エッチ体験告白ブログ

寝取られや人妻・熟女などの告白を毎日更新しています。
エッチ体験告白ブログ TOP  >   >  私が寝ていると必ず触ってくる弟

私が寝ていると必ず触ってくる弟

私の家族は5人暮らしをしています。父親、母親、兄、私、弟です。
私の家は古くて部屋数もなく、テレビも2台でした。
小さい頃は3人で見ていましたが、兄が21歳、私が19になり弟が13歳の頃から、兄は夜遊びで出かけることがおおくなりました。
ある日、やはり兄は夜遊びに出かけ、私と弟はテレビを見ていました。


仕事の疲れもあり、コタツの暖かさも加わり寝てしまった事から始まりました。(その頃上下ジャージが流行り私も私服から着替えてました)

熟睡してしまい、寝ぼけてました!すると下半身からモゾモゾとしたものを感じてハッァって気付いた時は弟が私の下半身を触っていました。

私はどうしたら良いかわからずパニックになっていました!

弟は、私が起きて要ることを知らずにコタツの中に入り私の下半身を見ながら脚からアソコを触りつづけました。

私はこのままだと、ヤバいと感じて、いま起きたかの様に、声をだしながら、ハァ~寝ちゃたって言いました。
弟はそっとコタツから顔をだして寝たふりをしていました☆

あの日以来私は弟を警戒していました。

何週間が過ぎ、テレビを見ながらコタツで暖まっていました。

兄も弟もいないので、つい寝てしまっていました。

気がつくと、また触られていました。(弟が帰ってきたのもわからなくて)
ちょと足を動かしてみました。

すると、コタツから顔をだして私を確認して、また中に入り触りだしました。

段々と強く触っています!(ジャージにパンティーだけではなくガードルを履いて為)

あまり感じずにいました(弟は宙学生なので、よくわからないのかも)

しばらく触っているとジャージのなかに手が入ってきて、ガードルのうえから触りだし、ジャージを少しづつ下げてきて、足のつけねから、ガードルの下に手をいれ、パンティーの上から触りだしました。

まずいと感じ、あれ、寝ちゃたって声をだしたら、また寝たふりをしていました。

そんなことが、何回が続き、ある日の夜に私はカレシと喧嘩してちょとほろ酔い気味に帰り、そのままコタツに入り横になり、今度は私が寝たふりをしました。

するとテレビを見ていた弟がコタツに入り触りだしました!(今日はフレアースカートだったのです)

太ももから段々と手が股間へと近づいてきて、スカートをまくり、ストッキングのうえからさわり私の大事な秘部へと近づいてきます。

とうとう手が私の割れ目に沿ってさわりだしました。

段々と弟もエスカレートしてストッキングのなかに手いれパンティーのうえからさわりだし、私のアソコを執拗にさわり、私は声を出さない様に堪えるのが精一杯でした。(足も伸び腰が浮き反り返るぐらいに)感じてしまっていました。

その時に母親からお風呂に入りなさいと声をかけられて、触るのをやめました☆

母親に声をかけられてお風呂にいきました。

私は助かりました。

その日はもう寝ようと小さいながら私は部屋にいき、寝につきました。

でも弟は興奮してたらしく、今日は終わりませんでした。

みんなが寝付いた頃に弟が起きだし、気ずかれないようにそっと私の部屋に入ってきました(私の部屋には軽くて薄い襖なので)

私はまさか部屋にまでくるとは思いもしていないので、熟睡しています。

弟は布団の間に手をいれてきて、私の下半身を触りだしました!私は違和感で目が覚めました。

私は驚いて何もできずにいたら、弟は段々とエスカレートしジャージを少しづつ下げパンティーのうえからさわりだしたので、体を動かせば止めると思ったのですが、今日の弟は止める所か、パンティー のなかに手をいれてきます。

さらに、私の秘部を触りだしてきたので、弟の手を力強く爪で掴んだのですが、止めずにどんどん激しく触られて感じてきてしまいました。

私は濡れてしまい、弟も濡れたところを執拗にさわりだしてたので、私は声をださないように、必死でした。

私が起きているのも弟は知ってるのに止めないので、抵抗したのですが、それでも執拗にさわられ続けました。逝かせられそうなぐらい感じてしまいました。

その時母親が起きる時間なので起きだしたので、弟は慌てて戻りました!また母親に助けられました。

今回も母親が起きる時間で助けられましたが、私が起きて抵抗したなかで触られ濡れた事で、私が寝ていなくても触る様になってきました。

なので私は毎日の様に夜遊びをして帰りが遅くなりました。

ある日カレシと大喧嘩をし、ムシャクシャしていたので家に帰りコタツに入り横になりながら本を読んでいるところに弟が来てテレビみだしました。

弟をみるのは久しぶりでした。

弟も久しぶりなので我慢できずに、私の足を触りだし、徐々に手が秘部へと近づいてきました。

私は知らないふりで本を読んでいました!手がスカートを捲りパンティーのうえからさわりだし、すぐに手をパンティーの中にいれてきて私のアソコを触っています。

それでも抵抗せずにいたらパンティーを脱がさられ、舌で舐めてきました。

私は感じてしまい濡れてしまいました!弟が満足するまで触られ続け、逝かされました。

私はまずいと感じ、その日から家には遅く帰るか、彼か友達の家に泊まる事が増え、帰るとしても夜中過ぎになりました。

ある日の事でした。
夜中に帰って着替えをしようとしてたら、弟が覗いてたのを感じたのですが、疲れたのと眠さに勝てず知らない振りをして着替えました。

布団に入りしばらくした頃だと思いますが弟が部屋に入って来て布団の中に手を入れ足を触り、徐々に手があがりだしてパンティーのうえからさわりだしました。

抵抗がないと解ると下半身だけ布団をまくれ、パンティーを脱がさられ、足を広げ触りだし、アソコを舐めながら指を出し入れて来て、私はすぐに濡れ音がし始めてしまいました。

しばらく私の体を触れなかった為か弟は激しく触ってきて、クチュクチュといっぱい濡れて来た頃には、全裸にされ胸を揉まれ、さらに弟はオチンチンを私のなかへ入れてきたのです。

弟が私の中に入って来て激しく掻き回わすので、私は感じまくりです。

弟は中3なのですが慣れているかのような腰使いです。

優しく、激しく、たてつづけに出し入れされて私はとうとう逝かさられてしまいました。

何日かして夜に弟をドライブに誘うと喜んでついてきました。

助手席に乗ってまもなくして、弟は私の足を触りだし、その手が徐々に股間へと上がってきます。

とうとうミニスカートの中に手が入り私の敏感な部分を触られ、運転が危ないので、近くの小さな公園に車をとめました。

車を公園に止めると弟はキスをしながら胸を揉み服を脱がしはじめ、ブラジャーもとられ、徐々に下半身に手がいき、パンティーのうえから秘部を擦られ私は感じていました。

車の中だと自由に動けないからか、弟は私を車から降ろし、公園のトイレに連れていきました。

私は上半身はだけたまま連れて行かれ・・・スリル感があり、それだけで興奮してヌルヌルになってしまいました。

そして、弟にはトイレで、バックで何度も何度も逝かされてしまったのです。
もっと読みたい方はこちらからどうぞ
[ 2017/04/04 ] | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
18才未満閲覧禁止
管理人のRタンゴです。
このサイトはエッチな体験告白集です。騙しリンクはありませんので安心してお楽しみください。
人気ページランキング
ブログパーツ
スマホ・携帯
QR
検索フォーム
フリーエリア
現在の閲覧者数:
相互リンク募集中です

名前:
メール:
件名:
本文:


相互リンク募集しております。
小説・告白系のサイト様ご連絡ください。 できたばかりのサイト様も歓迎いたします。
怪しいバナーのあるサイト様はご遠慮ください。