エッチ体験告白ブログ

寝取られや人妻・熟女などの告白を毎日更新しています。
エッチ体験告白ブログ TOP  >  アニメキャラ >  優良さんと山田(3)

優良さんと山田(3)

(私、山田君のこと考えてたからこんなに?)
人妻としてあり得ない不貞。だから、真とのセックスの快感でそれを洗い流したかった。
はしたないと思いながら、優良は自分が上になって真を受け入れた。
ズブリと自分の中に異物が入っていく感触。
「んぅぅ」
ヒダが包みこみ、相手を体中で実感できる感触。

「ん・・・っく!」
そして自分が満たされる快感。だが
(もっと)
心の中で自分が囁く。
(もっと長かったら、もっと硬かったら)
(例えば、アレのように・・・)
「んぁぁぁ!!」
山田のモノを思い浮かべた瞬間、優良の体に今まで感じたことのない甘い痺れが走る。

「わ、凄い。優良さんの中がうねってる」
喜ぶ真とは対照的に、一瞬でも山田のモノを思い浮かべたことを打ち消すように優良は腰を振り始めた。
「んうぅ!あはぁ!」
ベッドをギシギシと軋ませて真を貪るように上下する。
「あっあっ、優良さん激しい!」
優良の激しさに、真は自ら腰を合わせることもできずに翻弄されていた。
(もう少し、もう少し!)
真のモノを奥深くまで受け入れようと優良は音を立てて尻を打ちつける。
そのたびに、接合部からはにちゃにちゃとねばついた音と、白濁した本気汁がはみ出した。

(まだ、もっと!)
もう少しで子宮の奥まで届く、その時に得られる快感は今の自分を今の妄想から解き放ってくれる。
そう信じて優良は腰を振った。
だが、その願いはむなしく潰える。
「あ、も、もう!」
「え?」
気付けば、真のモノは小刻みに震え、膨れ上がっていた。
だが、発射前の膨張ですら優良を満足させる大きさではなく、長続きもしなかった。

「で、でるっ!」
「あ、あん!」
子宮の奥に浴びせかけられる熱い真の精子は優良の快感を高めてはくれたが、それは優良が望む快感の半分にも満たなかった。
しばらく、射精をして震えていた真のモノが収まると同時に引き抜き、ティッシュで後始末にかかる。
「疲れているところをありがとうございました」
「いやいや、優良さんこそいつもどおり良かったよ」
いつもなら優良の心を温めてくれる会話。
だが、今日だけは優良の心には不満がくすぶっていた。

(せめて、胸とかアソコを触ってくれればもうちょっと気持ち良くなれたのに)
(できれば、もっと長くてたくましくて、そうあの人のように)
自分がとんでもないことを考えていることに気付いて優良は頭を振る。だが・・・
(や、やだ垂れてきちゃった)
先程出した真の精液と歯別のモノが股に滴るのを感じて素早くティッシュをあてがう。
(きょ、今日はおかしなことが多かったからヘンになってるのよ。明日になれば元に戻るわ)
そう、言い聞かせるように心の中で呟いてベッドに戻る。

真はもうすやすやと安らかな寝息を上げていた。
(真さん、ごめんなさい。私、貴方と他の人を比べたりしました)
真に縋りつくように抱きしめる。
(もうそんなことを考えないように、今日は一緒に眠らせてください)
愛する夫の腕の中で優良は休みにつく。
だが、優良は知らなかった。夫婦のセックスの一部始終を覗いていた者がいることに。
「おねーさん・・・」
その人物、山田は爛々と充血した眼差しで優良を見ていた。

少し話は戻る。
寝床をあてがわれた山田だが、昼にに寝たからか、慣れない布団だからか、それとも今日は色々なことがあったからか、眠りは訪れにくかった。
しばらく布団の中で寝がえりを打っていたが、諦めて起き上がり台所で水を飲む。
ふぅ、と軽く息を吐いてトイレにでも行こうかと思ったところで、かすかな声が聞こえてきた。

初めは風の音や外から聞こえる雑音かと思ったが
「ん・・・・ふぅ・・あう」
小さいながらも通夜を帯びた喘ぎとベッドの軋む音で何の音か分かった。
いつもなら苦笑して流す余裕のある山田だが、何故か今日の優良の姿が目については慣れず、気がつけば寝室へを足音を忍ばせながら近づいていた。
(俺は何をしてるんだ? こんなこと、恩をあだで返すようなことを・・・)
だが、心とは裏腹に蚊が付けば寝室のドアの前に立っていた。
「あん・・あぁ」
ドアがしっかり締まってないので、声が漏れてきている。

それはつまり、ドアノブを回さずに少し開けられるというわけで
(ちょっと、ちょっとだけ。見るだけだから)
心の中で誰にともなく言い訳しながらドアを軽く、音をたてないように押す。
心臓の鼓動が早く、鼻息が荒くなる。かつてない興奮を覚えながら、山田はドアの隙間から覗いた。
そこには、真の上で越しを振る女の姿があった。

(おねーさん?)
一瞬、山田には真の上に乗る女が分からなかった。
いや、いつもの清楚な優良と、男を貪るように越しを振る今の優良が重ならなかった。
(おねーさん、夜はあんなに乱れるんだ)
髪を振り乱し、豊かな胸を揺らせながら真の上で踊る優良は、淫靡な娼婦のようだった。
(似てないと思ってたけど、やっぱ梨香の姉さんなんだな)
どこかそれまで性の対象とはしていなかった、山田の中での優良への見方がこの時変わった。

いや、恋人の姉だからと無意識でセーブをかけていた性欲が取り外されたのかもしれない。
(それにしてもおにーさんもマグロだよなぁ)
優良の腰に合わせることもできずに、寝ているばかり。
(あれじゃ、おねーさんは満足できるんだろうか?)
そう思った矢先に、
「で、でるっ!」
もうかよ、と思わず声に出しそうになった山田の耳にかすかに失望が混じった声が届いた。

「えっ!?」
一瞬自分の聞き間違いかと思った。だが
(俺には分かる。あれは満足にイってない)
だから、どうしようというわけではない。知り合いの性生活だ。
そう、心の中では割り切る。
割り切るつもりだったが、何故か心の中では一つの言葉が渦巻いていた。
(おねーさんはおにーさんとのセックスに満足できてないのか)
山田が寝つけたのはそれから2時間後のことだった。

「いってきます!」
「いってらっしゃい真さん」「いってらっしゃい、おにーさん」
いつもなら真を送る声は一人。だが、今日は山田の声がそこに重なった。
「じゃあ、出来るだけ早く帰ってくるからね、優良さん。山田君もよろしく」
快活に告げる真に二人も笑顔で返すが、内心は穏やかでなかった。
(山田君とふたり・・・)(おねーさんとふたりきり・・・)
二人の頭に、昨日の様々なことが思い浮かんだ。

「さ、さーて、俺も休んでばかりいられないんで何かしますよ」
山田は自分の妄想を振り切るように必要以上に張り切って行った。
「そ、そうね。せっかく若い男の人がいるから力仕事を頼んでいいかしら?」
「お安いご用です・・・でも、その前に一つ気になったことがあるんですよ」
「どうしたの?」
「実は・・・・」

トントントンとリズミカルに金づちが木を叩く音がこだまする。
山田が切り出したのは椅子の修繕だった。
「座った時、傾いてる気がしてたですよ」
「そうだったんだ。普段使わないお客様用の椅子だから気付かなかったわ」
「知らずに出してたらいつか失礼なこと起こってたかも。ありがとう山田君」
「いえいえ、こうみえて俺は小器用なのがウリでして。これくらいは朝飯前ですよ」
「凄いなー、頼れる男の人って感じで」
「そ、そうですか」
優良の邪気のない、だがそれ故にまっすぐな好意を向けられて赤くなる山田。

「じゃあ、ここはお任せして、私は天気がいいから布団でも干そうかしら」
そう言って、山田が寝ていた客室へと向かう。
「あ。俺が」と言いかけた山田にいいから、と手を振って布団を持ち上げようとしたとき、ツンと嗅ぎなれない匂いが鼻についた。
(これ、山田君の・・・)
夫のものとは違った汗臭く野性的な匂いに胸の鼓動が速くなる。
枕に顔をうずめようとしたところで正気にかえる。

(な、なにやってるの! 匂いを嗅ぐなんてヘンタイみたいじゃない!)
邪念を払うように勢い付けて布団を持ち上げた、が
「わ!・・・っとと・・・」
勢いを付け過ぎたのか思わずたたらを踏んでよろめいたところで
「おっと、大丈夫ですか、おねーさん」
山田に抱きとめられた。
背中越しに抱きしめられた格好に思わず優良は赤面する。
さらに、布団と山田本人からくる匂いに挟まれ、まるで、山田に体を委ねているような気持ちになる。

(意外と胸板が厚いんだ。それに、腕の筋肉もしっかりしてる)
真とは違う男らしさに、思わずしな垂れかかりそうになる。
(いけない! 何を考えてるの!)
だが、すんでのところで踏みとどまり、
「ありがとう。ちょっとよろめいちゃった」

[ 2013/02/23 ] アニメキャラ | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

18才未満閲覧禁止
管理人のRタンゴです。
このサイトはエッチな体験告白集です。騙しリンクはありませんので安心してお楽しみください。
人気記事
ブログパーツ
スマホ・携帯
QR
フリーエリア
現在の閲覧者数: