初はゆっくり腰をストロークさせる古田。有美の息遣いも荒くなっていく。
心なしか、有美の口からアエギ声が漏れてきた。
古田は座ったまま有美の乳房を揉み、だんだんと腰のスピードを上げていった。

古田が有美に覆い被さるように体を落としていった。有美の足は抱えられ、古田の玉袋と有美のアナルがはっきり見えた。動きの中で、古田の竿が有美の穴に出たり入ったりしている様子も垣間見え、有美の穴がはっきり濡れているのが見て取れた。

有美は、既にはっきりとアエギ声を出していた。ここまで来たら意識もはっきりしてきているだろう。古田にマンコを貫かれてから今までまったく嫌がるそぶりを見せなかった有美に、俺はあきらめの気持ちと有美に対する許せない気持ちがふつふつと沸いてくるのを感じた。

古田の腰の動きは絶頂を極めていた。有美は古田の打ちつける腰に跳ねるように反応し首を横に何度か振った。有美が上り詰めかけているのがわかった。
俺は、そろそろ有美に俺がいることを気づかせてやろうと、登場の仕方を思案した。

そして、あることを思いついた。
俺は近藤にトイレに隠れていることから、有美がトイレに行くと言ったらそのまま行かせてやってくれと言付け、トイレに向かった。
有美はいつもイった後、トイレに行く。しかも、散々飲んだ後だ。最高に驚かせて盛大にお漏らしさせてやる。

俺がトイレに隠れたあとすぐに、有美と古田が絶頂を向かえた。
有美は、古田と何事かしゃべった後、笑い出した。もうすっかり意識がはっきりしている。
自分が浮気しているという認識が有美にあるのか無いのか、俺には判らないが、そのときには、有美に対して「もう知らん!」という気持ちと、有美を驚かすワクワクした気持ちが、複雑に同居していて、悲しいという感情は薄れていた。

俺は、トイレのドアを閉じてしばらく待った。
そのうち、古田の「トイレ行くの~?」というわざとらしく大きな声が聞こえた。
そして、有美の「なんでついてくるの~?」という声が聞こえた。いよいよだ。
俺はしゃがんで待った。

電気がつき、ドアが開かれた!
有美の足が見えた瞬間、俺は素早く立ち上がり、腕を上げ、あらん限りの大きな声で「うりゃああっ!!」と叫んだ!

「に゛ゃあっっ!」有美がまるで踏まれたネコのような声で叫び、後ろに飛びのいた
すぐ後ろにいる、古田と近藤にぶつかった後、びっくりした顔を張り付かせたまますとんと腰を落とす有美。すかさず有美の体を支えて、一緒にしゃがみこむ古田と近藤。
俺は仁王立ちで有美を見下ろした。

「、、、、、、タカシ。」有美は俺の名前を呼ぶのが精一杯だった。
そして、有美の股の下が濡れ始めた。
「、、、あっ、、、、やっ、、、」と、我に返ったかのように膝を閉じ、手を当てる有美。
しかし、「おおっ!」と感嘆の声を上げる古田と近藤に両足をそれぞれ捕まれ、有美の足は思いっきり開かされた。

「いやっ、、、ああんっ」とすぐ手を股の間に入れる有美。すかさず、今度は俺が有美の両腕をつかみ、上にあげた。有美のマンコから勢いよく水流が飛び出て行くのが見えた。

イヤイヤと腰をねじらせて抵抗する有美。そのたびに、いろいろな方向に飛ぶ有美のおし○こ。必死に止めようとしているのか、その内、じょっ じょっ と断続的になってきた。
「やだっ、、、やんっ、、、やっ、、、」という有美の叫びもプラスされ、俺達はいままでに無い種類の興奮を覚えた。はっきり言って、超萌え。

有美のおし○この勢いが弱まって来た。
有美に主導権を握らせてはいけない。逆ギレでも泣かれてもダメだ。
俺は心を鬼(?)にして、すかさず有美に言った。
「有美~。よくも俺の目の前で堂々と浮気しやがったな~。」
有美が顔を上げた。さあどっちに転ぶか・・・。

「だって、、、それは、、違うの。えっと、、、、自分からじゃないし、、、」
バッチリだぜ、有美!! 俺は心の中でガッツポーズをした。
そして俺は、有美の手をつかんだまま有美の顔に近づき、「思いっきり、感じてたくせに。全部見てるんだぜっ」と有美を責めた。
黙ってしまう有美。少し深刻&泣きそう。しかし、有美の表情からは、次の言い訳を考えてるのがバレバレで読み取れた。有美が二の句を継ぐ前に、主導権を握らねば。

「有美、許して欲しいか?」と俺が言うと、有美がすかさずこくんと頷いた。
「じゃあ、オシオキされても文句はねえな」
俺のこの言葉を合図に、後ろの二人が有美の体を抱え上げた。

「きゃあっ」と叫ぶ有美。「とりあえず、風呂場だ。お漏らしした有美の体を洗わなきゃ」と有美を風呂場に連れて行くように二人を誘導した。そして俺も裸になる。
ホテルのバスルームには、ビニールのボディマットと小袋に入ったローションがあった。
とりあえず、ボディマットを敷き、有美を寝かせる。ローションはとりあえず取っておく。俺は、ボディソープをたっぷり手にとって、軽く体を押さえられている有美に近づいた。

「なにするの? 有美は悪かったけど、ひどいことしないよね?」と不安がる有美。
「ひどいことは、しない。だが、有美に、拒否権は、ない」とおどけて返す俺。
「だから、あやってるのにー。有美だけが悪いんじゃないよ」とすこし開き直る。
俺は「あやまってねーだろっ」と言いながら、有美のおっぱいを泡だらけの手でわしづかんだ。

「やっ、、、あんっ、、、ごめん、、ごめんって、、、ほら、あやまった」と有美。
俺は少し切れそうになったが、ノリが良くなりかけた有美の、この雰囲気を壊したくなくて、「るせー、オシオキはやめねーよっ」と有美の体中にボディソープを塗りたくった。
それを見てた古田、近藤も、我慢できなくなったのか有美から離れ、ボディソープを持ってきた。

すかさず、逃げようとする有美。それを捕まえる俺。うつぶせにつぶれる有美。
すかさず俺が有美の肩をつかむ。すぐに有美が「ああんっ、、やだっ」と反応した。
見ると、古田が有美のマンコに手をやっていた。近藤は有美の太腿や、尻、背中をなでていた。
「あんっ、、、、やっ、、、」と色っぽい声を出す有美。俺は有美を仰向けにして引きずるように、マットの上に有美の体を戻すと、そばにあったボディソープの蓋をあけ有美の体にぶっかけた。

「ひゃっ、つめたっ!」と叫ぶ有美。すぐにボディソープを塗り広げる古田と近藤。
いつのまにか、有美の体は泡だらけになっていった。
俺は有美のウデをおさえつけ、「有美の尻の穴まで丹念にあ
らってやろうぜ」と言った。
「やだあっ」と反応する有美。本気でない抵抗を試みる。
俺の掛け声に反応して、古田が有美をまんぐり返しにし、近藤が剥き出しになった有美のアナルに泡だらけの指をつっこんだ。
「あんっ、やだっ、ダメっ」と腰をよじる有美。
泡だらけになった有美がまんぐり返しにされながら古田にマンコを弄られ、近藤の指でアナルを陵辱されながら、腰がいやらしくうごめく。つくづく萌える女だ。

しばらくすると「やだっ、、それ以上したら、、でちゃう!」と有美が叫んだ。
「うんこはさすがになー」と言いながら指を抜く近藤。抜くときも「あっ」と反応する有美。

俺は、有美のつかんでは逃げるおっぱいで遊びながら、「じゃ、流すか」と言ってシャワーをとった。体の上からシャワーで流される有美。
有美はおとなしく自分の体が洗われるのを見ていた。

その後、体を拭いた有美を抱え上げ、ベッドにもっていく古田と近藤。拭き終わったバスタオルはトイレの前の有美のおし○この上に投げ、無造作に足で拭いた。

有美をベッドの上に寝かせて、俺は有美に言った、
「有美、これからがお楽しみだ。三人だぞ。気持ちよすぎて気絶しちゃったりして」
「あ、、、なんかちょっと不安かも」と苦笑いをする有美。そんな有美を見つつ、古田と近藤と作戦を練る。それぞれが萌えるやり方で有美を陵辱することにして、古田と近藤が何をやるか聞いた。予め有美が痛がるようなことをしないかチェックするためだ。
このときの俺の心境は、かなり複雑。有美を許しているのか許していないのかも分からん。
ただ、有美が他人の男にやられるのを見るのは興奮したし、嫌がる有美をムリヤリという展開も萌えた。
有美を泣かせない程度に俺が楽しむくらいいいだろ、という考えに俺は支配されていた。

始めは近藤の番だった。近藤はハンドタオル、ハンカチ、バンダナ、Tシャツをかき集めて有美を縛りだした。「え、、?そんなことするの、、?」とちょっと引く有美。
しかし、裸のまま目隠しされ、手と足を縛られ動けないでいる有美の姿はかなり淫靡でこれまた萌えだった。縛りがこんなに萌えるものだとは、いままでしたことが無い俺にはちょっと驚きであった。

それは、有美も同じようで、何もされてないのに次第に有美の息遣いが荒くなる。
ちいさく開いた口からはぁ、、はぁ、、と漏れる息づかい。そんな有美の口に思わずチンポを入れたくなる俺だ。そして近藤は俺と古田を招き寄せ、指を口の前で立て、静かに有美の体を愛撫し始めた。
「あっ、、、、、はっ、、、、」と反応する有美。近藤はなでるように有美の体に指を走らせる。
触るか触らないかのような微妙な指さばきで、有美の腰、おなか、乳房を愛撫した。有美はどんどん息遣いが荒くなっていって、アエギ声も出し始めた。

「あっ、、、、はん、、、、あっ、、、あんっ、、、、」
近藤の愛撫に反応するたびに、体をくねらせる有美。しかし、縛りが入っているので、動きが制限される。
そんなことを繰り返していくうちに、有美の膝がまた開いたり閉じたりしてきた。

有美の興奮のしるしだ、足が開いていないので、有美が濡れているかどうかはわからないが、紅潮してきた有美の顔や明らかに立っている有美の乳首を見ると、相当興奮しているのが判る。有美のアエギ声もだんだん粘っこくそして、色っぽくなっていった。

俺はそんな有美の姿に勃起しつつ、有美が近藤のテクのとりこにならなきゃいいがなどとアホな心配をした。

近藤が小声で「触っていいぞ、ゆっくりな」といい、俺達は思い思いの場所を触ることにした。
俺は、どうしても有美のマンコが濡れているかどうか確かめたかった。
そして、有美の臍下をさわり、徐々に手を下ろしていった。ビクっとする有美。
近藤は有美の乳首を舐め始める「ふああんっ!」と喘ぐ有美。そんな反応は見たことが無い。

古田は、有美の顔に近づいて、有美の顔をなでていた。首筋から耳、そして頬へ。
ぞくぞくしているのか、すこし顔を震わせる有美。
そして、古田は有美の唇に指を伝わせ、口のなかに指を入れた。有美は古田の指に舌をからませながら、いやらしく古田の指を口の中に迎え入れた。

全裸で目隠しされながら、男の指に舌を絡ませ、別の男に乳首をいやらしくなめられている、俺の彼女。俺はいやらしいメスとなりつつある有美の濡れ具合を確かめるため、手を有美の陰毛の奥に差し入れる。次第に開いていく有美の足。そして、指を割れ目の中にすっと入れた。
「ぬる、、くちゅ、、、」有美の割れ目はたっぷりと濡れていた。
同時に「ああんっっ、、」と大きな声で喘ぐ有美。

俺は、ゆっくりと有美の割れ目に入れた指を動かした。くちゅ、、くちゅ、、と音を立てる有美のあそこ。有美のアエギ声が大きくなっていき、さらに体をくねらせる。

有美は、一体誰にどこを触られているのかわからないまま、体を快感に委ねていた。

そのうち近藤が俺に合図すると、俺は有美のマンコから指を抜き取った。
そして、有美の足の縛りを解き、有美の足の間に体を割り込ませる近藤。
すばやくチンポを有美のマンコにあてがい、近藤は腰を前に進めた。
ぬぬぬ、、、と有美のマンコに近藤のチンポが埋もれていく。

「あっ、、はああ、、、、」と苦し嬉しそうに喘ぐ有美。
近藤は一旦チンポを全部埋め込むと、早めのストロークで有美にピストンを開始した。
「あぅっ、、、あんっ、、、、やっ、、、ああっ、、、」
リズミカルに喘ぐ有美。有美の口だけが見えるのはなんともエッチだ。

俺は、そんな有美と近藤を見ながら、はて、近藤はスキンをつけてたっけ?と思った。
入れる直前にはつけてなかった。生ハメ・・? まさか、、、。

少しあせる俺。その間にも、どんどん激しくなる二人。近藤の背中には汗がにじみ、ピストン運動は最高潮に達していた。そして、
「、、、、うっ!」「ああんっっっ!!!」 近藤は有美の膣中からチンポを出さずにイってしまった。

近藤が有美に覆い被さり、近藤のチンポが有美の中に入っているのが見えた。
近藤のチンポがかすかにびくっびくっとしていた。有美の膣中に精液を注ぎ込んでいるように見える。
俺は心拍の高鳴りを感じつつ近藤のチンポが抜かれるのを待った。
ところが、近藤が余韻に浸りつつ有美の膣中でチンポをゆっくり動かしながら、衝撃的な会話を始めたのだ。

「はあ、、、はあ、、、ホントに中に出しちゃったけど、、大丈夫だよね、、」
「、、、うん、、大丈夫、、」

これはどういうことだ? 俺が愕然としてると、横の古田が俺に言った。
「有美ちゃんがカラオケで言ってたんだよ。今日は安全日なんだって」
なんだって!? 俺に対しては、いつもスキン着用を要求してくるくせに、遊び相手には中出しOK? どゆこと? 俺は頭が混乱した。

そうしてるうちに、近藤が有美からチンポを抜いた。「あんっ」と有美。
するりと抜けた近藤のチンポは自身の精液と有美の愛液でてらてらと濡れ光り、ぱっくり開いた有美の膣口から、近藤の精液がどろりと出てきた。完璧な中出しだった。

満足そうな顔で古田と交代する近藤、そしておどけた顔で手を合わせて、俺に「ごち」と言った。

有美はまだ、縛られたままだった。開いていた足はすでに閉じていたが、半開きでかすかに喘ぐ口や、上下に動く胸は、十分にいやらしさを醸し出していた。

そんな有美に古田が近づくと、有美をころんと転がし、うつぶせにさせた。
「あん、、、どうなるの。。?」と小声で反応する有美。そこらかは不安の感情は読み取れない。
古田はローションを手にとって、有美の背中を塗り始める。「あんっ」 有美は軽くのけぞったが、すぐにローションの感覚に身をゆだねていった。

古田はローションプレイとアナル攻めを希望していた。何を隠そう有美はアナルが弱い。
次第に背中から、尻に向かっていく古田の手。尻をなでられ、ぴくっぴくっと反応する有美。
そして、背中から尻のふくらみにかけててらてらと光る様を見るうちに、近藤の中出しをしばし忘れ、有美の痴態をじっと観察する俺だった。

しばらく有美の尻をなでていた古田が、少しずつ有美の尻のわれめに手を差し込んでいく。
有美も期待しているのか、古田の「足を開いて」という言葉にも素直に応じ、有美の若干開いたワレメが足の奥に覗いた。

古田は有美の開かれた尻のわれめに指を這わせていった。しかし、肝心のアナルには中々触ろうとしなかった。じらされた有美は「んんっ、、、、」とじれったそうな声を上げ、自ら尻を欲しそうに少し上げた。

そんな有美を見て古田は少しにやつき、有美に「もう我慢できないんだろ」と話し掛けた。
有美は「んんっ、、、、はぁ、、、、、、んん、、、」とあいまいに声を立てつつ、さらに少し尻を上げた。我慢できない、と体で答えているようだった。

そして、古田は手の動きを少し止めたあと、有美のアナルに指を少し挿し入れた。「あっあはああああっっ!!!」尻をびくっとさせながら大きく喘ぐ有美。
その後も尻はぴくぴくっと反応した。

古田はさらに有美のアナルを責めつづけた。
ローションを塗りたくった指を有美のアナルに容赦なく突っ込み、ぬるぬるっと出し入れする。指の角度を変え、人差し指をローリングさせながら有美のアナルに根元まで差し込んだ。

「あっ、、はあっ、、、あんっ、、、」有美のアエギ声が次第に甲高くなっていき、
尻をさらに高く上げていく。
古田は指を二本にして、有美のアナルを責めつづけた。クロスされた人差し指と中指が、回転しながら、有美の肛門を出入りする。さらに、古田は左手で有美のクリトリスを無造作に弄りだした。親指でぐりぐりっとされる有美のクリトリス。
「あああんっ!!ああっ!!」とひときわ高い声を上げる有美。
ローションならではの激しい責めだった。

ちゅぽん。と古田が有美のアナルから指を抜いた。徐々に下がっていく有美の尻。
「はぁ、、はぁ、、」と息荒く喘ぐ有美。
これで終わり? と俺が思っていると、古田が自分のペニスに残りのローションを塗り始めた。べとべとぬるぬるになるまでローションを塗りこむ古田。
そして、古田がうつぶせの有美に覆い被さり、ペニスを有美の”尻”にあてがった。

古田が腰を進める、、。「んんっ、、、」と苦しそうな声をあげる有美。
古田のチンポが有美の肛門を押していく。古田の握り締められたチンポが次第に有美の尻のワレメにうずまっていく。そして、、、
「んああっ!、、ああああっっっ!!!」有美がのけぞると同時に、ぬるんと古田のペニスが有美のアナルに入った!

古田は、少しづつ腰を前後させながら、ゆっくりとチンポをアナルに埋めていった。
古田がチンポを押し込むと、アナルは見えなくなり、チンポを引くとむくっとアナルが盛り上がるそんなことを繰り返しながら、遂に古田の腰が有美の尻に密着した。有美は古田のチンポの全てをアナルで迎え入れたのだった。

ちょっと待て! 俺は有美と古田のそばに行った。
これまで有美は、俺にアナルセックスをさせなかった。入れようとしてもしても激しい拒否にあった。それがなんだ。中出しはさせるは、アナルは入れさせるは、納得できん!
「おいおいっ そこまでやっていいとはいってねーだろ!」と既に有美のアナルをチンポで陵辱し始めている古田に俺はくってかかった。

しかし、古田は俺の反応をわかってたかのように軽くいなし、こういった。
「有美ちゃんが、アナルセックスに興味あるって言ったんだぜ?」

マジかよ!?
俺はもうなんだかわからずに、今度は有美に噛みついた。
「有美っ! どういうことだ!? 俺にはアナルセックスなんて嫌がってたじゃないか!」
有美は、アナルへのピストン運動を止めない古田に喘ぎながら苦しそうに言った。
「あっ、、、はっ、、、んんっ、、、、そ、、、そうだっけ、、、、、」
「だいたい、中出しOKだ? 安全日でもコンドームつけろって言ってたじゃねーか!」
「あっ、、、んっ、、、、タカシも、、、いいよ、、、今日は、、、あんっ、、、」

ぶち。

もう許さん!
俺は、アナルでつながったままの古田と有美を一緒に転がして仰向けにさせた後、有美の足を一杯に開いた!そして、まだ勃起中のちんぽを尻に入れられてゆがんだまま開いている有美のマンコにあてがった。

「えっ、、ちょっ、、、」と気づいた有美があせる。古田も動きを止めた。古田は俺をとめる気はないようだ。
ぐっ、と有美の膣中にチンポを入れていく俺。手も使って半ば強引に押し込む。
「あっ、、、やだっ、、、」逃げようとする有美。それを古田が下から抱きしめた。
俺は有美のマンコの周りの愛液やらローションやら精液やらをチンポに塗りたくりながらどんどん有美のマンコにチンポを埋めていった。

「あっ、、あああっ、、、いやっ、、ああんっ、、だめぇっ」
抵抗しだす有美。しかし、完全勃起ではなかった俺のチンポはキツイながらも有美のマンコに全て挿入された。

「ああああっっっ!!」と叫ぶ有美。俺は「全部入ったぞ、、、どうだ、有美」と言った。
「ああ、、、、、きつい、、、、はぁ、、、はぁ、、、」と苦しそうに喘ぐ有美。
ただでさえキツイ有美の膣中が不規則に締まる。次第に俺のチンコは有美の中で
むくむくと勃起し始めた。

「あっ、、、おおきくなってる、、、」と有美が言った、
俺は「そうだ、、、。これから動くからな」と答えて、ピストンを開始した。
下にいた古田も動き出した。
「ああっ?、、あんっ、、ああっ、、、やだっ、、ああっ!!」
有美が大きな声を上げて叫ぶ。俺は、古田のチンコの動きを裏で感じながら、今まで見たこともない有美の喘ぎに興奮しつつ、どんどんチンコの動きを早めていった。

「あっ、、ああっ、、、ああっ、、んむぁっ、、んん、、ぐっ、、」
いつのまにか近藤が有美の口にチンポを入れていた。有美の頭を支えつつ、自分で腰を動かしている。強制フェラだった。

俺からは、有美の痴態が全部見えた。
俺には正上位にマンコを貫かれ、下から別の男にアナルを貫かれ、また別の男に口を犯されている。
3穴攻め。4P。想像を絶する刺激だった。気絶しそうなくらいだ。俺は、すっかりメスの鳴き声でよがり、喘ぐ有美を眼下に見ながら、フィニッシュに向けて動きを早めた。

「ああっ、、、はあっ、、、ああっ、、、ああっ、、、」
「有美!、、そろそろ、、イくぞっ、、、中に、、思いっきり、、出すからな、、」
「ああっ、、、ああっ、、、いいっ、、、いいよっ、、、あああっっ!、、」
「、、、うぉっっ!」
どくどくどくっっ!
俺は有美の膣奥に容赦なく精液を注ぎ込んだ。

そして、俺は有美からはなれた。
あまり動けなかった古田が、強引に有美を横にして(その時、近藤のチンポも有美の口から抜けた)アナルにピストン運動を開始した。
「あっ、、あっ、、、でそぅ、、、やっ、、、」と有美。
出そうというのは、やっぱり○んこのことだろうか?
古田はそれでも構わずピストンを続けた。

しかし、今度はゆっくり、ストロークを大きくして抜けそうになるくらい引いた後奥まで差し込むという動きに変えた。
「ああ、、、やぁ、、、でそぅ、、、でちゃう、、、ああっ、、」と有美。
「なにが?」と有美の耳元で聞く古田。
「、、、、う、、うんち、、、」と恥ずかしそうに答える有美。

古田はそれに興奮したのか、いきなり激しいピストン運動に切り替えた。
「あっ!? あっ、、あっ、、ああっ、、、だめっ、、、、」と喘ぎだす有美。
古田はペースを下げずに有美のアナルを責めつづけた。
「あっ、、あんっ、、やだっ、、、お尻で、、、イきそうっ、、、、ああっ」
「俺も!、、でるっ、、、、、うっ!!」「ああんっっ!!」

古田の動きが止まった。腰がかすかに動いている。有美の直腸に精液を注ぎ込んでいるんだろう。
しばらくして、古田のチンポが有美のアナルから抜き出された。
古田は自分のチンポを確認した後すぐに、風呂場に直行した。

近藤が息を大きくついでいる有美の手の縛りを解き、目隠しを外した。
「はあっ」と息をつく有美。近藤が「うんちは?」と聞く。「大丈夫、、」と有美が返事をした。

俺は、一発抜いた後で、もやもやした気持ちになっていた。
有美の俺に対する気持ちが完全に分からなくなっていた。
古田が風呂場から戻ってきると、有美が、もう眠いと言った。俺達は寝ることにした。
すぐには寝れそうになかった俺は、ソファで横になった。ホテルのベッドはクイーンかキングサイズだから、3人で寝れるだろう。

ところが、有美が「タカシ、横に来て」と言ってきた。その声はいつも有美が俺に甘えるときに出す声だった。
有美の横で寝ようとした古田がベッドを降り、狐につままれたような顔をしている俺をソファからどかし、俺を有美のベッドに行くように促した。

俺は、有美の横に寝転んだ。向こうには近藤が寝ていた。有美は俺が横になるとすぐに腕を絡めて体をくっつけてきた。
そして「ごめんね」と言った。

俺は、「わけわかんねー」とだけ言って、有美と目をあわさずにそのまま黙っていた。
すぐに有美から寝息が聞こえてきた。俺は有美を見た。いつもの有美の寝顔だった。
俺はそんな有美を見て、なぜだか少し気分が落ち着いた。そしていつのまにか俺も眠っていた。

朝。俺達はホテルを出た。
ほとんど会話なく、それぞれが別れていった。最後に俺と有美だけになったが、それで会話はなかった。俺はいろいろ聞きたかったが、いろいろなことが頭を駆け巡って、黙ってた方が楽だった。

そして、有美の帰る駅についた。「じゃあね」とだけ言う有美。「じゃあな」と返す俺。
少し名残惜しそうにしながら、有美は駅の中に消えていった。

それから、有美から連絡はなかった。俺も有美に連絡しなかった。
その後、有美から正式(?)な、お別れメールがきた。内容の詳細は省く。
俺は「今まで有難う」とだけ返事をして、ケータイのアドレスから有美を消した。
[ 2018/07/11 ] アブノーマル | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
18才未満閲覧禁止
管理人のRタンゴです。
このサイトはエッチな体験告白集です。騙しリンクはありませんので安心してお楽しみください。
人気記事
ブログパーツ
スマホ・携帯
QR
フリーエリア
現在の閲覧者数: