エッチ体験告白ブログ

寝取られや人妻・熟女などの告白を毎日更新しています。
エッチ体験告白ブログ TOP  >  母親・義母 >  誕生日のお祝いは母と初体験だった

誕生日のお祝いは母と初体験だった

俺の親父ってのが飲食店や酒卸会社を経営してるが、女にだらしないゲスな野郎だ。
母はそいつの愛人で、俺は認知されたゲス野郎の息子だ。
親父は俺に愛情のかけらも見せたことがなく、母にだって肉欲の対象みたいな接し方しかしない。月に数回、俺達母子が住むマンション(親父に与えられた)に親父がくる。
俺が中一になってまもなくだった。


親父がきてビールを飲んでるときだ。
「おいカズ。お前もそろそろ経験してみたいだろう?」
言ってる意味がよくわからず黙っていたが、ビールを飲んだあと、母となにをするかはわかっていた。
「まぁいい。そうゆうことだ」
母は入浴中でその会話を聞いてない。

俺の誕生日、夏休み中の八月六日、部活を終えて帰宅すると親父が待っていた。
「カズ、誕生日おめでとう。俺からのプレゼントだ」
母の部屋のドアを親父が開けると、全裸の母が立っていた。
なんだかわからないでボーっとしていた。
「中学になったらと思っていたんだ。母さん説得に半年もかかったよ。さぁどうぞ」
と俺の背中を押し、部屋に入れてドアを親父は閉めた。

俺13になったばかり、母は36だ。
母は親父の愛人で、飲食店の経営を統括する会社で働いていて、給料と愛人手当みたいなのをもらっていて、普通の母子家庭よりいい暮らしをしていた。
こんな親父のいいなりになるのかと悔しかったが、熟れて美しい母の裸体に、血液は俺の一点に集中を始めていた。

「嫌なら無理しなくていい。カズが嫌なら私はあいつと手を切って、別な仕事とか探してやっていこう」
こんなことと思いながらも完全に勃ってしまっていた。
それを見た母は俺の短パンとブリーフを下ろして、ベッドに俺を座らせた。

まだ剥けきっていない俺の皮を押し下げ、チラッと俺を見てからパクリと口にした。
温かく柔らかい口内の感触が気持ちよかった。
胸に手を伸ばし触ってみたら、柔らかくて、手のひらの中心部分にコリコリと母の乳首が当たり、それも気持ちよかった。

「もう我慢出来ない」
と母に言う。
「ズォッ!」
と音をさせて竿を吸引されて、それに合わせるように口に出した。
母は全てを飲み尽くし、あとから尿道から染み出てくる精液も舌先ですくった。
もう出終わっても母は舌先で刺激し続けて、俺はまた勃ってしまった。

俺の中で何かが切れて、俺は母に抱きついた。
そして母を押し倒そうとして、肘が母の頭に当たった。
「いたっ!優しく、優しくだよ・・・」
もっと読みたい方はこちらからどうぞ
[ 2017/04/04 ] 母親・義母 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
18才未満閲覧禁止
管理人のRタンゴです。
このサイトはエッチな体験告白集です。騙しリンクはありませんので安心してお楽しみください。
人気ページランキング
ブログパーツ
スマホ・携帯
QR
検索フォーム
フリーエリア
現在の閲覧者数:
相互リンク募集中です

名前:
メール:
件名:
本文:


相互リンク募集しております。
小説・告白系のサイト様ご連絡ください。 できたばかりのサイト様も歓迎いたします。
怪しいバナーのあるサイト様はご遠慮ください。