エッチ体験告白ブログ

寝取られや人妻・熟女などの告白を毎日更新しています。
エッチ体験告白ブログ TOP  >  人妻・熟女 >  体験は一回り上の、バツイチ熟女だった

体験は一回り上の、バツイチ熟女だった

初体験は大学を出てすぐ、俺の職場で働いているパートさんだった。
俺は大学を卒業して、生まれ故郷から2時間半位の地方都市に配属になった。
あまり口上手でない俺は友人もなく、同僚とのそれほど親しくしている人はいなかった。
そんな折、一緒に働いていた扶美子さんと仲良くなった。
俺より一回り上で、バツ一だと同僚から聞いた。小柄ですが、明るくて、今まで俺の近くにいた女性では一番口をきいてくれ、内心素敵な人だと思っていた。


正直、一人マスをする時、扶美子さんの裸身を想像しながらしてしたのも事実だった。
そんな折、彼女から「今度の休み、なにか用事あるの?暇なら私の住まいに来ない。こんなおばさんでもよければ、家庭料理作ってあげるわよ」とやさしく言ってくれた。
どうせマンションにいて弁当を買って缶ビールを片手に飲むしかなかった俺は、ラッキーと思い快諾した。
行くと○○コーポの2階の小さな住まいだった。
バス。
トイレと4.5畳くらいの台所と6畳位の部屋が2部屋あるようだった。
11時過ぎにお邪魔すると彼女はやさしく笑顔で迎えてくれた。
仕事中と違い、細めのジーンズに白いセーターを着て長い髪を肩まで垂らしていた。
「もうじき用意出来るから・・・」と鼻歌を歌いながら居間に料理を運んでくれた。
俺の嗜好を知ってかのようにビールも出してくれて「今日は一緒に飲もうよ」と言った。
おいしく食べ、飲んでいると「あっ、そうそう、私一人でいる時、独身時代からよくビデオを見ていたの。私バツ一だって知っているでしょう?離婚した時、私が持って行ったビデオデッキやテープ持って帰って来たんだけど、その中に前の旦那が買っていたものだと思うけど、それが1本入っていたの。コレ」と手渡された。

見るとタイトルは「白昼の人妻」と書かれ、裸の女性の写真があった。
彼女は「見てみる?」と俺の返事も聞かずデッキにテープを入れた。
少しすると若い人妻が一人ベットで全裸になってオナニーをしているシーンが出て来た。
隣の扶美子さんを見ると丁度目が合ってしまった。
「どう?こんなビデオ、男性はよく見るんでしょう?」と。
俺は正直こんなビデオ見たことなかったし、アダルト本を買って、妄想しながらマスをかくパターンだった。

扶美子さんはビデオを見ながら「私の離婚原因聞いてくれる?・・・24歳で結婚したの。相手は運送会社の運転手で、長距離を専門にしていたの。最初はやさしかったけど、次第に家に帰ることがなくなって来たの。聞くと好きな女性が出来た。・・・て。そうこうしているうちに全然帰って来なくなって。結局離婚することになったの。離婚まで9カ月だったの」と思い出すように遠くを見つめ、目頭を押さえた。
「ごめんね、いらないこと言ってしまって。」と。
又二人は黙ってしばらくビデオを見ていた。
俺は次第に興奮していくのが判った。
あそこもおおきくなって来た。

扶美子さんが口をきいた。
「彼女はいないの?でも会社の中にはいないみたいね」と。
俺は「こんな性格だから気軽に知らない女性に声も掛けられないし、彼女などいないよ。」
と言うと、
「女性との関係を持ったことはあるの?」と聞くから
「残念ながらまだ一人もいないよ」
「ふーんそうなんだ。じゃあこんなビデオ刺激的ね」と聞くから、
「そう・・でも一度見たかった」と言うと、
「どんなタイプの女性が好きなの?」と俺の目を覗き込むようにして聞いて来た。
俺は正直に「扶美子さんみたいに小柄で・・・やさしくて明るい人」と答えた。
「そうなの?ありがとう。でも私みたいなおばさんであることを抜きにしてね」と言うので、「そんなことないですよ。すごく素敵な人だと思っていました」と。

もう2人で大ビール3本開けていた。
扶美子さんはしばらく俺の目を見つめた。
俺は心の中で・・・俺がマスをかくとき扶美子さんを想像しながらしているのを見抜かれると思い、目を外した。
扶美子さんは「じゃあ、私のこと思いながら、したことある?」とズバリ聞かれてしまった。
お酒が入っていたからか、こんなビデオを見たからか判らないけど、「・・・正直・・そうです」と答えてしまった。
扶美子さんはしばらくビデオに目をやっていたが、立ちあがって、隣の部屋に行った。
しばらくして出て来た扶美子さんは、短いピンクのナイロンの透け透けの服?を着ていた。
膝小僧の上までしかない。

下に黒のブラとお揃いのお尻が丸出しの黒い紐状のパンティーがはっきり見えた。
俺はもう胸がドキドキでなにも言えない。
扶美子さんは俺のところに来て黙って俺の手を取り隣の部屋に連れて行った。
そこは彼女の寝室のようだ。
ポツンとベットが置かれていた。
目で合図するかのように俺をベットに座らせると、穿いていたファスナーに手をかけ足元から脱がしてくれた。
上はシャツいちまいだったからすっぽり逃がせて、パンツに手をかけ一気に足元へ落とした。

もうその時は俺のぺニスは戦闘状態だった。
それを見た彼女か「あらあら、やはり若いわね。と言うと片方の手でそれを握り、「仰向けになって・・・私がしてあげるわ・・」と言うとかぶさるようにして俺のペニスを口に含んだ。

なんとも口にすることが出来ない気持ちのよさだった。少しすると俺は射精感が近づいたのが判る。
それを感じたのか扶美子さんは
「もう・・・出るの?いいわよ、いっぱい出して」
と言うと再度口に含むと俺のペニスを口から出し入れいた。・・何度も何度も射精した。

終わった後扶美子さんは自分でピンクの着ているモノ、ブラ、パンティーと脱ぎ全裸になった。
扶美子さんは「これが女性の裸よ。おばさんの裸だけど・・・」と胸を俺の顔の前に突き出した。
俺は夢中でその胸を触り、口をはわした。
扶美子さんは自分であおむけに寝た。扶美子さんの身体の中心部には黒々とした陰毛があった。
俺はそこに顔をやると、扶美子さんは両脚を開き脚を高く上げた。股間に顔を突っ込みがむしゃらにそこを舐めた。
扶美子さんは俺の後頭を抱くように身体に擦りつけるようにした。

しばらくすると扶美子さんは俺のいきりたったペニスを握りと枕の傍からなにか取り出した。
「コレ避妊用のゴムよ、妊娠するといけないからつけるね」
というとするりと俺のぺニスにゴムをつけ股間に誘導してくれた。
するりと入った。なんとも言えない快感だった。
扶美子さんは「好きに腰を動かせて・・」
と弓なりに腰を上げた。そして射精した。
しばらく終わった後二人とも仰向けになって息を整えた。
「どうだった?所体験の感想は?」と聞くので「最高だったよ」
と。その後二人シャワー室へ行った。まじまじと見る彼女の裸身はきれいだった。いつの間にかもう俺のペニスは勃起していた。

彼女はそれを握りいっぱいのソープをつけて洗ってくれた。
バスタオルで肌を拭いた後、二人とも裸のまま居間に行った。
俺をソファーに座らせ、扶美子さんは俺の前に立ち、
「よく見てよ。女性の裸ってこんなものよ。そしてここが今貴方のおちんちんが入ったとこ」と片脚をソファーに乗せてあそこを見せてくれた。その後、後ろ向きになって、腰を突き出し、どうこのポーズの方が、見えやすい?」
とアナルまで丸見えだった。
もう俺のぺニスははちきれそうだった。

彼女はそんな俺のペニスを見ると俺が座っている太ももに手を置くと後ろ向きになり俺のぺニスを握りゆっくりと腰を下した。
やわらかくて温かい彼女の中に俺の勃起したペニスは吸い込まれた。
そのままの姿勢でしばらくいた。
俺は後ろ向きの彼女を後ろから両方の手で胸を揉んだ、初めて彼女のくちから言葉が発せられた。

「すごいわ、もう2度も射精したのに、こんなに元気になって。私のあそこは貴方のものでいっぱいよ。久しぶりだわ。気持ちいい。あなたのおちんちん最高よ。・・・」と。
それから夜遅くまで全裸の二人は、抱きあったり、又してもあそこに出したり入れたり、口に含んだりした。

翌朝、扶美子さんに会うとにやりと笑った。
誰もいないところでは私の股間を軽く触り揉んでくれた。
「今度いつくる?ほしくなったらいつでもいいのよ。・・・私は毎日ほしい・・・」と小さな声で言った。
その日、マンションに着くやメールが入った。
扶美子さんからだった。

「さっき、かっこいいこと言っちゃったけど、これから来て、抱いてほしいの。昨日のように・・・貴方のおちんちんがほしい。もう濡れ濡れよ・・・」と。
俺が彼女のコーポに行き、ドアを開けるとなんと扶美子さんは全裸だった。
居間に通されるとすぐに俺のズボンとパンツを足元まで脱がせ、口に含んだ。
「もう駄目。すっかりとりこになってしまったわ。私の事。貴方の性欲処理でいいわ。はやくしたい・・・」と。
そこで俺のペニスは爆発した。

その晩、扶美子さんの希望で69の体位を教えてもらい、お互いの陰毛が邪魔になるからとお風呂に行き、お互いに陰毛をすべて剃り落とした。
剃っている間おれは十分に女性のあそこを見ることが出来た。
彼女も必要以上にあそこを見せてくれたんだと思う。

[ 2018/02/12 ] 人妻・熟女 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する