エッチ体験告白ブログ

寝取られや人妻・熟女などの告白を毎日更新しています。
エッチ体験告白ブログ TOP  >  有名人

若き日の多木川クリトリステル

どうも、初めまして。
わたくし某TV局のアナウンス部でアナウンス部長させていただいている者です。
で、愚痴みたいになって申し訳ないとは思いますが話を聞いていただきたいのですよ。
私がお話したいのは最近の女子アナの事なんです。なんだかね、最近の新人女子アナって入社していきなりアイドル扱いでしょ? アナウンサーとして、ろくに実力も付けない内からアイドルアナ扱いでチヤホヤされるので、そりゃもう速攻で天狗ですよ。
[ 2016/09/07 ] 有名人 | TB(-) | CM(0)

広末涼子

深夜の東京。
岡沢は車を路肩に止めると、隣席の広末に言った。
「涼子、ここでしてくれないか?何かムラムラしてきちゃった・・・。」
「え〜っ?今ここでぇ〜?」
広末は少し驚いて、辺りを見回す。
深夜とはいえ車の往来の多い道路の端でするのはスリリングではあるが、いかにも危険だ。
腐ってもヒロスエ。
自分をいまだにアイドルだと神聖視してくれているファンも大勢いる。
[ 2013/03/29 ] 有名人 | TB(0) | CM(0)

板野友美

朝、2人は同時に起きた。
智美は朝ご飯を作った。もちろん2人分。
親太朗「おいしい!こんなの久しぶりだ。」
智美「とも、もっとゆっくり話がしたいんだけど…。これからリハに行かなきゃいけないの…。また少ししたら会おうね」
親太朗「仕事頑張って!応援してるから!」
智美「ありがとう!いってくるね」
[ 2013/03/29 ] 有名人 | TB(0) | CM(0)

AKB48

僕は今年AKB48のマネージャーになりました。もちろんしたっぱです。担当はノースリーブスの3人です。
ある日先輩のマネージャーに呼ばれました。
先輩「光輝(名前)。ノースリーブスのマネージャーになったからには儀式を受けてもらうぞ?」
光輝「ぎ、儀式?一体何をするんですか?」
先輩「まぁついて来い」
光輝「は、はぁ#183;#183;#183;」
[ 2013/03/29 ] 有名人 | TB(0) | CM(0)

教師スザンヌ

六月…
スザンヌ「今日から中学校の教育実習だな〜」
一歩が通う中学校に行くことになった。
スザンヌはこれから何かが起こることも知らずにいる。
スザンヌは一歩達の教室に入る
スザンヌは簡単な自己紹介を一歩達にした。
スザンヌの担当教科は保健だ
翌日…
[ 2013/03/29 ] 有名人 | TB(0) | CM(0)

AKBのマネージャー

数ヶ月前、僕はAKB48のマネージャーになった。
ある日,3人のメンバーが僕に声をかけてきた。
大島優子、篠田麻里子、小嶋陽菜だった。
麻「ねぇ君、名前なんだっけ。」
僕「Aです。どうしたんですか。」
麻里子「ちょっと楽屋に来ない?私たちと少しお話しましょ。」
僕「い、今からですか、それは、、、」
陽菜「何か用事でもあるの?」
僕「い、いえ何も」
[ 2013/03/29 ] 有名人 | TB(0) | CM(0)

モーニング娘(6)

「起きたね」
男の声。
「サヤカ、昔のメンバーなのか……」言いながら男は、注射器をテーブルに並べている。
「何を、するつもり」恐怖、怒り、言葉が上手く出ない。薄笑いを浮かべたまま男は注射器に透明な液体を吸い込む。
「まず、サヤカからね」注射器を持ち、近づいてくる男。そのドロリと濁った目。あまりの恐怖に嘔吐感がこみ上げてくる。
「動くなよ」言いながらサヤカの腕を握る。ロープに縛られて血管の浮いた、サヤカの白く細い腕。
[ 2013/03/28 ] 有名人 | TB(0) | CM(0)

モーニング娘(5)

(もうすぐ、下の階……)思いながら、
階段を走るサヤカ。
突然、前を走る中澤が立ち止まった。
「レエル、さん……」驚き、つぶやいている中澤……。
サヤカも見た……。
3メートル程の距離をとり、
向かい合う二人の男。
一人は、中澤にレエルと呼ばれた男、
黒いコートのポケットに手をいれ、
無表情で立っている。もう一人は、
体格の良い黒人の男、
リズム良く体を揺らしボクサーのように構えている。
[ 2013/03/28 ] 有名人 | TB(0) | CM(0)

モーニング娘(4)

聞き覚えのあるメロディー。
ビートルズ、『レット・イット・ビー』曲を聞きながら、
服を着る。
曲が終わり、数分後、
なにげなく窓から下を眺める。
(けっこう高い……。そっか、八階だもの……)
その時、駐車場に入って行く、
鮮やかなブルーの車が見えた……
[ 2013/03/28 ] 有名人 | TB(0) | CM(0)

モーニング娘(3)

薄いブルーのサングラスを着けて、
20分程、プジョーを走らせる……。
あと少しで、マリのマンション。
信号待ちの間に、到着する事をメールで送る。
送信した後で、カーラジオのスイッチを入れる。
車内にゆっくりと、流れだすメロディー。
ビートルズ、『レット・イット・ビー』
ラジオに合わせて歌いながら、車を走らせて行く。
[ 2013/03/28 ] 有名人 | TB(0) | CM(0)

モーニング娘(2)

「あー、サヤカ先輩ったらー、
カゴの手じゃなくて自分でマンズリしてイクつもりー?
ダメでちゅよ、マンズリなんかしたらー、あはは」
少女は嬉しそうに笑いながら
失神しているマキに声をかける。
「マキ!、起きて」
カゴの声に反応し、
全裸でカーペットに倒れていたマキが身を起こす。
[ 2013/03/28 ] 有名人 | TB(0) | CM(0)

モーニング娘(1)

『ピンポーン』と、都内の某マンション8階に来客をつげるチャイムがひびく。
「マキー、きたよー」七井サヤカは言いながら、もう一度チャイムを押した。
(マキに会うのは、ホント……、久しぶり)
サヤカは自分がかつて所属していた
世界、グループ、そして苦労、喜びをわかちあった仲間達の事を思い出していた。
[ 2013/03/28 ] 有名人 | TB(0) | CM(0)

レナとAカツ

「さあ、早く舐めてくださいよ、早く!」
レナは正座するAカツの前に立ち、むき出しの局部をAカツの顔に突きつけた。
「わかった…。」Aカツはレナの花弁に顔を近づけ、舌を出して、静かに舐め始める。久々の快感にレナの体がビクンと震える。
「んっ……んんっ……あっ……。」
しかし何か違和感があった。いつもの、痺れるような快感ではなかった。むしろもどかしさを感じる。
「ほら、もっとちゃんと舐めてくださいよ!」
リナは苛立ってAカツの頭を抱えて、自分の股間に押し付けた。Aカツの舌が花弁の中に侵入してくるが、それでも状況は変わらなかった。
[ 2013/03/28 ] 有名人 | TB(0) | CM(0)

愛内里菜(2)

更に、どんどん深く入れていく。
漏れは、正常位も好きだが、バックでやるのが好きなのだ。
SEXは、一種の本能のおもむくままにする行為なのだが
バックは物凄い野性的かつ、生物の本来のヤり方に見えて
興奮するのだ。
本当に、見た目もやってる事も交尾してる風だからだろうか…
[ 2013/03/28 ] 有名人 | TB(0) | CM(0)

愛内里菜(1)

夏休みも佳境にさしかかったある日…
いつものように、自分の家の部屋から漏れの部屋にドタドタ
入ってきた里菜ネエ。
里菜ネエ「元気〜?」
漏れ「元気じゃない。夏休みがもう終わると思うと憂鬱だ」
里菜ネエ「まだ若いんだから、たった一年の夏休みなんて、大したことないやん?
それより、今日は渡すものあって来たんよ」
漏れ「何?」
[ 2013/03/28 ] 有名人 | TB(0) | CM(0)
18才未満閲覧禁止
管理人のRタンゴです。
このサイトはエッチな体験告白集です。騙しリンクはありませんので安心してお楽しみください。
人気ページランキング
ブログパーツ
スマホ・携帯
QR
検索フォーム
フリーエリア
現在の閲覧者数:
相互リンク募集中です

名前:
メール:
件名:
本文:


相互リンク募集しております。
小説・告白系のサイト様ご連絡ください。 できたばかりのサイト様も歓迎いたします。
怪しいバナーのあるサイト様はご遠慮ください。