エッチ体験告白ブログ

寝取られや人妻・熟女などの告白を毎日更新しています。
エッチ体験告白ブログ TOP  >  寝取・寝取られ >  僕の出世のために、必死に男の精液を受け止めた妻

僕の出世のために、必死に男の精液を受け止めた妻

僕の妻は幼なじみで24歳。結婚して2年目になる。
先月、取引先の真壁さん(50歳ぐらい)を自宅に招待した時
僕の妻をえらく気に入ってくれたみたいで
「一度でいいからこんな美人の奥さんに相手をしてほしい」
と、言われた。酒も入った接待だった為その場では軽く受け流した。
だが後日、真壁さんにその事を何度もお願いされた。


取引先との商談、出世も深く関わっていた為、どうとも返事出来なかった。
家に帰り妻にその事を話すと良い顔はしなかった。

妻は数日一人で悩んだ結果、真壁さんと二人きりではなく僕も同伴で、
必ず避妊具を付ける事を条件に、
真壁さんの一夜の相手をしてくれることを決意してくれた。
真壁さんに妻の決意と条件を話すと、なら真壁さんの奥さん(50歳ぐらい)も交えた
スワッピングをすることに話が決まった

当日、僕の家に真壁さんと奥さんを招待し四人が集まった。
寝室ダブルベットでその行為をすることになった。
奥さんを除く三人が裸になった。 そして、真壁さんこの場になって
「フェラチオは生でしてもらいたい」と、言いだした。
それは約束が違いますと僕が何度言っても真壁さんは聞き入れてくれずにいると
妻が「私は大丈夫だから。」と言ってくれた。
でも無理して言ってるのは明らかなのに、
僕はやめさせることが出来なかった。

アグラをかいて座る真壁さんの前に、裸の妻がうずくまり
コンドームも付けない真壁さんのチンチンを口の中に入れた。
その時興奮とか嫉妬とかじゃなく、ショックだった。
ただ本当にショックだった。
自分の妻が他の男のチンチンを咥えるなんて。
妻は咥えたまま頭を前後に動かしている。
その時自分の妻が他の男にフェラチオしている実感が一番した。
本当にショックだった。

時間にしてどのぐらいしていたのだろう。
真壁さんは妻に咥えさせながら手を伸ばし胸を揉んだり乳首を引っ張ったり
「あんまりフェラ上手くないね。」その真壁さんの一言に僕はキレそうになったが
妻はその一言で動きが速くなって音をわざとたてるようになった。
僕はそんな妻の姿を見て胸が苦しくなった。

瞬間真壁さんの体がブルッと震えたかと思うと咥えたままの妻の頭の動きも止まり
口を真壁さんのチンチンから離し、妻は僕に背を向けたままじっとしている。
真壁さんは僕に目を合わそうとはせず奥さんの手を掴み自分の元に引き寄せ
「起たしてくれ」奥さんには手でしごかせている。
その時僕は気付いた。真壁さんは妻の口の中で射精した。
フェラし終わってから妻は一言も話していない。

真壁さんが妻の手を引っ張ると、妻が
「約束です、ここからは避妊具を付けてください」と。
真壁さんはコンドームを付け、僕の妻とセックスした。
セックスの最中でのキス。
僕はその時合意のうえでも妻が本当に寝取られたと思った。

真壁さんと妻は何度も何度もキスをしている。
しばらくして妻が下の正上位でイった。真壁さんは妻から抜きコンドームを
外し奥さんに見せていた。妻はうつ伏せになって顔を枕に埋めている。
それを見て僕は涙を流したまま、妻の為にリビングへバスタオルを取りに行った。
だが、寝室に戻ってみると真壁さんがうつ伏せの妻のお尻を持ち上げ
バックの体制で二度目のセックスをしていた。
「何やってるんですか!」
僕はすぐに止めさせた。 コンドーム付けずに生で入れいたからだ。

僕はすぐに止めさせ、このスワッピングも終わった。
僕と奥さんは何もしていない、妻のことがずっと気になっていたから。

僕たち夫婦の間にあのスワッピングは大きな傷となった。

立ち直りは妻の方が早かった。しばらくして妻が言った。
「口で出された時、あなたが怒りだすと思ってバレないように
Aさんの精子を飲んだ。ずっと黙っててゴメンなさい。」

その妻の言葉に僕は涙が止まらない。
こんな事しなきゃよかった。
本当にゴメン。

僕は妻をスワッピングさせたことを
今でも後悔しています。
もっと読みたい方はこちらからどうぞ
[ 2017/04/17 ] 寝取・寝取られ | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
18才未満閲覧禁止
管理人のRタンゴです。
このサイトはエッチな体験告白集です。騙しリンクはありませんので安心してお楽しみください。
人気ページランキング
ブログパーツ
スマホ・携帯
QR
検索フォーム
フリーエリア
現在の閲覧者数:
相互リンク募集中です

名前:
メール:
件名:
本文:


相互リンク募集しております。
小説・告白系のサイト様ご連絡ください。 できたばかりのサイト様も歓迎いたします。
怪しいバナーのあるサイト様はご遠慮ください。